安倍総理が残した宿題。

 8月28日、史上最長の長期政権を果たした安倍総理が、潰瘍性大腸炎の「特異持病」を原因とし、自民党の総理総裁、政権から、引退することを、発表した。

 安倍総理は、「一次政権時」組閣し、所信表明を果たした後に、病状の悪化により政権を放棄し、メデイアや野党から、丸投げ、無責任などと批判を浴びたことがあり、このことが今回の発表につながったことが考えられる。

 さて、安倍政権が果たした成果は色々あるが、最大の成果は何といっても「安保法制」の構築でろう。

 そして、拉致問題、北方領土、日韓・北朝鮮関係等々、総理の残した宿題は色々あるが、また、このブログに様々に書いているが、憲法改正が最大の宿題であろう。

 つまり、今の憲法は、占領軍、連合国アメリカのマッカ-が作った「偽りの平和憲法」なのである。それを、日本側が自衛隊が持てるように「ごまかした」ものなのである。

 ですから、日本国の基本法を「偽りの平和憲法」などと書かせないよう、次期総理は頑張っていただきたいのです。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント