福島原発事故やっと初公判、遅い、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

福島原発事故やっと初公判、遅い、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 東日本大震災の津波から、福島第一原発事故が発生したのは平成23年3月11日である。もう、6年になる。そして、東京電力の業務上過失致死傷罪について責任を求める裁判が、やっと、6月30日、東京地方裁判所で開始された。

 実に、遅い。

 この事故は、スリーマイル島やチェルノブイルに比する世界的な規模の原発事故である。さらに、二つの事故より新しく、廃炉などの技術的な問題と併せ世界の人々の関心も高い。

 この訴訟については、検察庁が不起訴とした処分について検察審査会が、起訴すべき、と判断し、検察庁が再び、不起訴にしたものを、検察審査会が再度、起訴すべき、と判断した「強制起訴」によるものである。

 そして、監察官役は選任された弁護士が行う。また、検察審査会は実質的に裁判所がその事務を取り扱うのであろう。

 恐らく、「裁判所」は特別な人員も手当はしていない筈だ。推測だが、日本の「裁判」は、「のんびりしている」のである。再審などの裁判もほとんど事件を忘れた頃、報道されるのである。

 畢竟(ひっきょう)法務省の問題になるのであろうが、何とかならないのであろうか。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック