あゝとに熱く!円高是正と金融緩和が景気を良くする?(3)(経済のことが判らないシリーズ)

 円高是正と金融緩和が景気を良くする?(3)(経済のことが判らないシリーズ)

 いつまでも同じテーマで読者を引きずる訳には行かない。そろそろ結論を示そう。先ず、とりあえずざっくり下に示そう。

○ 景気後退は、政治家が国民に迎合して取るべきもの、つまり、必要な税金その他を徴収しなかったからなのである。つまりは、今の経済のテイタラク(不景気)の原因は今、書いたことが根本原因なのである。
 
 *例えば、後期医療者制度について、官僚は取るべき方法を示してくれたのに、野党であった民主党や政権与党であった自民党でも「河野のボン(凡)」太郎氏などは、民主党の極悪人小沢氏派と同様に、反対をはやし立てたのである。

 *また、官僚が必要なところに予算を振り向けようとしたところで、子宮の小さな蓮舫や枝野経産大臣が仕切って、景気を後退させたのである。そして、ソンナ男が経済や産業を振興する大臣なのであるから、民主党はどうなっているのだと、つくづく思う。

○ 昭和の偉大な噺家林家三平師匠の愛嬢泰葉さんのキャッチコピーをもじったが「金髪でない馬鹿な豚野郎のメデイア」が口からの出任せや、日本国の経済や、財政などを深く思考せず、国民の利己を増進させたからである。

 *一つの例として、もう一度書いて置こう。「例えば、後期医療者制度について、官僚は取るべき方法を示してくれたのに、野党であった民主党や政権与党であった自民党でも「河野のボン(凡)」太郎氏のこと、民主党の極悪人小沢氏派と同様に反対をはやし立てたのである。」、メデイアも同様であった。

 <ご参考、厚生労働省 後期高齢者医療制度>
 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/koukikourei/index.html

○ 平成22年度予算の社会保障費だけで、確か、100兆円なのである。であるのに、財政規律のことを考えれば、雇用の確保など国内で振興させなければならない「産業分野」に振り向ける予算などがある筈がないではないか。

 *結論だが、金持ちの皆さん日本国民の為に応分の負担を宜しくね。お墓にはお金は持っていけませんよ。子孫に残したところで、大方は、極道息子や娘を堕落させるだけなのです。
 
<ご参考>

円高是正と金融緩和が景気を良くする?(2)(経済のことが判らないシリーズ)
<< 作成日時 : 2012/11/27 19:24 >>
 http://39383054.at.webry.info/201211/article_33.html

 (この項おわり)

"あゝとに熱く!円高是正と金融緩和が景気を良くする?(3)(経済のことが判らないシリーズ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント