大学入試センター試験が「共通テスト」に変わったようだがどう変わったのだろうか、大学入試試験の在り方。

 学者でもなく専門家でもない今唐加太朗は民間に委嘱するのかと思っていたが、どうやらそうでもないようだ。既に、民間に委嘱しているようなのだ。

 未だ責任を取れとは言われていないようだが、柳生田文科大臣が「安心して受験できる体制を早急に整えることは困難」などとして、「記述式」を見送ったが、どうするつもりなのであろうか。

 どうやら、文科省は長い間入試改革を試みていたようなのだが、大学入試は各大学に任せれば良いことではないだろうか。

 それとも、希望の大学に入れず、1浪、2浪と浪人となり、通常は独学ではなく「塾」に通うのだが、その塾なり、受験生の目安の為に共通テストなどを行うのだろうか。

 だが、目当ての大学に入れなければ、別の大学に進学するか、それとも進学をあきらめたらよいのである。

 自由化したところで「商売」ではないので郵政民営化のような弊害は現れぬ筈である。人の人生はそれぞれで、成功を収める方法は様々であるのだ。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

"大学入試センター試験が「共通テスト」に変わったようだがどう変わったのだろうか、大学入試試験の在り方。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント