香港騒動について、中国は手出しを止めよ。


 確か、中国の周政権は歴史戦を仕掛けはしなかったが、イギリスが香港を租借して植民地にした期間は100年間であった筈で、一国2制度(当時の概念の自由民主主義)を保証した条件付きで、まだ残りは4・50年ある筈だ。

 色々の状況の変化があったのだろうが、報道では、香港には出動しているのかどうかは不明だが、「中国の警察」も駐在しており、又、周政権は人民軍(軍隊)の大部隊を香港近くに集結させているのである。

 つまり、残りの4・50年の間は、未だ、一国2制度を香港に保証してやらなければ条件違反になるのである。

 そして、丸々100年間が過ぎれば、「共産主義独裁政権」の周政権が体制を維持できるかどうかは不明であるが、中国が解放されない限りは、周政権が自由にしてら良いのである。



この記事へのコメント