#「スットンキョウ」な白鳳は張り手を止(や)めるだろうか。

 「スットンキョウ」という言葉を使ったが、このブログでは、白鳳が張り手を止(や)めるかどうか判らないので、使ったのである。横綱に昇進した照ノ富士は「ぶれない品格のある横綱に務める」と決意を語った。

 張り手は、相撲の正式な認められた「一っの手」ではあるが、横綱審議委員会から二回も「相撲力士の王者」としての「品格」から、使うべきではないとされていたし、このブログでは、前から、白鳳は張り手は使うべきではない、と何回も書いてきた。

 ところが、白鳳は「平気の平左」で使い続けてきた。そして、親方、相撲協会、最後はNHKの作成委委員会にまで注意してくれとブログに書いた。

 おそらく、本人も親方も、NHKの作成委員会もこのブログは知らないであろう。だが、さすが、今回、横綱審議員会がちらっと触れた筈である。「あっ、やってくれた」との感慨を持ったのである。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

 

 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント