あゝとにあつく!韓国大統領候補の藩氏が慰安婦像の10億円を返せ!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

あゝとにあつく!韓国大統領候補の藩氏が慰安婦像の10億円を返せ!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 国連総長であった藩氏が韓国大統領に立候補予定だそうだ。慰安婦像の撤去のため、日本が理由も無く、悪い癖だが機嫌取りで拠出した不可逆的な解決のための10億円について、返してしまえ、旨言っているそうだ。

 これは、朝鮮民族の民族性であろうか、日本の国連大使など外務省の怠慢なのであろうか。

 つまり、国連総長にまでなるからには「そこそこの人物である」筈だ。であるのに、他の候補と同様に軽々しく「10億円返してしまえ」旨と言うからには、外務省や国連大使が、中国やパク大統領が仕掛けた慰安婦問題などの「歴史戦」について如何に反論してこなかったかの証拠ではないだろうか。

 結論を書いておくが、そもそも慰安婦問題などは存在しないのである。20万人にわたる少女を含む慰安婦を強制連行した等という事実は巨大な虚構なのである。

 日本もそうであったが、当然、朝鮮にも公娼制度は存在し、親などには民間業者が高額な支度金を用意し、彼女らは手厚い報酬を得て働いていたのである。

 そろそろ、戦後の被虐史観からはきっぱりと決別するべきなのである。

 (おわります、ご機嫌よう、さようなら)

"あゝとにあつく!韓国大統領候補の藩氏が慰安婦像の10億円を返せ!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント