京アニ追記、実に多くの若い才能を失ったが気が付いたこと

 この記事の前に書いているので余分なことは書かないが、社長が、建物を取り壊す、と語った筈だ。建物の中央に吹き抜けのらせん階段があるモダンな建物のようだ。また、働く女性の為に乳幼児室などもあったようだ。

 だが、一階には裏出口はあるだろうが、2階、3階はどうであったのだろうか、防火対策は完全であったのだろうか。建物の外につけた非常階段はない筈である。

 もし、推測であるが、建物中央のらせん階段がそれを兼ねており、消防署の「防火点検」をパスしていたのであれば、早急に法的な手直しをする必要があるのではなかろうか。

 この事件で「日本の漫画文化」、語られる内容を含め、世界に対し大きな影響を与えており、驚愕(きょうがく)とも言える感慨を覚える。そして、韓国や中国の日本に対する悪意に満ちた歴史認識が飛んでしまうのである。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。


"京アニ追記、実に多くの若い才能を失ったが気が付いたこと" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント