新型コロナウイルス緊急事態解除これからの課題

 極端な表現をすれば日本は世界で唯一の「要請」による国民の協力によって、難敵のコロナウイルスを抑え込んだと言って良い。だが、外国から帰国した日本人が明確に検査を拒否した例や陽性者が移してやると明言して遊びまわった非日本人的な例もあったが。
 これから学者でもなく専門家でもない今唐加太朗として提言したい点を二つ指摘しておきます。

 一つ、相撲は無観客で一回行われたが実に味気なかった。つまり、「三密」を防ぐ合理的な座席配置を工夫して入場させてほしいのだ。こう書くと馬鹿みたいに広い空間を確保する例があり、かえって味気なくさせしまうことがあるので注意してください。副次的な他の方法や斜めに空間を一つ作るなど専門家に検討してもらったら良いと思います。

 二つ、熱しやすく冷めやすいのは日本人の悪い癖です。このウイルスに対するワクチンが出来るまでの間、決して準備を怠らず、また、終局的には憲法改正にまでこ持ち込むべきではないでしょうか。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント