テーマ:日本国の在り方

ポスト安倍総理の条件だが人物的には順不同で、石破、岸田、菅、小泉(ツイッター風ブログ)

 先ず、学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎の第一巻(かん)である、ことをお断りしておく。従って、恐縮であり、併せて失礼もお詫びしておきます。  小泉氏は未だ子供で問題外である、と考える、岸田氏は音(おと)無(な)しくて、線が細い、石破氏は強烈な個性だが歴史観が間違っているように思える、菅さんは、ここに来て急浮上した。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フェルメール展が終了するが、先ず東京都で開き次いで大阪だった(ツイッター風ブログ)

 ところがどうだ。日本人の100人に一人が観(み)たと言うではないか。ここに大阪維新の会の「大阪都心の構造改革の意義」があるのである。  後から、読者の皆さんは下に前の記事を示しましたので、もう一度読み直して下さい。  学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は、若い頃、年下の友人に誘われたこともあり、勤務地近くの「文化会館…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

維新の会は公明党案をのむべきである、大阪府警は動け(ツイッター風ブログ)

 大阪での元々の維新の「改革」は、府と市の二重行政の改革であったようだ。だが、今では「日本列島の構造改改革」に変質しているのである。  木村市長は小さくまとまることは止めて、公明党の申し出を受けるべきだ。堺市民も「大阪がなくなる」とは竹山前市長が喧伝(けんでん)したかも知れないが、そうは思っていない筈だ。  大阪の都構想につ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イラン情勢緊迫、アメリカは5日、同国騒乱に備え空母打撃軍など派遣(ツイッター風ブログ)

 ロウハニ大統領のイランには、北朝鮮と同様に国連安保理による核開発について制約、制裁が科されていたが、アメリカのトランプ大統領はその協定から脱退していたのである。  つまり、このことから、空母打撃軍などの派遣騒動が起こったのである。  そして、アメリカのポンぺオ米国務長官は、友好国ではあるが急いでいたのであろう、予告なくイラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

米中の貿易戦争激化か、日本は中を取り持つことが可能か(ツイッター風ブログ)

 安倍総理は日中関係について、確か、「正常」に戻ったと語った筈だ。確かに、韓国や北朝鮮からのように「滅茶苦茶な反日行動(報道)」が影を潜めているようにも思える。  ところで、アメリカのトランプ大統領は米中関係の「貿易戦争」における、追加関税について22兆円分の10パーセントの関税を25パーセントに引き上げると4月10日、得意げの署…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

5月5日は憲法記念日、安倍総理が思いを語った、成し遂げさせてやりたい(ツイッター風ブログ)

 憲法改正については、蒙昧な国民や野党が存在するので無理かもしれないとの懸念が過(よぎ)る。勉強したらすぐわかることだが、高卒、大卒となってしまえば、勉強する機会もなく、教条的イデオロギーに染まった人物を除き、憲法などには関心はないので無理もない。  世界の中でこんな「恥辱に塗(まみ)れた憲法」を有難く押し頂いている国は日本だけで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平成、令和その前の昭和の基本的なことも書いておこう(ツイッター風ブログ)

 連綿と続いて来た伝統的日本に文明開化があって、乱暴に言うが切り取り自由の帝国主義の時代でもあったが、日本は西欧を学び、日ロ、日清戦争に勝利した。元号では明治、大正、そして昭和となる。  学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は昭和の生まれで来年には80歳を迎える。書いておきたいことは、トランプ大統領のアメリカと戦い、日本は負け…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

5月1日、いよいよ令和だ、この時代をどう発展させるのか考える(ツイッター風ブログ)

 先ず憲法だ、GHQ(連合国マッカーサー司令官)から押し付けれれた「GHQ憲法」を冷静に、与野党が和して、憲法調査会ではなく審査会で、改正の作業を粛々と進めて欲しい。  ・このブログには未(ま)だ書いていないが、「大日本帝国憲法」でも民主主義は可能であるとした憲法学者もいたのである。  次は政治改革である。つまりは、いつまでも、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ、平成が終わり令和が始まる、平成をどう見るか(ツイッター風ブログ)

 日本人で完ぺきだったのは、天皇、皇后両陛下であろう。宮内庁職員に囲まれ、最近よく報道されるからだという訳ではない。  学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は、自慢できることは何一つない。思い出しては反省することしきりだ。  さて、政治面に限って、順不同で思い出すままに書き出していこう。 〇元殿様の内閣が出来たが碌…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日、北朝鮮、首脳会談が実現か、その可能性を考えてみよう(ツイッター風ブログ)

 北朝鮮の金正恩委員長はモテモテである。あんな小さな国が、日本ではアメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、忘れていたが中国でも、大きく扱われている。  毎日、新聞を読み、テレビでニュースを見て、特に、BS(NHK)も見ていればこのことが解(わか)る。  つまり、産経新聞(4月28日、大阪版)が見出しを付けているのだが、アメリカ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バカな野党の「参議院選対策」の憲法違反だとする2法案の参議院への提出(ツイッター風ブログ)

 まるで、形式的な、小手手間(こててま)の、出だしだけど、そう見越しながらの、又、提出先は参議院だ、とする法案を出した野党は、立憲民主党、共産党、自由党、社民党である。  その法案は二つの法案で、安倍晋三政権が平成27年に成立させた「集団的自衛権を限定容認するする法案」に対して憲法違反だとする内容のものなのである。  こんな…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ゴーン容疑者の「釈放決定」をどう見るのか、無罪釈放人の弘中弁護士などは悪乗り(ツイッター風ブログ)

 東京地方検察庁、特捜部は「不服申し立て」をしたが認められず、ゴーン容疑者は、また、釈放された。NHKの報道によれば妻との接見は禁止されていると言う。これを、誰が見張ると言うのであろうか。  極端な言い方をすれば、東京地裁の、名前を知りたいが、裁判官と無罪釈放人の弘中弁護士は「立法機能」を所有していると言えるのかもしれない。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

プーチン、正恩会談では何を話すのか、ロは北の後ろ盾、北は制裁解除(ツイッター風ブログ)

 題名に書いた内容は、産経紙(4月25日)の見出しである。米露の関係は「新冷戦」とも言われている。その中でプーチン大統領としては「北の後ろ盾」になることは容易(たやす)いことであろう。  北は社会主義独裁政権を背景にして、ある意味、国民生活をないがしろにして、やっと核とミサイルを手に入れた。制裁を解除してもらい、これから本格的な経…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スリランカテロ、ISが犯行声明、その理由が解らぬ(ツイッター風ブログ)

 スリランカは仏教徒の国と言ってよい。そこに一割づつ位(くらい)のキリスト教徒とイスラム教徒が住んでいる。テロはイスラム教徒がキリスト教徒に対して凶行に及んだものだ。  意味が解らない。テロ、自爆の犯人は、事前に訓練したのであろう極めて整然とした行動で凶行に及び、自爆したのである。  ISが犯行声明を出したが、他山の石とせよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大阪の竹山堺市長が辞職願、政治資金不実記載、大阪地検の特捜部出番だ(ツイッター風ブログ)

 大阪の竹山堺市長がとうとう辞職願を提出した。議会の追及を受け2、3度訂正したが総額は、平成24年から29年の報告書で収支併せて約2億3千300万円の記載漏れである。また、支出の二重計上も明らかになっている。  ダブル選挙と同様の、維新対自民、公明の大枠のなかでの「辞任劇」であるが、東京地検特捜部はゴーン容疑者で頑張っており、題名…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

時間も時間だし、日曜日にゴルフをしてたし、書くのもなんだが(ツイッター風ブログ)

 日曜日の4月21日は選挙が有って、学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は、国会議員の大阪と沖縄の「補選」について一番知りたかったのだが。  二つの「補選」について、それぞれ力を込めて記事も書いた。大阪の補選は願っていた候補について「当確」が出て、沖縄については逆の結果になってしまった。  NHKは最初は熱心に選挙結果を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ5月1日、令和への移行が迫ってきた、さてさて、どうなるのであろうか(ツイッター風ブログ)

 天皇陛下と、皇后陛下が伊勢神宮(内、外宮)にお参りされた。間もなく5月1日を迎える。あり得ない話だが、夢だからお許しいただけるであろう。  学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は、皇后陛下の義母に当たる香淳皇后と色々話をしながら皇居で、何か作業をしていたのである。  高揚感も悲壮感もなく、極、普通の気持ちであった。また…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

玉城デニー知事の「沖縄補選」について、沖縄県の皆さんよくよく考えて投票を(ツイッター風ブログ)

 「沖縄補選」については、やっと、自民党はしり込みすることなく生々堂々と自民党候補を擁立したが、自民党の竹下派に属するようであるが、元沖縄担当相の島尻候補はあまり芳しくないようだ。  対立候補の屋良候補は、本来あり得ない、共闘組織の共産党も含んだ「オール沖縄」推薦で、どうも新聞記者のようである。  勿論、「沖縄の補選」は玉城…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

統一地方選の後半戦がスタートした、その概況を見てみる(ツイッター風ブログ)

 記事は、産経紙が報ずる内容からである。概況を見ると、まだ、まだ日本は安心できるな、と学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は感ずる。  地方選は、と言うよりは「地方の政治」は、元々が、大体が、「泥臭い」ものである。86市長選の27市が無投票であることがそのことを示している。だが、中には野党の地盤である北海道の知事選のように「清…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大坂12区、沖縄3区、衆議院議員補選の情勢について(ツイッター風ブログ)

 大坂12区、沖縄3区、の衆議院議員補選については、共同通信社が12、13日電話世論調査を行い、産経紙も取材によるものを、同紙が4月13日に記事にしている。  先ず、大阪での情勢だが、統一地方選の勢いをかって藤田(維新候補)が優勢であるそうだ。大坂人に成りきっている学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎としては大いに結構なことで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県の現知事の補選については、まともな選挙にやっとなった(ツイッター風ブログ)

 つまり、衆院沖縄3区補欠選挙は9日告示され、無所属で「オール沖縄」勢力が支援するフリージャーナリストの屋良朝博氏(56)と、自民党公認で元沖縄担当相の島尻安伊子氏(54)=公明、維新推薦=の2氏が届け出たからだ。  要約すると、 〇無所属で「オール沖縄」勢力が支援するフリージャーナリストの屋良朝博氏(56) 〇自民党…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

最近の企業経営者は利己に走っている、横暴である(ツイッター風ブログ)

 ノーベル賞受賞者の本庶氏が小野薬品を相手取ってオプジーボの対価の引き上げを要求した。先生は利己の為ではなく賞金の全てを若手の研究者の為に差し出しているのである。  今のところ、小野薬品は、契約は正当である、との見解であるようだ。  そもそも、日産のゴーン容疑者や他の経営者の基本的な考え方の底にも、利己第一の強欲な考え方が横…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日産ゴーン容疑者が言いたい放題、許される筈がない(ツイッター風ブログ)

 日産のゴーン容疑者について、弘中弁護士の釈放条件の中には、パソコンは無条件には使えず、弁護士事務所の中で、備え付けのパソコンを使う旨の条件があった筈だ。  今回、報道された内容は、上の条件に合致したものなのであろうか。合致したものであっても、趣旨が違うように思うのだ。  元々、弘中弁護士の申し立ては、釈放されても従順な市民…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大阪ダブル選挙、維新勝利、府会は過半数確保、市会は不足(ツイッター風ブログ)

 どうやら、自民党の二階幹事長は「作戦失敗」などと語ったようだ。  このブログでは2、3、回記事を書いて維新の改革点、つまり、「大阪の復権も兼ね、東京への極度の集中を避け、日本を地勢的にも政策的にも2極化すべし」と書いてきた。  また、大坂市長候補は維新、松井一郎氏と対立候補の柳本顕氏であったが、当初では、柳本氏は経済との枕…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自民党石破氏が「令和」に違和感があると語ったようだ(ツイッター風ブログ)

 題名で書いたが、元号については「微妙な調整」の上に成り立っているところがある。つまり、全国民的な討議によって成立するものではない。  そこにというか、年号に、石破氏が文句をつけたようである。  産経紙(4月5日)は署名記事で年号をけなしたことについて書き、19名の石破氏の派閥、水月界から「有望な若手」が脱会したと書いている…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

国民栄誉賞、イチロー選手辞退、それはそれでよいのであろう(ツイッター風ブログ)

 今朝(4月6日)のニュースで、菅官房長官が、単に、彼が「国民栄誉賞を辞退した」と伝えた。成程と納得した。彼は、変わったところのある人物だからだ。  引退会見で、彼が入団した当時の監督、仰木監督について、感謝の言葉があるかと思っていたが一言も触れなかった、産経紙では評価に関係は無く、別仕立てで、記事を掲げていた。  不肖今唐…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アルジェリア政変、若い頃の懐かしい思い出、カミュ不条理(ツイッター風ブログ)

 題名に書いたが、情緒的な文章になることをお許し下さい。  どうやら、アルジェリアのアブデルマジス・ブーテフリカ大統領は辞任を表明したようだ。彼が車いすに乗ってBSの海外ニュースに登場した時、その目つきを見たとき、ああ、もう駄目だ、と感じた。  つまり、正常なものではなかったからだ。  そして、思い出したのは、若い頃、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

令和(れいわ)年号決定、見事な年号である(ツイッター風ブログ)

 学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太朗は、今回、制定された年号は、凛とした厳しさの中に柔らかい優しさを感ずるのです。  平成の反省の中に、これから前に向かって頑張って進みましょう。  また、産経紙(4月2日)が見事にまとめている。読者もご参考にして下さい。 〇令和(れいわ)の典拠、出典、万葉集巻㈤ …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鳩山由紀夫、元民主党代表の危険で幼稚な発言、(ツイッター風ブログ)

 9月30日の産経紙が伝えくれた。鳩山由紀夫、元民主党代表は、韓国内の特別対話集会に招かれたようだが、3月29日に、 〇徴用工の問題について「1991年に当時の柳井(俊二)条約局長が、個人の請求権そのものを国内法的な意味で消滅させたものでない、と答弁しており、日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決しているのではない、と述べた。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大坂ダブル選挙の候補者が出そろった、市長選挙ではまるで逆の発言(ツイッター風ブログ)

 誰の知恵だろうか、ダブル選挙について勘違いしていると悪口を書いたが自民党の二階幹事長か、ひょっとすると安倍総理であろうか。  次は、産経紙(3月25日)の記事を借りる。  大阪市長の「ダブル選挙」の市長候補だが、維新は松井候補、対抗馬は柳本氏である。産経紙の見出しによれば、松井候補は「府市の成長を止めるな」、柳本氏は「経済…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more