#山田広報官様退職ご苦労さま。

 このブログは、元地方官僚が書いています。意欲があり、前向きで、能力もあり、まあまあ、順調に、職務を成し遂げられてきた貴方は、しばらくゆっくりお過ごして下さい。  そして、どこかで働く意欲があれば、菅総理などが必ず面倒を見てくれます。  前に中途半端なブログがありますので、ここで、ご容赦ください。  ではまた、ご機嫌よう、さような…
コメント:0

続きを読むread more

#山田広報官辞職、そして、その事情。

 何回かこのブログで記事を書いた森元総理発言について、このブログの結論を出した。同様に、山田広報官についても記事を書いているのでこのブログでの結論を出しておきたい。  彼女については、安倍前総理が秘書官にして内閣の中に取り込んでいる。ひょっとすると、一次安倍政権時、菅総理は放送関係を担当する総務大臣に任命されているので菅総理がかかわっ…
コメント:0

続きを読むread more

#森元総理、オリンピック組織委員会委員長の発言について。

 産経紙(2月28日)に寄稿で国際基督教大学教授、森本あんり氏の「現代日本の不寛容論、the考」が載った。確か、このブログでも2回程(ほど)書いたが、最後として結論を出しておきたい。  彼の発言の要旨は、「理事の中に女性がいると一人が発言すると発言が続き、長い時間がかかる」旨のものであった。そして、批判を浴びた彼は、発言を撤回し謝罪し…
コメント:0

続きを読むread more

#イランは核装備するであろう。

 バイデン政権の米は親イラン勢力(シリア)を攻撃した。二、三気にかかることがあるので以下に書いておきます。日本はイランについて核装備するなとしきりに働きかけているようだ。世界で唯一の被爆国であるから当然であろう。  アラブ人は誇り高き民族であるようだ。そこに、イスラエルが絡んでくると強く気にかかる点が一つある。イスラエルが「極めて、小…
コメント:0

続きを読むread more

#総務省疑惑と菅総理、子息の接待問題。

 民間と官僚との癒着については古くからある問題である。確か、大蔵省(財務官僚)でも、大きな問題になったことが記憶にある。新しくは、総務省に続いて、運輸省にあっても癒着が指摘された筈だ。  元々、菅総理は第一次安倍政権時、総務大臣に任じた筈であるから、その時に総務省とつながりが出来て、推測であるが、長男、正剛氏を東北新社に押し込んだ可能…
コメント:0

続きを読むread more

#齢(よわい)81歳になって思い出すこと。

 今は真夜中の2時25分、暑いから、日中(にっちゅう)にいつも使っている毛布を厚いのから薄いのに変えたが、今度は、寒くなって目が覚めた。それで、この記事を、今、書いています。  81歳になると、私の性格(しょうぶん)かもしれないが、後、幾つまで生き残れるのかと、つい、未練ではないが勘定してしまう。  それに、私は喉頭癌にかかり、それ…
コメント:0

続きを読むread more

このブログの提言に反して「橋本大臣」が「オリンピック委員会の理事」に就任した。

 つまり、オリンピック委員会のトップ(今の時点では理事)に就任したのだ。そして、手続きに従ってオリンピック準備委員会のトップに就任する。後は、馬鹿な、諸外国から派遣されている特派員が「日本は遅れt国だ」と国に送信・送るかどうかである。  その理由は、彼らが批判した「森発言」と一体になった弟子とも言ってい良い「師弟関係」にある橋本女史だ…
コメント:0

続きを読むread more

橋本大臣は「組織委員会」の委員長を受けるべきではない。

 その理由であるが、何も無ければ申し分がない「信頼できる人物」であると考える。ただ、政治家としては「森派」に所属していたこと、多分、NHKであったと思うが、政治家としてデビュ-したとき、当選時の映像が流れ、森氏とは親子の関係、厳しく鍛える、などの映像が流れたことである。  また、人選の検討会の席上だと考えるが、ハラスメントがあったとの…
コメント:0

続きを読むread more

イランの核装備、着々と。

 イランは、アメリカトランプ前大統領の核合意離脱と制裁強化に対抗するため、着々とウラン濃縮度の引き上げを図ってきていた。つまり、極端に言えば、トランプ前大統領は、金は出さずに核装備もするなということである。  これも、トランプの「アメリカファ-スト」と「分断」なのであろう。バイデン大統領も何か手を打つ必要がある。  そして、国際原子…
コメント:0

続きを読むread more

振出しに戻ったオリンピック組織委員会の会長選び。

 正に老害と言ってい良いであろう。森前会長と推薦を受けた川淵三郎氏のお二人は話し合いながら涙を流したという。そして、森前会長は意味もないのに発言し時間が長くなるという「女性蔑視発言」について、政治的に利用された旨語っている。  また、川淵氏は大阪の高石市出身であり、直接、言葉を交わしたことは無かったが学者でもなく専門家でもない今唐加太…
コメント:0

続きを読むread more

森本元総理、オリンピック組織委員長辞任する。

 これですっきりする。後は、誰を委員長に知るかの問題だ。森さんは別の場所で辞任の意思を発表し、もう顔色の悪い痛々しい姿は国民の前に見せない方が良い。  森氏は、天皇陛下を「祖神」とする「神の国」だと言い切った人だと記憶している。森元総理・委員長ご苦労様でした。  ではまた、ご機嫌よう、さようなら。
コメント:0

続きを読むread more

日本の「デジタル革命」の重要性。

 菅総理は第一次安倍内閣で総務大臣を務めていたのである。そこで、日本の「デジタル改革の重要性」に気づいた筈だ。つまり、その「必要性と重要性・遅れ」ついて気づいたである。  総理の子息と総務省幹部の「癒着・接待問題」を立憲民主党が予算委員会で追及したが、総務省で既(すで)に調査が行われているし、前者との「問題性」を比較すれば月とスッポン…
コメント:0

続きを読むread more

このブログの存在価値に触れること。

 題名に書いたことであるが、NHKの古い番組を見ていて思ったことなのである。日本の戦後を作った大総理と言ってもよい吉田元総理は、日本の防衛はアメリカに任せて、進められるのを断って、日本には軍隊などは要らない、と言い続けたそうだ。  勿論、吉田元総理は防衛はアメリカに任せて、当面は経済発展に専念しようとの魂胆からである。  そして、今…
コメント:0

続きを読むread more

菅総理は、安倍前総理を憲政史上最長の期間支え、共に「普通の国」への途をつけた。

 今、総理は新型コロナ対策の遅れを指摘されながら、昨日(2月2日)も忙しい一日を過ごした。その忙しさの中には、当然、衆参議院における「感染法・特措法」の行政罰などの改正が含まれていた。  諸外国においては「デッドロック」と言って、完全に都市などを封鎖することが行われていることを読者の皆さんはご承知だと思うのですが、日本は立憲や共産党の…
コメント:0

続きを読むread more

日本国憲法の基本的な欠陥

 日本が大東亜戦争に敗れて何年たつであろうか。81年か、一世紀近くになろうとするのに、日本国の憲法は「一大欠陥」を抱えたままなのです。このブログに何回も書いていますが、日本国憲法は、丸裸のスッポンポンの自分の国を自ら守れない憲法なのです。  敗戦が色濃くなったころ、日本は、だれの指示か不明ですが、「大日本帝国憲法」の改正に着手したので…
コメント:0

続きを読むread more

souriソウリ、ソウリと騒ぎ立てる国会(委員会)審議。

 ソウリ、ソウリと騒ぎ立てる国会(委員会)審議、実に情けない。立憲民主党と共産党である。そしてその多くは西村大臣や田村大臣で片が付く話なのである。そして、菅総理大臣は風邪をひいているようで声に張りがなく支持率も下がるわけである。  つまりは、最高責任者の菅総理の「言質」を取りたいのであろうが、時間の無駄である。また、委員会の野党理乗ゆ…
コメント:0

続きを読むread more

安倍前総理が辞めた、ともあれ理由はなんであろう。

 我がブログを書くことを怠っていたが、気が付くと、安倍総理は、不意に、辞めていたような気がするのだ。確か、彼はすべての歳費、政治活動費は一つの口座にまとめており、その中から、秘書任せで「桜を見る会」の経費を支出していたのである。  つまりは、法による通りその経費を記載していなかった、そのことが、彼の罪状なのであろう。  彼は日本の憲…
コメント:0

続きを読むread more

安倍総理の親友のトランプ大統領もとうとう最後だ。

 だが、まだまだ、彼はくたばっていないようだ。平気な顔をている。ここが、アメリカの強さかも知れない。そして、学者でもなく専門家でもない今唐加太朗の記憶だが、彼が嘆きの壁を訪問した時、ユダヤ人が被(かぶ)る平たい帽子をかぶっていた。  彼はユダヤ教徒かもしれないのだ。  また、彼は民主党のモンデ-ル大統領の就任式にも出席しないそうだし…
コメント:0

続きを読むread more

台湾に潜水艦の技術を供与(輸出)せよ。

 今朝のNHKのニュ-スが伝えた。台湾海峡における米中の鬩(せめぎ)あいが強くなっている。  これがバイデン政権の真意であるならば、日本は大いに安心できる。安倍前総理のトランプ大統領との付き合いと同様に、菅総理はバイデン大統領と安心して付き合って良い。  つまり、中国の空母(海洋?)が台湾海峡を通過し、アメリカの艦隊も規模などは不明…
コメント:0

続きを読むread more

菅総理たたきがひどい、菅総理頑張れ。

 今日(12月16日)のテレビだが、いつも見る「報道1930(BSTBS)」左翼系、東京放送系列である。併せてみるのは「プライムニュ-ㇲ(BSフヂ系列、保守系)」であるが、前者の方が早く始まり、後者は遅く始まり放送時間が長い。  当日のテ-マによって見比べ、あるいは、コマ-シャルの時間には交互に覗(のぞき)見ている。  朝日、毎日系…
コメント:0

続きを読むread more

はめられた菅総理、一転してGTO全面中止。

 今、毎日系の「番組」を見ているが、代表的なコメンテ-タ-を上げるが、立川談志の弟子で和服を着て、いつも出ている落語家が居るが、「ちゃんと説明しろ」と息巻いている。彼は吉本興業に似た「ちんたまりした事業」しているようであるが。  さて、菅総理の方に移るが、当初は、菅総理がゲスト出演した番組での冗談を言って、笑い顔をしている画面を流たの…
コメント:0

続きを読むread more

桜を見る会の真実、安倍元総理を東京地検が事情聴取か。

 左翼系情報メディアやコメンテ-タ-は言わないが、一流ホテルでも5000円で立派な洋食の注文を受ける。桜を見る会は、恐らく、泊り付きなのである。これは、学者でもなく専門家でもない今唐加太朗が、事件化によっを初めて知ったこである。  そして、瘦せても枯れても憲政史上初めての長期政権を担った安倍前総理である、地元のことは地元の秘書に任せて…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ第三波を乗り切る。

 どうやら大阪と東京では三波の傾向が違うようだ。「電波メデイア(野暮なコメンテ-タ-含む)」が大騒ぎするから東京と大阪が喧嘩してる、或いは、東京都の小池知事が駄々をこねている、と思ったが、そうではないようなのだ。  その原因は、こわばっていた小池知事の態度にもあるかもしれないのだ、だが、知事はこの厄介な新型コロナに辟易(へきえき)して…
コメント:0

続きを読むread more

政治家を辞めると言った大阪維新の会の代表、松井氏が復帰する。

 題名に書いたことだが、噓をつくのは政治家の常であるし、人は生まれ変ったら新しい人生が始まるのだから、別に、良いではないか。そして、その要(かなめ)は「野党第一党をめざす」のだそうだ。  具体策は、行われる衆議院選挙に100人の擁立を目指すそうなのだ。誠に結構なことなのだ。  そして、このブログには何回も書いているし、「学術問題」や…
コメント:0

続きを読むread more

独裁共産主義国家、中国に対する日本の自衛隊の在り方。

 中国がTPP仁参加すると言い始めたようだ。どうやら人権問題や「一帯一路」の問題もあって難しいようだ。また、中国はアメリカのトランプ大統領の外交とグロ-バル化した経済の「世界参加」と、更に、今の習近平主席の共産主義独裁があって戸惑っているように思える。  理想的に言えば中国の共産党独裁を「自由化に転換」してくれれば、確か、その方向へ動…
コメント:0

続きを読むread more

米国民主主義の補正について。米国民主主義の分断と補正。

 トランプ大統領は逞しい、法廷闘争を最後まで続けるようだ。郵便投票の不正について、州の裁判所腕では敗退をしているようだし、彼が任命した米国、最高裁判事が着任した最高裁に上がったところで、勝利する保証はほとんどない。  また、アメリカ政治の「分断」という言葉が云われたが、トランプ大統領が作り出したと言って良い。選挙結果は、通常、「選挙人…
コメント:0

続きを読むread more

宮城県知事と原発の2市・町長ご立派です。

 女川原発の再稼働について、題名に書いたが、その三者が、賛成し今後の手続きに従っていけば再稼働し、菅総理(菅、かん総理のことではない)の2050年、つまり、30年後の無炭素社会構築に向けた歩みに大きく貢献するであろう。  9年前になろうか、あの大地震と津波に伴う原発事故の兆災害の時から、村井義弘知事については見事な発言を続けている。宮…
コメント:0

続きを読むread more

往生際の悪い米国トランプ大統領、そろそろ引き際だ。

 最高に粘っても、来年1月20日までだ。もし、共和党からの、二期目の、大統領候補になることを狙っているのであれば、いくら法廷闘争を続けても無理である。  「郵便投票」が不正というのでれば、任命した「保守派の裁判官」が所在する連邦最高裁に、サインの不正などがある「投票用紙」を積み上げなければならないが、とても無理であろう。  また、仲…
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの現大統領トランプの出自(しゅつじ)。

 先ず、ネットで調べると、彼の故郷は、どうやら、ドイツのようだ。ドイツで彼の爺さんが苦労した様子が出てくる。西欧の貴族ではなく庶民のようである。  だいぶ前の話だが、彼がイスラエルを訪問し、「嘆きの壁」に行った時、ユダヤ教徒が被る何というのだろうか、あの薄っぺらなペレ-帽をかぶっていたことが思い出される。あの帽子をユダヤ教徒以外の者が…
コメント:0

続きを読むread more

大阪市の住民投票に追加しておくこと。

 このブログでは、既に題名のことについて考察して、残念であるとことを表明し、その考察結果についても箇条書きで書いた。その第一では「大阪市が無くなる」との悪質なプロパガンダが、原因であることを挙げた。  そのことが端的に示される場面が、「関西テレビ」の報道番組の中で示されたので、再度、示しておきます。  その場面では、元維新の橋下氏と…
コメント:0

続きを読むread more