米中対決にどう対処するのか。

 アメリカは日米同盟があって大切な国である。

 中国は、今は、共産政権、習近平政権の独裁政権であるが、日本のグロ-バル経済の一環を占めている大切な国であって「黄色人種」の雄ではある。

 また、アメリカも歴史を遡(さか)のぼれば。かの帝国主義時代にあって日本を戦争に引き出し、敗戦に追い込んだ元凶である。また。白色系の人種にあっては、いまだに有色人種を軽んじる傾向を残しているのである。

 さて、結論だが、日本は民主主義国の雄として、中国を民主化に引き出し、アメリカについては、まさか強権を発動する恐れはないと思うが、日米手をたづさえて中国の民主化に努めるべきでないだろうか。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント