#自由、民主主義国家においては、台湾は「1国2制度」に当てはまらない。

 G7でもG5でも、台湾における「一国2制度」は筋が通らない、となっている。勿論、中国は「共産党独裁」の「専制君主国家」であるし、故毛沢東と対決していた国民党の蒋介石が台湾に逃げ込んだからだ。

 従って、中国の、我が物顔の勝手な振る舞いに対し、英国やフランスも空母や艦隊を繰り出し、我が国との共同訓練を展開すようである。勿論、ここにバイデン大統領政権下の艦隊が加われば理想的である。

 敢(あ)えて書くが、ここにドイツが加わり、三国同盟を想起することは趣味が悪いし、そのような「旧悪」は、あってはならないことだ。

 中国に対しお願いだが、世界は何事もグロ-バルの時代である、政経分離でよろしく。そのうち、中国も、共産独裁から自由民主の解放された国家になるであろう。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

"#自由、民主主義国家においては、台湾は「1国2制度」に当てはまらない。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント