テーマ:憲法第9条

自民党は憲法9条の改正案の結論を先送りにしたそうだ(ツイッター風ブログ)

 自民党が憲法9条の改正案の結論を先送りにした旨3月16日の産経紙が伝えた。理由がよくわからない。  自民党の細田改憲推進本部長らが9条の改正案について、7つの条文案を示したが、全体会合でまとまらなかったようなのだ。  つまりは、現憲法9条については、このブログで何回も記事を書いているが、繰り返し、また、書いておく。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法9条について、何回も書いているが(ツイッター風ブログ)

 参議院の憲法調査会が開かれた。様々な議論が行われたようだ。だが、確信に触れたものは一つもない。産経紙が伝えていた。  そして、このことについては、このブログに何回も書いてきた。問題点は二つだけだ。  一つ、第1項の、「国際紛争を解決するため」との制約である。自衛戦争、防衛戦争、が国際紛争のうちに入るかどうかである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法9条について

 12月26日の産経紙の正論で始めて憲法9条についてのまともな文章を読んだ。著者は国士館大学特任教授、元日本大学名誉教授の百地章氏である。以下に憲法9条について思いつくまま書き出していく。読者は是非教授の本文を後から読んでください  〇元々9条は日本占領軍のマッカアサー司令官が示したもので日本非武装の条文であった。尤も、日本側は天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月12日のBSフジのプライムニュース、「真正保守」、ニューライトの人々よ、必見、あゝとにあつく!

6月12日のBSフジのプライムニュース、「真正保守」、ニューライトの人々よ、電子版参照、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)  久々に気分が晴れた。コマーシャルの時間も構わずそのまま、テレビの画面は切り替えず見続けた、出演者は政治評論家櫻井よし子女史と元防衛相の小野寺五典氏でした。  見ていない読者は件名にも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NHKの日曜討論、各党・政治家の皮相的な説明、憲法9条、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ブログ)

NHKの日曜討論、各党・政治家の皮相的な説明、憲法9条、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)  日曜日は、用事が無い限りNHKの日曜討論は必ず観る。本日(5月14)も観た。憲法第9条がテーマの時だが、NHKの説明も不十分だったが、各党の主張も、残念だが、「理解・説明不十分」、「曲解(すり替え)」などがあった。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

憲法記念日の課題、特に第9条、安部総理発言など、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

憲法記念日の課題、特に第9条、安部総理発言など、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)  安部総理が、確か、2020年までに、憲法改正に踏み出すと言明した。中曽根元総理が挨拶した「憲法改正が必要であると主張する保守派の集会」にビデオメッセージを寄せたのだ。  今日(5月3日)は憲法記念日であるから、TVでは、記…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとにあつく!日本の防衛大丈夫か、国力か、アメリカへの依存か(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

あゝとにあつく!日本の防衛大丈夫か、国力か、アメリカへの依存か(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)  今こそ、「日本の防衛」について見直すべき時なのである。また、日本を取り巻く国際環境、特に、中国と北朝鮮が不安要因の最たるもので、これから誕生するトランプ政権はマイナスに動くかプラスに動くかは未だ予測が出来ない状況にある。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あとにあつく!憲法9条の不理解、BS朝日の分断の時代(1月2日)歴々の先生方(ツイッター風ブログ

あとにあつく!憲法9条の不理解、BS朝日の分断の時代(1月2日)歴々(れきれき)の先生方(ツイッター風ブログ)  新年早々に批判めいた記事で恐縮ですが、このブログのメインテーマにもなっているので書いておきます。つまり、憲法第9条についての解釈です。現憲法の制定時に苦労した偉大な先達の「知恵」を無にしてはならないのです。  昔…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとにあつく!GHQ等からの被虐史観、憲法9条の正しい理解を!(1)(考察シリーズ、ブログ)

あゝとにあつく!GHQ等からの被虐史観、憲法9条の正しい理解を!(1)(考察シリーズ、ブログ)  この記事を書こうと思い立った動機ですが、一つには、12月5日の産経紙に「剄(つよ)き国へ」で櫻井よしこ女史がアメリカの政治学者のハンチントン氏の著書、「軍人と国家」に触れ、我が国について、『「陸海空軍の保持を禁じ、国策の手段として戦争…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとにあつく!憲法第九条、世論を惑わす産経紙「正論懇話会の報道」(考察シリーズ、ブログ)

あゝとにあつく!憲法第九条、世論を惑わす産経紙「正論懇話会の報道」(考察シリーズ、ブログ) 産経紙(8月27日)の小さな囲み記事であるが、見出しは「交戦権否定の憲法、問題深刻」とある。小見出しには、「文芸評論家、小林栄太郎氏」となっている。  記事を読んでみると、講演内容は、どうやら、安部総理に逃げずに憲法改正に積極的とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとにあつく!まともな憲法論議、法哲学者西部遇先生(考察シリーズ、ツイター風ブログ)

あゝとにあつく!まともな憲法論議、法哲学者西部遇先生(考察シリーズ、ツイター風ブログ)  平日の午後8時からテレビは、ほとんどBSフジのプライムニュースを見る。理由は放送メディアではまともであるからだ。今までも、キャスターの助松氏の突込みを揶揄(やゆ)しただけで、偏向と書いたことはない。  昨夜(5月5日)のテーマは大型連休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとにあつく!普通の国への1歩、集団自衛権を持ち得た日本の恩人(考察シリーズ、 ウェブリブログ)

あゝとにあつく!普通の国への1歩、集団自衛権を持ち得た日本の恩人(考察シリーズ、 ウェブリブログ)  長いが、件名について上げる人と言えば、先ず安部晋三であろう。だがもう一人居る。産経紙に番頭(BANTOU)ローマ字は産経紙の趣向だろう(今唐)、の時代、という企画物の記事が連載されているが、その中で登場した人物が小松一郎である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党の「歴史を学び未来を考える本部」立ち上げに期待する(考察シリーズ)

自民党の「歴史を学び未来を考える本部」立ち上げに期待する(考察シリーズ)  自民党は件名の「本部」を立ち上げ、12月22日に初会合を開いた。発案は稲田明美政調会長であろう。会長は谷垣幹事長である。稲田氏によれば適任の人物のようだ。つまりは党内では右でも左でもないのであろう。「韓国との関係では、日清戦争から始めたらよい」と助言を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more