ゴーン容疑者の「釈放決定」をどう見るのか、無罪釈放人の弘中弁護士などは悪乗り(ツイッター風ブログ)

 東京地方検察庁、特捜部は「不服申し立て」をしたが認められず、ゴーン容疑者は、また、釈放された。NHKの報道によれば妻との接見は禁止されていると言う。これを、誰が見張ると言うのであろうか。

 極端な言い方をすれば、東京地裁の、名前を知りたいが、裁判官と無罪釈放人の弘中弁護士は「立法機能」を所有していると言えるのかもしれない。

 勿論、今までの捜査の結果、つまりは報道結果だが、誰が見てもおかしい、「日産の金を恣意に使いまわしていた」との容疑は濃厚であるとの前提はあるのだ。

 このブログの記事に書いたが、無罪釈放人の弘中弁護士など、は記者会見は「外国人記者クラブ」で行い、日本の司法制度についての疑問を煽り立てている。

 つまりは、そのような「外圧」などを利用して無罪を勝ち取ってきているのであろう。また、ゴーン容疑者には厳しい条件を設定しているが、その条件の履行については、幾らでも抜け道がある、と考えることが出来るのだ。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック