ああとにあつく!子殺し、親殺しのこころ(1)(文学シリーズ、ツィター風ブログ)

ああとにあつく!子殺し、親殺しのこころ(1)(文学シリーズ、ツィター風ブログ)

 子殺しの章

 女はお腹に10ヶ月子供を孕(はら)む、残念だが、夫にその実感はない。ましてや、後から、女の夫の後釜(あとがま)に納(おさ)まった男にその実感が伝わる筈がない。

 ある女性が、子供のこころを教えて上げる、と言ったので期待している。それは、殺された子供のこころか、お腹に入っていた時のこころか、聞き漏らしたので今度会ったときに確認するつもりだ。出来れば両方であってほしいと考えている。

 (続きます。御機嫌よう、さようなら)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック