東京都知事選と区議選、当然だが、残念な面あり。

〇当然なこと 小池知事が当選したことだ。当たり前である。非常に頭がよく、弁もたつ。確か、防衛大臣まで務めた、自民党を抜けたことがあるものの。そして、共産主義者的傾向がある候補者や、このブログを始めたころ書きましたが、元たけし軍団所属のペラペラ実のない薄っぺらな弁だけが立つ、薄気味悪い候補者が当選しなかったこと。 〇残念なこと 知事選と…
コメント:0

続きを読むread more

歌手、藤圭子さんのこと。

 何故、彼女のことを書きたくなったのだろうか、そうだ、テレビで取り上げていたからだ。だけど、何故、彼女なのだろうか。専門的には彼女の声や歌い方には非常な特色や魅力があるそうだ。  それにしても、何故なのか。  確かに、彼女は美人で、専門家が言うように歌も魅力的だ。  だが、少し昔になるが、藤圭子、藤圭子、とレコ-ドまでは買わなかっ…
コメント:0

続きを読むread more

中国は何故焦るのか、香港の一国二制度について。

 香港はイギリスの植民地であった。それが、1997年7月に返還され、2047年までの50年間は一国2制度を維持することになっていたのだ。  それを、中国の国内問題とは言え、突然、今回の全人代で、中国は「国家安全維持法」を制定して、つまり、一国2制度は止めると宣言したのである。  確かに、香港では、共産党の独裁政権下であるにもかかわら…
コメント:0

続きを読むread more

泉佐野市訴訟、「法理」を守った最高裁判決お見事、だが。

 「法理の世界」には罪刑法定主義と言う基本的な大原則がある。いくら相手(泉佐野市)が無茶しても、法務大臣は後から決まりを作って、それを守れと言っては駄目である。  最高裁判所はこの基本的な大原則を守り通したのである。お見事である。安倍総理の裁断があったかどうかは不明だが、「この辺の乱れ」が前法相の河井夫妻の「大事件」にもつながっており…
コメント:0

続きを読むread more

河井前法相夫妻のマスコミ報道の皮相性について

 連日のようにメディアは報道をしてくれてはいるのだが、最大の抜け落ちている点を下に挙げるので、報道する際の留意点にして下さい。 〇河合夫妻が「金」を県議会議員や市町村長等に渡したところで、一般的な政治活動であれば合法的でなのである。  この点が、検察庁の捜査の重点であるし、メディアも心得ておいていただきたいのである。中には涙を流しな…
コメント:0

続きを読むread more

官僚の「身分制度」の難しさ(河井前法相問題)

 一見、一番偉そうな大臣も、場合によってはそうではないようだ。つまり、官僚組織そのものが目茶苦茶(めちゃくちゃ)になりそうな場合は、組織そののもが働くようなのだ。  実にややこしく、安倍総理や交代していた法相が指示したわけではないのだ。  安倍総理がそのところを細部まで理解していたかどうかは不明である。一部を除き野党も、当然、そうだ…
コメント:0

続きを読むread more

大阪都市構想案が可決される、やっと、日本の二極化による大躍進が始まるのだ。

 中国には、一度、日清戦争には、一度、勝利したが、その後、アメリカとの戦争(大東亜戦争)に負け、良いのか悪いのか「日本は明確な民主主義国家」に生まれ変わった。  そして、周政権下の中国とは、一見、グロ-バル下による緊密な経済関係などによって、小競り合い的押し込みは受けているが、何気ない日々が流れ去っている。  だが油断してはならない…
コメント:0

続きを読むread more

国会情勢ひどい野党の言いがかり、野党の参議院予算委員会。

 参議院予算委員会の国会中継を、ほぼと言っていいが、6月11日、終日みた。主として、野党側の立憲は執拗に、769億円で受託した「サービスデザイン推進協議会」が電通側に749億円で再委託した問題を主に質問した。  立憲の副代表蓮肪議員と元総務官僚だそうだが小西議員(無所属)は執拗であり品格もなく、与党の足を引っ張るだけの無意味と見られる…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ後の世界その2

 この地球を人類が支配し勝手気ままにやっきているが、時々、ウイルスと人類との、し烈な戦いが起こる。だが、大きな犠牲を人類は出すが何とかしのいできた。  今回もそうなるであろうことを祈っている。  先ず基本中の基本であるが、対抗するには「三密」である。密閉、密集、密接の基本を守ることである。その真意をよく理解したうえでのことであるが。…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ後の世界その1

 初めに書かねばならないが、ワクチンなしには日常は戻らない。従って、治療薬もだが日本は全力を挙げ、多国籍でもよいがワクチン作成に全力をあげなければならない。また、日本人の品格がロックダウンしなかった要請下の日本で成果を上げた。  そして、グローバル化の世界で日本人が中国の武漢や湖北省で活躍していたことにはびっくりした。なんと、日本のメ…
コメント:0

続きを読むread more

自民の石破氏のポスト安倍への可能性

 石破氏が自身の派閥への講演を、自民幹事長の二階氏へ依頼したそうだ。二階氏は幹事長として乞われれば断る理由もなく快諾したようである。石破氏といえば、確か、安倍総理と総裁選を戦い、党員か議員票かで勝っていた筈だ。  石破氏の派閥は水月会の19人、二階氏の派閥は志帥会47人で後継を得れば大きな勢力となる。二階氏はその辺を心得ていて、石破氏…
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの大規模デモはどうしたのであろうか

 白人警官が、どうやらデモに参加した黒人の首根っこを左ひざで抑え込み、彼が苦しいと叫んでいたようだが、止めずに、とうとう殺してしまったことが原因のようだ。  確か、発端は中国の香港デモが原因なのである。そして、その本当の原因は、中国の一国二制度による共産党独裁と、アメリカの黒人差別なのである。  トランプ大統領は、例によって静かにし…
コメント:0

続きを読むread more

拉致問題の解決はどうなるであろうか

 横田めぐみさんの父親滋さんが亡くなった。87歳であった。最近では、メディアも触れることは少なく、忘れ去られたようであった。日本人の悪い癖は熱しやすく冷めやすいのだ。  さて、推測の部分もあるが、当時のことを思い起こし、今後どうするべきか考えてみよう。  一番熱心に取り組んだのは自民党をぶっ潰す、と語った「変人」の小泉元総理であった…
コメント:0

続きを読むread more

新型コレラの影響かまるで世界大戦がはじまるようだ

 6月4日の産経紙、大阪版、5面の見出しを並べてみます。 〇米首都、デモ暴徒封じ込め 〇露、核使用の指針公表 〇露改憲へ来月1日国民投票 〇比、米軍の地位協定の破棄停止 〇印で中国製品不買運動 〇香港長官米の脅し恐れぬ  ざっとこんでなものです。  新型コレラが異常で、分けのわかぬウイルスであることから、たまたま、こんな…
コメント:0

続きを読むread more

ポスト安倍体制についての若干の考察

 どうやら岸田氏と稲田氏とが競っているようだ。この記事は6月3日の産経紙の記事によるが、そのことをブログの読者に紹介し、後に、安倍総理についての若干の考察を述べよう。  先ずは、岸田陣営、政調の組織のようだが、新国際秩序創造性本部で、当然だが本部長は政調会長を務める岸田氏自身が占めている。そして、現組織の弱さを洗い出し組織の強化を狙っ…
コメント:0

続きを読むread more

ポストアベノミクスについて

 どうやら岸田氏と稲田氏とが競っているようだ。この記事は6月3日の産経紙の記事によるが、そのことを読者に紹介し、後に、安倍総理についての若干の考察を述べよう。 岸田陣営、政調の組織のようだが、新国際秩序創造性本部で当然だが本部長は岸田氏自身が占めている。そして、現組織の着尺性を洗い出し組織の強化を狙っているようだ。これは、学舎でもなく専…
コメント:0

続きを読むread more

中国は「全人代」で国家安全法を定めた、また、少し昔の話

 「帝国主義時代」には、先進国は切り取り自由で、物事を勝手に進めた。英国はアヘン戦争で中国から、確か、100年間、香港を咀嚼した。これが、今、話題の国家安全法と一国二制度の由来である。ちょっと付け加えるが我が日本国も日清、日露戦争に勝利し、朝鮮半島を我が国の「保護領」とした。 朝鮮半島と我が国との付き合いは長く、ありていに言えば、行った…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス緊急事態解除これからの課題

 極端な表現をすれば日本は世界で唯一の「要請」による国民の協力によって、難敵のコロナウイルスを抑え込んだと言って良い。だが、外国から帰国した日本人が明確に検査を拒否した例や陽性者が移してやると明言して遊びまわった非日本人的な例もあったが。 これから学者でもなく専門家でもない今唐加太朗として提言したい点を二つ指摘しておきます。  一つ、…
コメント:0

続きを読むread more

不可思議なコロマウイルスが日本にもたらしたもの

 自民党の長老は呼び捨てにするするそうなので習いますが、進次郎がクリスタル女史と結婚しましたが、その時、彼女は妊娠していたのです。また、国会議員は選良とも言います。ですから、妊娠前に発表してほしかったのです。そして、彼女がこの25日にテレビに復帰するそうです。  何を言いたいかというと、彼は、次期総裁候補に躍り出たこともあったのです。…
コメント:0

続きを読むread more

韓国でコロナウイルスの大量感染

 韓国はある意味、日本より進んだ国である、ITやスマートホンの位置情報を利用した情報収集についても。 その意味においても、コロナウイルスについて日本より早く収束させた。 ところが最近40人にわたる集団感染が発生していることが判明したのだ。それは、20代の男性が夜の歓楽街で遊んだことが原因なのである。韓国でも、「三密」を避けるため日本でも…
コメント:0

続きを読むread more

5月8日と安倍総理の言う普通の国

 5月8日は西欧とロシアにとっては特別な日のようだ。つまり、第二次世界大戦争から解放された日なのである。そして、ドイツのナチスから解放された日でもあるのだ。また、学者でもなく専門家でもない今唐加太朗にとっては、一日も早く普通の国になろうとする思念にとらわれる日でもあるのだ。 つまり、アメリカから押し付けられた憲法を一日も早く改正しなけれ…
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態の出口戦略について

 緊急事態の出口戦略について大阪府の吉村知事と国の西村担当相との間に「やり取り」があり、学者でもなく専門家でもない今唐加太朗の理解では吉村大阪府知事が先に謝り、そこに、世間の「批判」が集まり、上手く収まった。 〇西村担当相の主張(6日)  要旨だが、要請解除は知事の責任である。 〇吉村知事の主張(7日)  こちらも、要旨だが、指…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ対策について

 大阪の吉村知事が、今、一番人気があるようだ。二番が東京の小池知事で三番目が安倍総理となっているようだ。何故そうなったかその理由がよくわからないのだが、誰でも簡単に判るパチンコ店の「サン密」について果敢に手を打ち、このことから、メディアに露出する機会が増えたことであろう。  学者でもなく専門家でもない不詳今唐加太朗としては大阪の維新が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参議院予算委員会の共産党の小池書記局長の質問(3月3日)は、良かった。

  いつもは、共産党について悪口ばかり書いている学者でもなく専門家でもない今唐加太朗であるが、今日の質問は良かった。良識の府、参議院だからか。悪口の端的な例は「相手にしない党」「潜入工作」については、つい最近書いた。  だが、今日は良かった。その理由は、提言が主であったからだ。質疑の態度なども、国会に慣(な)れているように見え、また、…
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドプリンセス号のコロナウイルスによる汚染状況、また、係留中の「検閲」は立派なものであった。

 どうやら、全員下船が終了したようだ。学者でもなく専門家でもない今唐加太朗の印象は、余り、「管理体制」が良くなく、「濃厚接触」による汚染だらけであるような印象を持っていたが、実は、そうではなく立派であったのだ。  つまり、全員下船したが、立派であった証拠に、船内で陣頭指揮に当たった厚労省副大臣の橋本氏と自見英子政務官の2名は、検閲官9…
コメント:0

続きを読むread more

参議院予算委員会、立憲民主の福永幹事長の質問、党利党略に偏す。

 今日はNHKの国会報道があるので、覚悟して、午前午後を家にこもってテレビを観て過ごすことに決めた。福永氏は幹事長であるにもかかわらず、党の理事の活動もあって、「審議」を中断して、審議時間の中で「休会時間」を取らせたほどである。  議題は小中学校の「一斉休業(先生、学校は休みではない)」であった。直接の権限は県などにある。  安倍総…
コメント:0

続きを読むread more

新型肺炎対策、バカコメンテーター二人、一人は立川談志の弟子、二人は漫画家。

 番組は、ひるおび!(毎日放送、2月27日放送、4チャンネル)司会は恵氏で頭は良さそうで機転も効(き)く。次は、「バカ」コメンテータであるが、一人は立川談志の弟子であるが名前は知らない。落語家ではあるが、手広く「興行的」なこともやっているようだ。  二人目は漫画家で病名が付くほどではないようで、「文句言い」である。いつも口をとがらして…
コメント:0

続きを読むread more

東京高検の黒川検事総長の定年延長問題、例によってバカ野党は横やりか。

 これは、学者でもなく専門家でもない今唐加太朗の推測だが、安倍総理は黒川氏を有能な人物と認めたに違いない、「法務人間」として何処かに特別に使いたいに違いない。  そして、公務員の定年延長は「閣議決定」で変更が可能であるから、自由に伸ばしたらよいのである。安倍政権に、兎角、横やりを入れるのがバカ野党の特徴であるから、早速、横やりを入れて…
コメント:0

続きを読むread more

どうやら、コロナウイルス蔓延について新段階、クラスター(集団対策)にはいったようだ、各種団体は決断を。

  進取な団体の長は次々と決断を下している。昨日の、BSの朝日放送(6チャンネル)、プライムニュース(8チャンネル)は圧巻(あっかん)であった。  学者でもなく専門家でもない今唐加太朗は通常はこの番組を見比(くら)べる、朝日放送はⅠ時間番組で午後7時から開始し、プライ    ニュースは8時からで2時間番組である。  大胆な感想で表現…
コメント:0

続きを読むread more

日本国の本質、それは、神仏混合と自己犠牲の心である。

 残念だが、それが崩れつつあるが、もう一度、題名に書いたが、「神仏混合と自己犠牲の心であり」そこに、戻るべきなのである。  天孫降臨とは天皇家が日本国を治めるため、今の日本に、降り立ったと言う「神話の話」である。つまりは、日本は伝統と文化のある古い国なのである。  大雑把に言えば、仏教は中國を渡って日本に伝わった。だが、日本に古くか…
コメント:0

続きを読むread more