#自由、民主主義国家においては、台湾は「1国2制度」に当てはまらない。

 G7でもG5でも、台湾における「一国2制度」は筋が通らない、となっている。勿論、中国は「共産党独裁」の「専制君主国家」であるし、故毛沢東と対決していた国民党の蒋介石が台湾に逃げ込んだからだ。  従って、中国の、我が物顔の勝手な振る舞いに対し、英国やフランスも空母や艦隊を繰り出し、我が国との共同訓練を展開すようである。勿論、ここにバイ…
コメント:0

続きを読むread more

#やっと動き出した、憲法改正、菅総理に期待しよう。

 この国、日本の基本的な問題、「左右対決」の原因は、憲法第9条にあると言っても過言ではない、安倍前総がいみじくも語っていた。自衛隊基地の直近に「憲法違反の自衛隊出ていけ」との看板が出ているが、このような国は日本だけであろう。  このブログの「基本的な立場」は、今書いた安倍前総理の「立ち位置」と同様であり、憲法第9条については、たまたま…
コメント:0

続きを読むread more

#五輪開催での「三女傑」の対決、面白いが、巧く収めよ。

 三女傑の一人は丸川(旧姓)珠代大臣、もう一人は、橋本聖子大臣(日本オリンピック委員会・会長)、最後のお出ましは、あの東京都知事の小池女史である。  ことの発端は、丸川大臣が苦言を小池知事に苦言を呈したことである。小池知事も日本国の首都の知事であるとの自負があったのだろう、今唐加太朗の推測だが、まともに対応しなかったことがあったのかも…
コメント:0

続きを読むread more

前の記事の続き。

 従って、米中対決があり、そして、日米首脳会談もあり、そして、「台湾問題」も明記されし、結果、北朝鮮が中国に頭を下げtのであろう。中国としても悪い話ではない。  なお、北と韓国の関係は「爆破事件」などがあり、良くはなく、また、米バイデン政権は日本との関係も含めて気をもんでいるであろうが、日本としては、日「朝鮮」との関係において一歩もひ…
コメント:0

続きを読むread more

4月29日の産経紙によると北朝鮮が中国と「海上交易」を始めたそうだ。

 北朝鮮については、要旨だが、核装備を廃止することは無いとこのブログに書いてきた。また、題名に書いたが、公式以外に内緒で交易をすることは、おそらく、国連の安全保障委員会あたりで、禁止されているのであろう。  この記事は、ソウル駐在の特派員から送られている。韓国の文政権からの情報であろう。  韓国と北朝鮮は、北朝鮮の爆破や「金正恩の首…
コメント:0

続きを読むread more

#英国の空母がやっと日本に立ち寄る。

 外務省は菅総理は発想がなかったのであろうか、当然、両者にかかわる「担当官僚」もだ。一つは、大もめの「香港政情」や日本が力説している「インド太平洋構想」は英国が本番中の本番、つまり、植民地にしていたではないか。  英国に、もっと、責任を持ってもらうべきであったのだ。それに、日本は英国と「同盟」中に世界史の中に躍り出た。つまり、日清、日…
コメント:0

続きを読むread more

#「ロックダウン」についての考察。

 少し触れたが、「ロックダウン」について考えてみたい。勿論(もちろん)コロナ対策であり、「コロナ菌」は変質を続ける。  基本的には、個人の権利は公共の福祉と対峙(たいじ)する。個々の規定を無視するが、日本国家は個人の権利を大事にしすぎである。バカ野郎解散の吉田元総理からの伝統であろう。そんもんだと国民は受け取っていて規制するなら保障せ…
コメント:0

続きを読むread more

短期決戦、3回目の「緊急コロナ対策」「完全ロックダウンの法的正義」を。

 日本の肝心かなめの対策について、常に、「足を引っ張る阻害要因は」排除しておく必要があるのだ。もっと具体的に指摘しておくが、それは、ゴ-ルデンウイークを狙った3回目のコロナ対策「緊急事態宣言」における完全ロックダウンのための法的権限である。  共産党、立憲民主党などの「ヘナチョコ野党」に反対され、中国やソ連、それに北朝鮮(文政権を含む…
コメント:0

続きを読むread more

#「東京裁判開廷」75年、日本が講和で受諾したもの。

 このブログに一度書いたような気がするが、日本が大東亜戦争に敗戦してから今年で75年になるのである。そして、「東京裁判」は、当時、「切り取り自由の帝国主義時代」であったにもかかわらず、侵略国家との意識付けを内外に、深く刻印した悪しき裁判であったのだ。  従って、「アメリカとの同盟」についても左翼陣営から「軍事同盟反対」「安保条約反対」…
コメント:0

続きを読むread more

#米国の黒人暴行死、思うこと。

 黒人の首を膝で抑えつけ「息が出来ない」と訴えられているにもかかわらず、抑え続けることは、何があっても許されることではないが、ただ、アメリカの報道も日本の報道も「有罪判決が下った」旨のみで皮相的に報道するだけであった。  だが、4月22日の産経紙がそのことに、触れてくれた。  彼は、偽造通貨使の罪があったようで、やっと、納得がいった…
コメント:0

続きを読むread more

東電柏崎原発で何が起こったか、「産経紙」あおるのもよくない。

 産経紙4月15日(大阪判)の記事であるが、16日に追報があるか見たがない。先ず、4月15日の見出しを、大小にかかわらず、書き出してみる。 〇柏崎刈羽「運転禁止」決定〇規制委、核防備不備、商業炉で初〇「脱炭素」推進に影〇柏崎刈羽禁止、原発の信頼、回復急務〇東電ずさん、不祥事続発  である。  それで、何があったかであるが、どうやら…
コメント:0

続きを読むread more

#中国包囲網、少し弱い欧州、何故。

 米国の「バイデン政権は民主党」であるが共和党のトランプ前大統領並みに中国に対し強いと思われる。欧州では、連邦をイギリスが脱退したしたし、ドイツのメルケル首相も引退を表明している。  従って、強い中国包囲網から弱体化したと見えるのは止むをえない。  だが一時的な僅かなほころびが顕在化したに過ぎないと考えている。その証拠に、日本が提唱…
コメント:0

続きを読むread more

#アメリカバイデン政権との緊密化と、とりあえずは、台湾寄りの原則の堅持。

 大東亜戦争に敗れる前までは、日本は台湾の宗主国であった。つまり、日本は日清戦争に勝利して、朝鮮同様にインフラ整備を充実させ、丁寧な統治に努めていたのである。  そのためか、日本との親密度は抜群に良いのである。10年前の「東北大震災」の際は、いち早く復興の基金などを寄せてくれ、日本人と台湾人との交流も多いのである。  元々中国は、蒋…
コメント:0

続きを読むread more

#最近の韓国の政治事情は要注意。

 それは、与野党対決でソウルとプサン市の市長選挙が行われるからです。また、大統領の任期は5年で、再選が出来ない仕組みになっているのです。更に、報道が伝えるところでは、例によって、文氏の周辺で「疑惑」も起こっているようです。  従って、韓国伝統の前大統領の逮捕が起きるかもhあしれません。但し、その予防のためか、検事総長が辞任しており、韓…
コメント:0

続きを読むread more

#日米韓、北朝鮮の非核化へ連携したそうだ。

 本当に、この、ブログに何回も書いているように、あきれ果てる。北の首領様が核廃棄をする筈がない。また、妹の金余正女史もとぼけることに頑張っている。  つまりは、日米韓の「安保高官」が幾ら頑張っても、非核化を成し遂げさせられる筈がないのだ。何故なら、北朝鮮は既に核を持っているからだ。力づくで非核化させようとすれば、一番最初に被害を受ける…
コメント:0

続きを読むread more

#一部の教科書に、「河野談話」を根拠とする「従軍慰安婦」との「表現」が使われているのだ。

 そして、考えられないことだが、どうやら、「歴史」という科目もやっと出来たようなのだ。一番大事な「日本国の歴史」がないがしろにされていたのである。  如何に左翼偏向の「日教組」の力が強かったかの証拠である。また、政府は従軍慰安婦との言葉の見直しをも否定したのだ。  河野談話をめぐる政府の動向は、次の通りである。 〇平成5年8月、河…
コメント:0

続きを読むread more

#「マン防」発令、大阪は多発するコロナで危機的状況。

 大阪では、新たに599人のコロナの患者が出て、吉村知事は「蔓延防止措置」の発令を政府に求める予定で、つまり、先の「特措法」の改正により、新たに設けられれている措置につなげられるのである。  それは、ステ-ジ3(緊急事態宣言はステ-ジ4、都道府県単位)を要件として、市区町村単位を想定、「時短」も可能で、当然20万円以下の過料(緊急事態…
コメント:0

続きを読むread more

#ミャンマ-の状況、真相。

 ミャンマ-は「少数の他民族が多数存在す 」国家である。そして、それぞれが反政府武装組織」を持っており、それが、ウイグルと称され200ともいわれる。  ひょっとすると、地理的には中国と接する部分が大きい国家でもあるので、最近の政治状況から中国の影響があるかもしれないのだ。  それに。例によって隔離されているスー、チ-女史も上の少数民…
コメント:0

続きを読むread more

#北朝鮮の弾道弾発射と非核化について。

 この度、北朝鮮が弾道弾を発射した。米国バイデン大統領は、3月25日、初の記者会見で「北朝鮮が安全保障理事会による核装備と弾道ミサイル開発に違反している」旨述べ、事態をエスカ-トするのであれば適切な対応処置をとると警告した。  だが、このブログでは、北朝鮮と韓国の文政権は核装備は廃棄する筈がないと書いてきた。次いで、イランも核を持つこ…
コメント:0

続きを読むread more

#中国が台湾を間もなく侵攻するそうだ。

 香港は一国2制度の「ところ」で、今や、元宗主国の英国はたやすく移民を受け付けているそうだ。確か、99年間は「一国2制度」を保証していたが中国は勝手な民主化はけしからんと「共産主義の独裁強権国」として、住民がとやかく勝手なことを香港の「行政長官」に言うことを許さないとのことのようだ。  従って、香港を離れる住民が多いのである。日本の金…
コメント:0

続きを読むread more

#自動的に登録されてしまいましたので「前の記事に続きます」。

 つまりは、全ては、連合国マッカサ―元帥が示した「スッポンポンの丸裸憲法が原因となるのです」。終わりますが、時々このような「事態」が起こり貸す。私もラインをやりますが、そこでの情報漏れが原因かもしれません。  ではまた、ご機嫌よう、さようなら。
コメント:0

続きを読むread more

#中国の他民族抑圧や強権的な活動について。

 日本はかって韓国と北朝鮮の宗主国であった。従って、「朝鮮人」に対して日本語教育を行い、「徴兵」も行っていたようなのである。そのことに対して3月24日の産経紙に編集・論説委員である松村直哉氏が「自由対共産」の戦略に学ぶ、として書かれておられるのでご紹介しておきます。  と言うのは、題名に書いたが、中国の強硬な諸施策対し「お前らもやって…
コメント:0

続きを読むread more

#元法務大臣河合氏の議員辞職について。

 題名のことであるが、報道べ-ㇲであるが党政調会長の岸田氏と県の会長職をめぐり、相克の関係にあったようだ。そして、全面無罪から転じ、議員辞職にも至ったようである。  調べないが、党からは億を超える金が渡され配りまくったようである。勿論、党活動に使う金であれば選挙違反委はならないのであろう。また、立憲民主党から、議員辞職にについて、二階…
コメント:0

続きを読むread more

#米、韓国の2+2、「北の核とミサイル問題は優先的な関心事だ」とするが。

 先般、米韓の2+2が開催されたが、北朝鮮は、おそらく文政権も、本音では核の廃棄は認めないであろう。繰り返すが、当然廃棄を認める筈もない。また、例によって、文政権には金銭的な疑惑もあるようである。  また、辞任した「ユン検事総長」が世論調査では支持を集め、「検察捜査権」の問題もあり、当面、目が離せない状況にある。  ではまた、ご機嫌…
コメント:0

続きを読むread more

#菅総理は、この際、企業の大小を問わず「同一労働同一賃金」を推し進めよ。

 コロナ化における休業補償においても、題名に書いたが「正規、非正規雇用」においても、「同一労働同一賃金」を推し進めて下さい。これが、デジタル化と併せて日本を「再生」させる唯一の特効薬です。  難しい面もあるが、中国の軍事、経済両面における強権的勃興に対処する方法であると信じます。  ではまた、ご機嫌よう、さようなら。
コメント:0

続きを読むread more

#未曾有(みぞう)の「東日本大震災」から何を学ぶか。

 あれから10年です。遠く離れた関西の、大阪の地にあって、残念ながら学んだものは、何もありません。真っ先に思い出すことは、東京まですっ飛んで行って、はっきり記憶が残っていることは、レンタカーを借りて福島県か、宮城県かの被災の地を走ったことです。  被災に合われた皆様や、お亡くなりになった皆様に深甚なるお悔やみを申し上げます。  その…
コメント:0

続きを読むread more

#アメリカ民主党のバイデン政権も、一応、今のところ、中国抑止の方向だ。

 アメリカの前政権のトランプ氏は、安倍総理に約束しながらと考えているが、北朝鮮の核武装の放棄には見事に失敗した。菅総理は茂木外務大臣などを督励し、「グロ-バル経済化の厳しい局面」を乗り越えて、中国抑止について努めてほしい。  そして、なによりも、米バイデン大統領政権と連携してほしい。政経分離と言うけれど、困難な話ではあるが、今書いたよ…
コメント:0

続きを読むread more

#官僚と対象業界の関係、基本的な問題。

 関係を、一切、絶(た)つというのは)よろしくない。だって、官僚と対象業界の人々であっても、「よもやま話」だってしたい時があるであろう。そこで菅総理と総務(担当)大臣にお願いである。  「対象業者」を危険である、何か仕掛けをしてくる、というのであれば、「付則」ぐらいに、割り勘であること、大臣か総理に報告義務を加筆したらどうであろうか。…
コメント:0

続きを読むread more

#山田広報官様退職ご苦労さま。

 このブログは、元地方官僚が書いています。意欲があり、前向きで、能力もあり、まあまあ、順調に、職務を成し遂げられてきた貴方は、しばらくゆっくりお過ごして下さい。  そして、どこかで働く意欲があれば、菅総理などが必ず面倒を見てくれます。  前に中途半端なブログがありますので、ここで、ご容赦ください。  ではまた、ご機嫌よう、さような…
コメント:0

続きを読むread more