あゝとにあつく!混迷社会の到来、日本の現状、これからどうなる(ツイッター風ブログ)

あゝとにあつく!混迷社会の到来、日本の現状、これからどうなる(ツイッター風ブログ)

 尤も新しくは都議会選挙での混迷、小池新党が立ち上げられ、都政では公明党がトップで小池新党に擦り寄り、民進党や「維新」も何やら小池新党と協力するようだ。

 次いでは、日本の「知事」たちの国政への反乱と選挙民への迎合である。欧州で吹き荒れているようだがポピュリズムと言うらしい。

 最たる事例は沖縄県の翁長知事であるこのブログでは色々記事を書いて「狂人段階」にまで進んでいる。また、最近、気になるのは原発再稼動で検証と言う言葉が流行っているようだ。

 知事が原発の何を検証するのであろうか。これらの知事は地球温暖化や日本の「燃料事情」などはどうでもいいようだ。ただ、原発は怖いとの電気は使う「愚民」に迎合するポピュリズムなのであろう。

 三つ目は利己に走る日本国民の堕落・混迷である。最も身近には保育園・幼稚園の設置である五月蠅(うるさい)らしい。利己に走って、実は、此方の反対の声がケタタマシイのである。

 四つ目は共産党を筆頭にした政党の混迷である。蓮航代表が象徴する民進党も加えてもよいであろう。小池新知事に対する自民党の態度も付け加えなければならないであろう。

 五つにはメディアの混乱である。最たるメディアはNHKの何事を報道するについても、微温的な無難な態度である。公共放送とは言え国営放送であることを自覚せよ。

 このような日本国の「混迷状況」の中ですっきりしたことが一(ひとつ)ある。韓国の新たな慰安婦像に対する菅官房長官の談話である。韓国のような国に理由も無く長い間、謝るから付け上がるのである。

 結論としてはどうにもならないであろうが、やっと出来たようだがPTにより、慰安婦像に限らず、一つ一つ世界に向け発信を続けることである。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック