あゝとに熱く!またまた離党、民主党崩壊か、純化か(考察シリーズ)

 またまた離党、民主党崩壊か、純化か(考察シリーズ)

 民主党の綱領については、このブログで厳しい記事を、一度、書いた。

<私たちの立場(民主党綱領)>
 我が党は、「生活者」「納税者」「消費者」「働く者」の立場に立つ。同時に未来への責任を果たすため、既得権や癒着の構造と闘う改革政党である。私たちは、この原点を忘れず、政治改革、行財政改革、地域主権改革、統治機構改革、規制改革など政治・社会の変革に取り組む。
~~~~~~~~~~~~~
 今、思うのだが、どうも、上の内容を基にして、一度、このブログで記事を書いたのだ。

 もともと、案の段階そのままで、大胆にも、ほぼ産経紙が取りまとめたものを基礎にした上の内容であったように思う。そして、政権を担ったことを考えろ、と厳しく批判したと思う。そして、下のように、マタマタ離党者があったのだ。もっとも、産経紙も民主党広報が配布したものを基礎にしたのであろうが。

 不肖、今唐は離党は良いことだと思っている。

msn産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130222/stt13022200360000-n1.htm

○ 民主党参院議員の平野達男前復興相(58)=岩手選挙区、離党。

○ 離党の意向を固めたのは川崎稔(佐賀選挙区)、植松恵美子(香川選挙区)両参院議員。2人は22日に離党届を提出し、無所属となる予定だ。衆院選大敗後の離党の動きはこれが初めて。このほか20日には、党福岡県連が、現職の岩本司参院議員が公認候補の公募に応じなかったことを明らかにしている。

○ 川崎氏は昨年11月に参院選不出馬を表明している。産経新聞の取材に「平成24年度補正予算案や日銀総裁人事など重要案件が続く。自由な立場で(賛否を)判断したい」と語ったが、地元の首長選に超党派の支援を得て出馬するのではともささやかれている。
~~~~~~~~~~~~~
 
 海江田代表は平野さんの離党について、ビックリして、この野郎、と思った、とTVで語っていた。細野幹事長と処分の一任を受けて首にすることに決めたようだ。極悪人小沢氏と同様の除名、放逐処分である。

 平野さんの言い分は、全党派の支援を受けて、政局抜きに、無所属で復興に全力を上げたい、とのようである。自民党との会派に入れば、民主党よりは力が出せる筈だ。だが、夏の参議院選挙に当選できればの話である。

 民主党は極悪人小沢氏一派は放逐したし、米国の民主党のオバマと同様な方向に、つまり、極左、日教組路線をも放逐して、派遣の解消、格差の解消に向かって突き進んで欲しいと思います。

 時間はかかるが、基本的には、上の一本で日本は再生すると考えるのである。そして、「地方分権のイノベーション」によって10から20の成長率が取り戻せると学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗は考えるのである。

 日本では巨大で堅固な中間層は崩壊し、貧乏人の有権者の方が多いのでは無かろうか。また、山梨の日教組は輿石さんの語るところでは、本当であるか、どうか確認はしていないのですが、日の丸、君が代OKだそうだ。そうであるならば、「全教」、と完全に分離、純化したのであろう。不肖、今唐は同県人として、なんだか、誇らしくも思う。

 また、ネット選挙を上手く使い、「労働の流動性」などと云っている維新や自民に対抗し、「派遣、格差撲滅」、でブームが起きれば、またまたひっくり返る可能性はあるのではなかろうか。

 そして下の綱領を読む限りにおいては、そうそう、文句も無いのである。

○ 民主党綱領 2013年2月24日 2013年度定期大会決定(抜粋)
 http://www.dpj.or.jp/about/dpj/principles

私たちの目指すもの
1.共生社会をつくる
 私たちは、一人一人がかけがえのない個人として尊重され、多様性を認めつつ互いに支え合い、すべての人に居場所と出番がある、強くてしなやかな共に生きる社会をつくる。

(1).「新しい公共」を進める
 私たちは、公を担う市民の自治を尊び、近代以降、官が独占してきた「公共」をそれぞれの主体に還す。地方自治体、学校、NPO、地域社会やそれぞれの個人が十分に連携し合う社会を目指す。

(2).正義と公正を貫く
 私たちは、互いの人権を尊重し、正義と公正を貫き、生涯を通じて十分な学びの機会と環境を確保する。男女がその個性と能力を十分に発揮する男女共同参画を実現し、不公正な格差の是正と、将来にわたって持続可能な社会保障制度により、すべての国民が健康で文化的な生活を送ることができる社会をつくる。

(3).幸福のために経済を成長させる
 私たちは、個人の自立を尊重しつつ、同時に弱い立場に置かれた人々とともに歩む。地球環境との調和のもと経済を成長させ、その果実を確実に人々の幸せにつなげる。得られた収入や時間を、自己だけでなく他者を支える糧とする、そんな人々の厚みを増す。

2. 国を守り国際社会の平和と繁栄に貢献する
 我が国の発展は開かれた交流の中からもたらされた。私たちは、外交の基軸である日米同盟を深化させ、隣人であるアジアや太平洋地域との共生を実現し、専守防衛原則のもと自衛力を着実に整備して国民の生命・財産、領土・領海を守る。国際連合をはじめとした多国間協調の枠組みを基調に国際社会の平和と繁栄に貢献し、開かれた国益と広範な人間の安全保障を確保する。

3.憲法の基本精神を具現化する
 私たちは、日本国憲法が掲げる「国民主権、基本的人権の尊重、平和主義」の基本精神を具現化する。象徴天皇制のもと、自由と民主主義に立脚した真の立憲主義を確立するため、国民とともに未来志向の憲法を構想していく。

4.国民とともに歩む
 私たちは、地域社会に根差した活動の中から課題を見出し行動する。積極的な議論と結論の遵守を旨として、健全な党内統治を徹底する。公開・参画・対話を重んじ、広く国民との協働による政策の決定と実行を目指す。
~~~~~~~~~~~~~~~~

 (この項おわり)

 ~~ 富士山を世界文化遺産に ~~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック