日中緊張緩和、首脳会議など、いよいよこれからだ(ツイッター風ブログ)

 確か、これで5回目になるのであろう。取りあえずは、安倍総理、河野外相、外務省のアメリカを含む担当官僚の皆さんの労苦に、日本国民共々に感謝の念を捧(ささ)げます。

 今、5回目と書いたが、中国は日本の時々の政権と緊張緩和を繰り返したが、続けたことがないのだ、何故だろうと思う。

 共産党独裁政権だからなのだろうか。日本のように古代から続く「天皇家」のような存在を失ってしまったからなのか、とも思う。

 ひょとすると、今回は、「覇権国家」として、ウイグル自治区の問題を抱えているが、毛沢東と同様な位置づけを習近平国家主席に与えたので、当分の間は続くかも知れないのだ。

 はたまた、「対中ODA」もやっと中止することが出来たし、「安倍3選」もなり、虚構と言ってよい憲法の改正と併せて巨大な隣国との友好が末永く続くことを望みます。

 そして、国会も始まり、野党は相変わらず騒ぎ立てるだろうが、日本は世界一の民主主義国家であると断言しておきます。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック