いよいよG20サミットが始まった、議長国日本は何とか成果を収めたい(ツイッター風ブログ)

 とは言え、大方、事務方が話を詰めてはいるが、題名に書いたが、日本は初めての議長国である何とか成果を収めたいものである。  せめて、「大阪トラック(ITを活用したデジタル経済にからみ、電子商取引の購買履歴と言った情報に関する国際ルールの策定)」への目途を点けたいとするものである。  現在は、各国の利害や思惑が絡み合い、EUは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

安倍総理、大坂G20サミットで韓国の文大統領と会談せず、当然であろう(ツイッター風ブログ)

 隣国の韓国については困ったものである。このブログではしばしば記事のテーマに設定している。先ずは、慰安婦問題から始まり、最近では「徴用工問題(自らの意思で働くと来日し、給料を得た労働者)」にまで及び、その上、二つには醜い像まで付随して、あちこち置きまくり、条約で禁止されている「公館」近くにまで設置するのである。  何故であろうと疑…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

横浜地検中原検事正が謝罪した、「悪餓鬼(ガキ)」集団の危険性(ツイッター風ブログ)

 放送メディアなどを賑わしている、「悪餓鬼(ガキ)」集団がやっと捕まった。確か、5日間逃げていた筈だ。暴虐無人である。  窃盗罪等などで実刑が確定しながら出頭していなかった小林誠容疑者(43)が収容時に包丁を振り回し、車に乗り込んで逃げ出したが、それは19日午後1時5分ごろである。  横浜地検の中原検事正が謝罪したのは23日…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

弁舌が爽(さわ)やかな防衛大臣が謝った、どうでもよいとは言えないが、冷静に(ツイッター風ブログ)

 イージス・アショアについての説明会の席上でのことであるが、どうでもよいことを、取り上げられたと言っても良い。防衛大臣はガマン強く、沈着冷静に対応していた。  一つには、山の高さである。イージス・アショアとはミサイルを打ち落とす防御兵器(ミサイル)である。日本には2機配置される計画だ。そして、配置場所から見渡せる山脈の高さを防衛庁…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

一年ぶりの党首答弁が開かれた、金融庁の硬直的答申、麻生発言等の代わりだ(ツイッター風ブログ)

 勿論、秋に参議院選挙を控え、硬直的な野党の政局一辺倒のげんなりする質問がある。、立憲の辻元国体委員長がテレビに登場すると、又かと思い、特に、「げんなり」してしまう。  また、題名に書いたが、何とか言いようがあっただろうとは思うが、麻生副総理の、正直な彼らしい発言とはいえるが、そして、受け取らなかった措置は頂けなかった。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

G20直前に中国の周近平主席が北朝鮮を訪問する、思惑は(ツイッター風ブログ)

 周主席が北朝鮮に行くのは就任以来の事である。もっとも、北朝鮮の金正恩委員長はしばしば中国を訪問し主席に会っているかどうかは不明だが、意志疎通は図っている筈である。  ところで、ベトナムでの米朝首脳会談が不調におわり、北朝鮮の「指導部内」のごたごたが文政権側から世界に伝わり、北朝鮮はそれに反する映像などを公表した。また、米中「貿易…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大坂吹田の精神薄弱者の拳銃奪取事件、被害者のラガーマン頑張れ、助かって欲しい(ツイッター風ブログ)

 大阪府警は、総力を挙げた犯人の逮捕アッパレである。奇(く)しくも被害者となってしまったが古瀬巡査は頑張れ命を取り留めて欲しい。  大阪府警にはラクビー部があるが、そのOBであるかも知れないのだ  そして、大阪府警は、元々は自身の失態であったが、5000名体制の構築や本部長自らの謝罪会見などにより、容疑者を見事に、即刻、逮捕…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鳩山元総理のバカ発言、日韓関係は好転する筈もない、(ツイッター風ブログ)

 日本と韓国とはどちらが伝統と文化を大事にする国であろうか、日本の文化の源泉であると言っても良い中国に近い方は韓国だし、日本には明治維新があるが韓国にはなさそうであるし、言って見ればどっちもどっちで、いい勝負なのかもしれない。  だが、一応は、どちらも民主主義国家であると言っても良いが、民族性と言う意味においては、随分に違いがある…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

安倍総理のイラン訪問、国賓待遇であるようだ、だが、どうなる(ツイッター風ブログ)

 イランの最高指導者、ハメネイ氏と、昨日、安倍総理は会談した。 つまりは、国賓待遇なのであろう。どうやら、アッリカのトランプ大統領から依頼もあったようなのだ。  アメリカが、何故、先駆けて空母を含む打撃軍を派遣したか、不明であるが、公約にあったのかどうか調べないが、又は、オバマ前大統領のしたことは全て潰していまう主義なのかもしれな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

共産党の選挙チラシ、だが、先ずその「歴史的基盤」、共産党に限定はされないが、(ツイッター風ブログ)

 その為の教育も進んだので、恐れず書いておくが、共産党員は、所謂(いわゆる)被差別部落出身者が多いのである。そして、それは何ら恥じることはないのである。  このことは何も共産党員に限ったことではない。公明党員にも多く、自民党員なども、つまり、どこにであった話なのだ。個人的には、維新を作った橋下氏もそのことを自ら言っているのでつけ足…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「集中的巨大格差社会」は不公正だ、その是正について、財務省は知恵を出せ(ツイッター風ブログ)

 今の世の中は、「集中的巨大格差社会」と言って良い。 そして、安倍政権は、様々な対策を打っているいるが、あまり芳しくはない。  つまり、「少子高齢化社会」やその他の要因も色々あるが、例えば、IT社会への乗り遅れ、論文引用件数や特許取得件数の低下など、「日本の実力」は確実に弱ってきている。  さて、「集中的巨大格差社会…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

令和の時代をどう生き抜くのか、情けないが、米国との固い同盟(ツイッター風ブログ)

 厄介なアメリカのトランプ大統領を、新しく即位された天皇陛下及び皇后陛下の国賓として、始めてお迎えし、大成功を収めたと言って良い。  ビジネス、商業の人であるトランプ大統領も「日本の伝統と文化」について何らかの感銘を受けた筈である。  また、厄介と今書いたが、平成の時代をつつがなく過ごし得たのもトランプ大統領誕生に伴う「電撃…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと納税、泉佐野市が総務省を相手に不服申し立て、(ツイッター風ブログ)

 法を執行する場合には、その執行する法が先に成立していなければならない、と言う法治国家の大原則がある。民主主義国家の見本のような日本国においては尊重しなければならない大原則である、と考える。  ところが、総務省は、今月1日に始まった新制度は、今年の3月に成立した改正地方税法を根拠として、多額の募金を得たとして、佐野市他3町について…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

元農水次官が長男を殺人、その理由は人に危害加えるかも、流石、見事な結末か(ツイッター風ブログ)

 表層的、世間一般的にはあってはならないことであるが、彼は「自殺する」とのメモを残していたではないか。  すぐ前にあった川崎市での「拡大自殺」の逆である。その防止をも目的にしている。つまりは、しかも、彼はこの世に母親と共に長男を生み出した人物でもある。  原因者でもあるのだ。  そして、注(さ)すが優秀な官僚のトップを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

防衛相が活躍しているようだ、維新、丸山議員の発言の影響か(ツイッター風ブログ)

 6月1日に岩谷防衛大臣は訪問先のシンガポールで中国の魏国防相と会談し年内に訪中することで合意した。  結論を先に書いておくが、当然であろうが、事務当局は柔な事前協議は排するべきだ。極論すれば一切の妥協を排するべきだ。  この訪中は、昨年の日中の首脳会談で決まっていたようではあるが、実現すれば、平成21年(2009年)の浜田…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

北方領土は日本に取り戻せるか、心配だ、維新丸山議員の発言もある(ツイッター風ブログ)

 友達のロシアのプーチン大統領と、今月29日に、安倍総理は会談することが決まったようだ。外交、防衛大臣でのツープラスツーもあったし、外相会談で決めたようである。  これらの会談で長期休養中の維新の丸山議員の発言がどの様に取り上げられたか知る由もないが、学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は少なくともプラス要因であったと確信はし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more