あゝとにあつく!外国人実習生と使用者・経営者の倫理観(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

あゝとにあつく!外国人実習生と使用者・経営者の倫理観(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 このブログではメインテーマであるかのように、今の経営者、特に中小企業の経営者の堕落についてしばしば取り上げてきた。

 数年前、中小企業の経営者の倫理観の無さ、つまり、労働者の待遇や脱税についての「放送メディアのドキュメント」を見てから、このテーマについて注意を払って、気が付いた都度、このブログに記事を書いてきました。

 ところで、昨日(10月31日)の産経紙が書いているが、技能実習制度についての見出しだが、「中国実習生1万人失踪」とあった。

 ここから考えられることは、適正なそこそこの賃金を支払っていれば、一万人もの実習生が逃げ出す筈がない。ましてや、一人当たりのGDPは日本に比べれば低い中国である。日本で安いと思える賃金でも中国人にとっては十分な筈なのである。

 政府は色々対策を考えているようだが、先ずは受け入れ企業の「適正賃金」について配意して欲しい。習政権が国際ルールを無視し強引な覇権国家を目指していても「中国人民」には罪は無いのである。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック