#ミャンマ-の状況、真相。

 ミャンマ-は「少数の他民族が多数存在す 」国家である。そして、それぞれが反政府武装組織」を持っており、それが、ウイグルと称され200ともいわれる。  ひょっとすると、地理的には中国と接する部分が大きい国家でもあるので、最近の政治状況から中国の影響があるかもしれないのだ。  それに。例によって隔離されているスー、チ-女史も上の少数民…
コメント:0

続きを読むread more

#北朝鮮の弾道弾発射と非核化について。

 この度、北朝鮮が弾道弾を発射した。米国バイデン大統領は、3月25日、初の記者会見で「北朝鮮が安全保障理事会による核装備と弾道ミサイル開発に違反している」旨述べ、事態をエスカ-トするのであれば適切な対応処置をとると警告した。  だが、このブログでは、北朝鮮と韓国の文政権は核装備は廃棄する筈がないと書いてきた。次いで、イランも核を持つこ…
コメント:0

続きを読むread more

#中国が台湾を間もなく侵攻するそうだ。

 香港は一国2制度の「ところ」で、今や、元宗主国の英国はたやすく移民を受け付けているそうだ。確か、99年間は「一国2制度」を保証していたが中国は勝手な民主化はけしからんと「共産主義の独裁強権国」として、住民がとやかく勝手なことを香港の「行政長官」に言うことを許さないとのことのようだ。  従って、香港を離れる住民が多いのである。日本の金…
コメント:0

続きを読むread more

#自動的に登録されてしまいましたので「前の記事に続きます」。

 つまりは、全ては、連合国マッカサ―元帥が示した「スッポンポンの丸裸憲法が原因となるのです」。終わりますが、時々このような「事態」が起こり貸す。私もラインをやりますが、そこでの情報漏れが原因かもしれません。  ではまた、ご機嫌よう、さようなら。
コメント:0

続きを読むread more

#中国の他民族抑圧や強権的な活動について。

 日本はかって韓国と北朝鮮の宗主国であった。従って、「朝鮮人」に対して日本語教育を行い、「徴兵」も行っていたようなのである。そのことに対して3月24日の産経紙に編集・論説委員である松村直哉氏が「自由対共産」の戦略に学ぶ、として書かれておられるのでご紹介しておきます。  と言うのは、題名に書いたが、中国の強硬な諸施策対し「お前らもやって…
コメント:0

続きを読むread more

#元法務大臣河合氏の議員辞職について。

 題名のことであるが、報道べ-ㇲであるが党政調会長の岸田氏と県の会長職をめぐり、相克の関係にあったようだ。そして、全面無罪から転じ、議員辞職にも至ったようである。  調べないが、党からは億を超える金が渡され配りまくったようである。勿論、党活動に使う金であれば選挙違反委はならないのであろう。また、立憲民主党から、議員辞職にについて、二階…
コメント:0

続きを読むread more

#米、韓国の2+2、「北の核とミサイル問題は優先的な関心事だ」とするが。

 先般、米韓の2+2が開催されたが、北朝鮮は、おそらく文政権も、本音では核の廃棄は認めないであろう。繰り返すが、当然廃棄を認める筈もない。また、例によって、文政権には金銭的な疑惑もあるようである。  また、辞任した「ユン検事総長」が世論調査では支持を集め、「検察捜査権」の問題もあり、当面、目が離せない状況にある。  ではまた、ご機嫌…
コメント:0

続きを読むread more

#菅総理は、この際、企業の大小を問わず「同一労働同一賃金」を推し進めよ。

 コロナ化における休業補償においても、題名に書いたが「正規、非正規雇用」においても、「同一労働同一賃金」を推し進めて下さい。これが、デジタル化と併せて日本を「再生」させる唯一の特効薬です。  難しい面もあるが、中国の軍事、経済両面における強権的勃興に対処する方法であると信じます。  ではまた、ご機嫌よう、さようなら。
コメント:0

続きを読むread more

#未曾有(みぞう)の「東日本大震災」から何を学ぶか。

 あれから10年です。遠く離れた関西の、大阪の地にあって、残念ながら学んだものは、何もありません。真っ先に思い出すことは、東京まですっ飛んで行って、はっきり記憶が残っていることは、レンタカーを借りて福島県か、宮城県かの被災の地を走ったことです。  被災に合われた皆様や、お亡くなりになった皆様に深甚なるお悔やみを申し上げます。  その…
コメント:0

続きを読むread more

#アメリカ民主党のバイデン政権も、一応、今のところ、中国抑止の方向だ。

 アメリカの前政権のトランプ氏は、安倍総理に約束しながらと考えているが、北朝鮮の核武装の放棄には見事に失敗した。菅総理は茂木外務大臣などを督励し、「グロ-バル経済化の厳しい局面」を乗り越えて、中国抑止について努めてほしい。  そして、なによりも、米バイデン大統領政権と連携してほしい。政経分離と言うけれど、困難な話ではあるが、今書いたよ…
コメント:0

続きを読むread more

#官僚と対象業界の関係、基本的な問題。

 関係を、一切、絶(た)つというのは)よろしくない。だって、官僚と対象業界の人々であっても、「よもやま話」だってしたい時があるであろう。そこで菅総理と総務(担当)大臣にお願いである。  「対象業者」を危険である、何か仕掛けをしてくる、というのであれば、「付則」ぐらいに、割り勘であること、大臣か総理に報告義務を加筆したらどうであろうか。…
コメント:0

続きを読むread more

#山田広報官様退職ご苦労さま。

 このブログは、元地方官僚が書いています。意欲があり、前向きで、能力もあり、まあまあ、順調に、職務を成し遂げられてきた貴方は、しばらくゆっくりお過ごして下さい。  そして、どこかで働く意欲があれば、菅総理などが必ず面倒を見てくれます。  前に中途半端なブログがありますので、ここで、ご容赦ください。  ではまた、ご機嫌よう、さような…
コメント:0

続きを読むread more

#山田広報官辞職、そして、その事情。

 何回かこのブログで記事を書いた森元総理発言について、このブログの結論を出した。同様に、山田広報官についても記事を書いているのでこのブログでの結論を出しておきたい。  彼女については、安倍前総理が秘書官にして内閣の中に取り込んでいる。ひょっとすると、一次安倍政権時、菅総理は放送関係を担当する総務大臣に任命されているので菅総理がかかわっ…
コメント:0

続きを読むread more

#森元総理、オリンピック組織委員会委員長の発言について。

 産経紙(2月28日)に寄稿で国際基督教大学教授、森本あんり氏の「現代日本の不寛容論、the考」が載った。確か、このブログでも2回程(ほど)書いたが、最後として結論を出しておきたい。  彼の発言の要旨は、「理事の中に女性がいると一人が発言すると発言が続き、長い時間がかかる」旨のものであった。そして、批判を浴びた彼は、発言を撤回し謝罪し…
コメント:0

続きを読むread more