テーマ:道徳教育

道徳教育に対する懸念、文科省官僚もか、(ツイッター風ブログ)

 9月24日の産経抄氏が嘆いている。題名に書いた文科省官僚は、寺脇元文化部長(著作、危ない道徳教育)と前川元次官(著作、面従腹背)である。  両氏は、道徳教育は必要であると認めつつ、「安倍政権の押し付け教育」は間違っていると考えているようだ、と歯切れは悪いが書いている。  だが、産経抄氏はその前に、ルールを守る大切さをしっか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本人の危機、どうなっているのだろう、理解できないことが多すぎる(ツイッター風ブログ)

 最近、市井の一(いち)老人であるが気になっていることを上げてみる。偉い人の「セクハラ」例えば、官僚の次官、市長、大学教授など。彼らは「売春」は禁じられているが、つまり、「赤線」は駄目で「青線」は日本の各地にあることを知らないのだろうか。  次は幼女殺し。正に多発している。多くは「性的いたずら」のようである。これも上と同じ原因であ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとにあつく!道徳の教科書検定を通る、歴史的意義(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

あゝとにあつく!道徳の教科書検定を通る、歴史的意義(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)  文部官僚は天下りを批判され、可哀想な気がするするが、やっと、重い腰を挙げた。そして、道徳の教科書が検定を通過したとの報道があった。これで、大東亜戦争に敗れて以来続いていた日教組の「偏向史観」から脱出出来ることとなり非常に意義がある。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more