スポーツ界、またまた、ぼろが出た、体操組織はどうなっている(ツイッター風ブログ)

 先に結論を書いておく。「朝日生命体操クラブ」を主宰するかってのオリンピック金メダリストなどの塚原夫妻が、多分、有望な宮川選手(18歳)を引き抜こうとしたが失敗してしまったのであろう。

 また、そこには、長く指導を続けていた速水コーチの暴力行為と見なされる、短絡的、直情的な指導があったのであろう。更に、家族的と言っても良いのかも知れないが。

 そして、女子強化部長は塚原千恵子さんが務めているのである。宮川選手は夫妻から呼び出されて、最近、落ち目になっている。「朝日生命体操クラブ」への勧誘を受けたのが基本的構図で、その際、パワハラ行為があったようなのだ。

 推測だが、日本体操協会のプロパーには官僚が天下っているかもしれないのだ。あまりにも、官僚的な態度で
、会見した出席者と顔を見合わせながら、宮川選手(18歳)から申して出があれば調査するなどと言っているのである。

 様々な組織から、問題が噴出している「この問題」については、「スポーツ庁」、つまり、政治が乗り出して解決しなければならないのであろう。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。
 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック