あゝとに熱く!真面目なゴルフ日記(155)(日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(155)(日記シリーズ)

 下の記事の波線部分は、一昨日に書いた記事である。恥ずかしいが真面目なゴルフ日記であるので真実を書かねばならない。昨日、つまり、日曜日には月例に行って来ました。アウト、61、イン55でした。ハンデ7月から31から33にダウンしたのでネットで83なのです。

~~~~~~
 
 7月の月例は駄目かと思っていたが、一昨々日に電話があってキャンセル待ちであったものが、取れた、と早振り上げのM氏から電話があった。で金曜日に練習に行こうと思っていたが、連日の暑さで一日中、家を出る気がせず、狭く西日が入り込む、我が書斎にして、寝室、息子二人の漫画や若干の我が書籍の書庫で、一日中ゴロゴロしておりまして、今日は一大決心をして練習に行ってきました。

 早振り上げのM氏についてはいつもオセワになっているのである。私も月例の世話人をしたことがあるので、なかなか、手間が掛かることは良く知っているのである。先ず予約を取って、三人に連絡を取り、参加を確認しクラブに名前を連絡しなければならないのだ。また、三人に連絡が直ぐ取れるわけでもないのである。

 ちなみに、私の携帯に電話が入っていたが、私が気付かなかったので固定電話の方で連絡をくれたのである。

 明日は、山の原ゴルフクラブ、山の原コースだが、前のゴルフ日記で書いたパターの「極意」と例のゴルフ呪文を、「1、2、3、4、そ~れ(下の捻り戻し)」、に変更したので、これをテーマとして行ってきます。

~~~~~~~~~

 スタートはそこそこ良かったのですが、5ホールのショートでガクッと来たのです。山の原ゴルフクラブ、山コ-ス5番をご案内しましょう。距離は白184でホール全体は下り、また、やや右傾斜でスルーザグリーンの右は急な斜面となっており、勿論、徒歩で下りられるが隣のロングコースでOBナシです。また、グリーン左右と右奥にはバンカーがあります。

 勿論、月例、CD級はグリーンから打つのですが下りを入れて147であり、私はアイアン5番で挑戦です。隣コースに転げ落ちたら太変ですから、やや左狙いで見事なショットと思ったのですがこれが見事なシャンクになったのです。勿論、上のゴルフ呪文は唱えたのですが。

~~~~~

○ シャンクの原因と対策・・・シャンクは右手で直す! - ダイヤモンド・オンライン
  http://diamond.jp/articles/-/28037

シャンクの原因を皆さんはご存知ですか?シャンクは、クラブの何処に当たっているかご存知ですか?

 *シャンクは、主にアイアンを使った時に起こります。それもフルスイングよりもウェッジでのコントロールショットをする時に起こる確率が高いようです。

 *では、シャンクはウェッジ(フェース、ヘッド?、今唐)のどの部分に当たるのか?シャンクで当たるのは、ウェッジのホーゼル部分(クラブヘッドとシャフトを取り付けるソケットのこと。本当だろうか、丸い棒の所に当たって何故右に飛び出すのであろうか、左に飛びだすこともシャンク?今唐)に当たる事です。何故、フェース中央で構えたボールがネックに当たってしまうのか?

 *答えは、簡単明瞭です。アドレスのグリップ位置よりインパクト時のグリップ位置が体から離れた時に起こります。原因は、オープンスタンスでダウンスイングの段階で右膝がボール方向に出た時です。

 *注:引用させて頂きましたが良く解らない。私はフェースが開いたまま当たってしまうからだと思っていたのです。だからその原因はボール位置が右過ぎた、左手首の返しが無かった。と考えていたのですが。

~~~~~~~~~~
 
 兎に角、この5番、糞ショートで11も叩いてしまったのです、アァアァ、一貫の終わりです。乞うご期待、次回のゴルフを!!!!!

真面目なゴルフ日記(154)(日記シリーズ)
<< 作成日時 : 2013/07/24 17:26 >>
http://39383054.at.webry.info/201307/article_28.html

 (この項終わり)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック