新型コロナ第三波を乗り切る。

 どうやら大阪と東京では三波の傾向が違うようだ。「電波メデイア(野暮なコメンテ-タ-含む)」が大騒ぎするから東京と大阪が喧嘩してる、或いは、東京都の小池知事が駄々をこねている、と思ったが、そうではないようなのだ。  その原因は、こわばっていた小池知事の態度にもあるかもしれないのだ、だが、知事はこの厄介な新型コロナに辟易(へきえき)して…
コメント:0

続きを読むread more

政治家を辞めると言った大阪維新の会の代表、松井氏が復帰する。

 題名に書いたことだが、噓をつくのは政治家の常であるし、人は生まれ変ったら新しい人生が始まるのだから、別に、良いではないか。そして、その要(かなめ)は「野党第一党をめざす」のだそうだ。  具体策は、行われる衆議院選挙に100人の擁立を目指すそうなのだ。誠に結構なことなのだ。  そして、このブログには何回も書いているし、「学術問題」や…
コメント:0

続きを読むread more

独裁共産主義国家、中国に対する日本の自衛隊の在り方。

 中国がTPP仁参加すると言い始めたようだ。どうやら人権問題や「一帯一路」の問題もあって難しいようだ。また、中国はアメリカのトランプ大統領の外交とグロ-バル化した経済の「世界参加」と、更に、今の習近平主席の共産主義独裁があって戸惑っているように思える。  理想的に言えば中国の共産党独裁を「自由化に転換」してくれれば、確か、その方向へ動…
コメント:0

続きを読むread more

米国民主主義の補正について。米国民主主義の分断と補正。

 トランプ大統領は逞しい、法廷闘争を最後まで続けるようだ。郵便投票の不正について、州の裁判所腕では敗退をしているようだし、彼が任命した米国、最高裁判事が着任した最高裁に上がったところで、勝利する保証はほとんどない。  また、アメリカ政治の「分断」という言葉が云われたが、トランプ大統領が作り出したと言って良い。選挙結果は、通常、「選挙人…
コメント:0

続きを読むread more

宮城県知事と原発の2市・町長ご立派です。

 女川原発の再稼働について、題名に書いたが、その三者が、賛成し今後の手続きに従っていけば再稼働し、菅総理(菅、かん総理のことではない)の2050年、つまり、30年後の無炭素社会構築に向けた歩みに大きく貢献するであろう。  9年前になろうか、あの大地震と津波に伴う原発事故の兆災害の時から、村井義弘知事については見事な発言を続けている。宮…
コメント:0

続きを読むread more

往生際の悪い米国トランプ大統領、そろそろ引き際だ。

 最高に粘っても、来年1月20日までだ。もし、共和党からの、二期目の、大統領候補になることを狙っているのであれば、いくら法廷闘争を続けても無理である。  「郵便投票」が不正というのでれば、任命した「保守派の裁判官」が所在する連邦最高裁に、サインの不正などがある「投票用紙」を積み上げなければならないが、とても無理であろう。  また、仲…
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの現大統領トランプの出自(しゅつじ)。

 先ず、ネットで調べると、彼の故郷は、どうやら、ドイツのようだ。ドイツで彼の爺さんが苦労した様子が出てくる。西欧の貴族ではなく庶民のようである。  だいぶ前の話だが、彼がイスラエルを訪問し、「嘆きの壁」に行った時、ユダヤ教徒が被る何というのだろうか、あの薄っぺらなペレ-帽をかぶっていたことが思い出される。あの帽子をユダヤ教徒以外の者が…
コメント:0

続きを読むread more

大阪市の住民投票に追加しておくこと。

 このブログでは、既に題名のことについて考察して、残念であるとことを表明し、その考察結果についても箇条書きで書いた。その第一では「大阪市が無くなる」との悪質なプロパガンダが、原因であることを挙げた。  そのことが端的に示される場面が、「関西テレビ」の報道番組の中で示されたので、再度、示しておきます。  その場面では、元維新の橋下氏と…
コメント:0

続きを読むread more

住民投票不賛成、大阪市民の愚かさを憂う、自民党市議団などの狡猾さ。

 大阪維新の会による住民投票が否決された残念でならない。題名に書いたが、強調するため、もう一度書いておく。「住民投票不賛成、大阪市民の愚かさを憂う、自民党市議団などの狡猾さ。」  一つ、自民党市議団などは「澪標(みおつくし、市標)」が崩れ落ちるビラなどを示し、大阪市は無くならないのに、無くなってしまうようにプロパガンダを故意にながした…
コメント:0

続きを読むread more

自民党、万年総裁候補の石破氏に望むこと。

 ついこの間、氏は19名の彼の派閥の会長をやめた。何故そうしたのか理由が解らない。題名には揶揄(やゆ)して万年総裁候補と書いたがもう自民党の総理総裁を、きっぱり、諦めたとは思えないのだ。  彼の派閥の中には菅総理から呼ばれて大臣の椅子を与えられた「若手」もいるが機会があれば、チャレンジする気持ちは未だ持っているだろうと思う。  その…
コメント:0

続きを読むread more

大阪の住民投票に反対の「論」を書く片山よしひろ氏論理に矛盾と飛躍がある。

 学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太朗は「大賛成の論」を展開している。投票日も迫っているので由々しき事態であるので指摘しておく。産経紙の10月25日に「小文」を書いている。  〇題名にも書いたが、論理の飛躍と矛盾があるのである。読者は、是非、自身でご確認ください。  記憶を確かめるため調べてみると.自民党、菅(すが)ならぬ、旧民…
コメント:0

続きを読むread more

米大統領選の最後の応酬(おうしゅう)が終わったが、どちらが勝つか判らない。

 題名に書いたが、勿論、トランプ現大統領(共和党)と民主党のバイデン前副大統領とのことだ。前回の「立ち合い演説会」は滅茶苦茶であった。  自由と民主主義国家の範(はん)となるべき国家ではなく、教養のない途上国の立会演説会のようで、これがアメリカの強さにつながっているのかもしれないと思うほどであった、  従って、今回は「司会者」にマイ…
コメント:0

続きを読むread more

大阪市(政令指定都市)の「都市改革」について。

 大阪市以外の政令指定都市が虎視眈々と成り行きを見守っているようだ。面倒だから調べないが、国が「政令指定都市を区分け」した理由はあるのであろうが、彼らが見守る主な理由は、大阪市が説明するように二重行政の無駄の是非であろう。  学者でもなく専門家でもない今唐加太朗がこの成り行きを、特に、見守る理由は大阪府民ではあるが、東京一極集中の排除…
コメント:0

続きを読むread more

日本学術会議は廃止すべきである。

 理由については、何よりも、第一に「反戦団体」であるからだ。極論すれば、防衛について研究してはいけないなどと云うことを、今の日本で唱える団体はどこにもありはしないからだ。  しかも、年間10億円も使い、会員は公務員で給料を貰っているのだそうだ。  日本は、アメリカほど寄付文化の色合に染まっていないと思うが、任意団体にして日本学学術会…
コメント:0

続きを読むread more

橋下氏はすごい、「日本学術会議問題」での論評、3対一で負けていない。

 橋下氏は最近よくテレビに出ているが、出ていた番組は「報道1930(BS、TBS)」である。この番組については、一度このブログに書いた。つまり、報道1930と「BSプライムニュ-ㇲ(8S、フジテレビ)」はいつも見ていると。そして、書いてはいなかったが、前の番組は左翼的である。  題名に書いたが、テーマは「日本学術会議問題」である。出演…
コメント:0

続きを読むread more

「大阪の住民投票」は大阪を日本の中心に、再び、戻す制度である。

 さて、その「内容」であるが、幾(いくつ)あるか数えないが、大阪の区役所を淀川区、北区、中央区及び天王寺区の四つに分けて、それぞれに、「大阪区議会」を設けて住民の意思に添(そ)った行政を実施しようとするものである。  大阪を豊臣秀吉、「太閤(たいこう)さん」の昔、つまりは、「古来の日本」、に戻すのである。太閤さんの時代のみならず、大昔…
コメント:1

続きを読むread more

学術会議における任命の見送り、何ら不当はない。

 題名のことについては、4,5日前に一回、記事に書いたが、うるさく、朝日系や毎日系メデイアが取り上げるので、もう一度書いておく、  一つ、菅総理はよく説明すべきと言ったり、書いたりするのだが、既に、説明はしているではないか。法に基づき判断した、概括的、包括的にふさわしくない、と。それとも、6名は公安調査庁や警察の公安部局の視察対象者で…
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領新型コロナに感染。

 当然であろう。世界一の罹患国アメリカで三密を無視し、その上、実質上、マスクまでも軽視していたのだから、当然と言えば、当然であろう。半面、これが、アメリカ、つまりは、トランプ支持派の人々の強さなのであろう。  この強さは、どこにあるのであろうか、鈍感、民度の低さなのであろうか。  これだけでは説明しきれない、逞しさを感ずるが間違って…
コメント:0

続きを読むread more

太田光(爆笑問題)の大馬鹿野郎、奥さん(事務所社長)もあきれたそうだ。

 中央大学の芸術学部への不正入試問題である。彼の父親が800万円かを大学関係者に渡し、不正入試させた、と週刊新潮が記事にした裁判での出来事である。  だいぶ前の話のようだが日本の裁判は、何故か、忘れたころ裁判をするので、別に驚かない。  彼はテレビの「自分の番組」に出た時のように、馬鹿なしぐさや関係のない俳優の名前をささやくなど、お…
コメント:0

続きを読むread more

日本学術会議から「左翼や異端(特異)」の先生を省くのは当然だ。

 面倒だからくわしく調べないが、日本学術会議は、日本の国立アカデミ-で、内閣府の特別の機関である。今回、菅総理は6人の新規メンバーについて、認められないとして委員になることを拒否した。  記者の質問について菅総理は法規に基づいて適切に処理した、旨返答している。 〇小沢隆一、東京慈恵会医科大学医師 〇岡田正則、早稲田大学教授 〇松…
コメント:1

続きを読むread more

大阪を守る会の欺瞞。

 確か、大阪を守る会は「大阪市議団」の呼称であった筈だ。さらに、「大阪都市構想」に反対する団体は共産党である。共産党は、基本的には、「相手にしてはいけない政党」であるから、どうでもいい政党で、相手にしなければよいのだ。  だが、可哀そうだから付け加えておくが、本当は「良い政党である」が、習近平の、今の中国のように共産主義が絶対で、独裁…
コメント:0

続きを読むread more

大阪の住民投票に反対するな。

 最初に結論を書いておこう。前にも書いたが、真意は東京の一極集中を排し日本を二極化して日本の更なる発展に資することに意義があるのだ。このことについては、新政権を発した菅総理も承知しているのだと、学者でもなく専門家でもない今唐加太朗は推測している。  また、大阪市長の松井氏は、特に、菅総理と懇意であると言われている。また、松井氏は賛意が…
コメント:0

続きを読むread more

令和の菅大総理に期待する。

 産経紙を読む限りにおいては日本のすべての「部局」が動き出している。先ず菅総理であるがトランプ大統領に電話して、「いつでも電話して来い」、と兄貴株を吹かされたようである。それでよいのだ。  また、総合職である官僚や政治家は、したいことがあるからその職を選んでいる。その志を有効に使うべきだ。決定して従わせる。それを「デジタル庁」の網で覆…
コメント:0

続きを読むread more

立憲民主党の基本的な誤り。

 菅内閣が誕生し野党合同も、一応なった、ということもあり、枝野党首もテレビに露出する機会が多くなった。彼はさわやかな弁舌で、確かに頭は良いのであろう、一言もひるむことがない。  合同のなった立憲民主党は、東京都知事の「みんなの党」のイザコザもあり、「壊し屋」の元自民党の小沢氏なども参加し、共産党との協力はさておき、確かに、自由民主党に…
コメント:0

続きを読むread more

溜飲(りゅういん)が下がる思い、コメンテ-タ-の堤伸輔氏と元維新の橋下(もと)氏。

 学者でもなく専門家でもない今唐加太朗の定番(ていばん)のテレビ番組は「報道1980(朝日放送)」とプロミアム報道(フジテレビ)である。時間がほぼ重なるので、その日のテ-マに応じ主として見る番組を選んでいる。  昨夜(9月14日)は、報道1980に元維新の橋下(もと)氏が出ていたので、彼のズバズバ主張する弁舌が面白いので報道1980を…
コメント:0

続きを読むread more

9月7日、毎日新聞の論説委員氏の記事。

 具体的には「菅首相でどうなる」と題した記事である。記事の概ねだが、今は第二次世界大戦末期に次々と軍人が首相となったが流れを変えることは出来ず、敗戦となった旨の記事である。  結論つければ、安倍総理の在位の成果について評価せず、偽りであった、と批判しているのである。  つまり、世界史的には、英国、フランス、スペインなどの「先進諸国」…
コメント:0

続きを読むread more

大阪都市構想なる。

 元維新の橋本氏がご承知かどうか、調べないが、大阪の都市構想は、東京一極集中を防ぎ日本勃興の大きな契機となるものなのである。このブログでは、だいぶ前から書いてきた。  美しい弓状列島の中での大阪を東京に並ぶ拠点として、日本の大改造をはかろうがとするものなのである。また、今回、安倍総理の後を受け、菅官房長官が総理総裁になることは間違いな…
コメント:0

続きを読むread more

ポスト安倍、菅官房長官が本命のようだ。

 秋田の地主の息子で、勘当された菅さんが、上京し、色々苦労し、法政大学なども出て、政治家となり、7年余りの安倍総理の政権を支え続けた。そして、二階幹事長の勧(すすめ)もあり、とうとう出馬を決断したようだ。  田中元総理も同じ秋田であった筈だが、長い安倍政権を支え続け、政治の細かいところに精通した菅さんと田中さんとを比較しても、全く、遜…
コメント:0

続きを読むread more

安倍総理が残した宿題。

 8月28日、史上最長の長期政権を果たした安倍総理が、潰瘍性大腸炎の「特異持病」を原因とし、自民党の総理総裁、政権から、引退することを、発表した。  安倍総理は、「一次政権時」組閣し、所信表明を果たした後に、病状の悪化により政権を放棄し、メデイアや野党から、丸投げ、無責任などと批判を浴びたことがあり、このことが今回の発表につながったこ…
コメント:0

続きを読むread more