日本国の本質、それは、神仏混合と自己犠牲の心である。

 残念だが、それが崩れつつあるが、もう一度、題名に書いたが、「神仏混合と自己犠牲の心であり」そこに、戻るべきなのである。

 天孫降臨とは天皇家が日本国を治めるため、今の日本に、降り立ったと言う「神話の話」である。つまりは、日本は伝統と文化のある古い国なのである。

 大雑把に言えば、仏教は中國を渡って日本に伝わった。だが、日本に古くから伝わる、神道的な教えがあり、それが、様々な言い方があるが、仏教と融合したのが神仏混合なのである。

 さて、もう一つの自己犠牲の心であるが、大東亜戦争末期に登場した特攻隊のことである。特攻隊は陸軍と海軍とに別れ、取り組んだが、映像的には無駄死に見えるものだかりだが、大きな成果を上げているのである。

 NHKが、最近、報道したが、少し、皮相的ものであった。アメリカの古い資料を詳しく調べれば、その怖さに恐れをなして精神病に陥る兵隊が続出していると思う。

 確か、海軍の方の責任者は、戦争が実質的に終わった後、出撃した筈である。

 だが、実に、残念だが、今の日本には、この「道」と「心」が失われつつあるように思うのだが、思い過ぎであろうか。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

  


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント