拉致問題の解決はどうなるであろうか

 横田めぐみさんの父親滋さんが亡くなった。87歳であった。最近では、メディアも触れることは少なく、忘れ去られたようであった。日本人の悪い癖は熱しやすく冷めやすいのだ。

 さて、推測の部分もあるが、当時のことを思い起こし、今後どうするべきか考えてみよう。

 一番熱心に取り組んだのは自民党をぶっ潰す、と語った「変人」の小泉元総理であった。2回北朝鮮に行った筈である。そして、安倍総理も官房副長官として随行した筈である。そして、一旦、との条件付きで、5名を連れ戻した筈である。

 だが、日本は返さなかったのである。安倍総理も主張した可能性がある、と考えている。

 そして、横田めぐみさんついては、確か、亡くなったとの返答であったが、DNAが違うとの結果が出たのである。このブログでも、確か、取り上げて、家族会は、お願いばかりではなく攻め込んで実力で取り返すべきである、との強硬論を主張すべきと書いた記憶がある。

 今となってはおそらく、南北朝鮮の政権は核武装を成し遂げることは間違いないであろう。攻め込んで実力でとりもどすことなどは不可能であろう。つまり、日本はアメリカとの同盟を未来永劫にわたり強化することを国是として、粘り強く「お願い」を続けるしかないのだ。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント