あゝとに熱く!丸善をお勧めします(大阪の飲み処と食事どころシリーズ)

 丸善をお勧めします(大阪の飲み処と食事どころシリーズ)

 大阪の最も庶民的な町、通天閣界隈、ジャンンジャン横丁、かの有名な歴史的四天王寺及び天王寺、大阪では知られた天下茶屋(てんがちゃや)近く、もうこの辺で良いであろう。丸善と言う店がある。洋書の本屋さんの丸善ではない。不肖、今唐は10年近く通っているが、安く機嫌よく飲める店である。ちょっとした腹ごしらえもできる。

 朝の10時20分ごろから開く、機嫌の良い「叔母チャン」が鼻歌もまじりで迎えてくれるであろう。「何しましょ」と聞くので、先ず、飲み物を頼む、何でも格安だ。飲まない人は飲み物でなくても良い。お勧めは「うどん」or「そば」であるが、これはホルモンうどんorホルモンそばのことで、秘伝のたれで作ったうどん又はそばにホルモンが添えられている。

 焼きそばも焼きうどんもある。そして、ご飯もメニューには書いてある。

 不肖、今唐は、通常はホルモンうどんと冷奴を頼み、鰹節、しょうが、青ねぎが添えられている冷奴を、うどんの中に入れてしまう。喉頭がん履患者は猫舌になるので、それが、丁度、良い酒の当てになる。今日は泡盛の「大」を頼み、腹いっぱいと上機嫌に納まって、御代は9百なんぼであった。

 また、そうこうしている間に叔母チャンの娘さんらしい別嬪さんが出勤してくるであろう。昨年までは、猫も出迎えてくれていたのだが、どっかにいってしまった。一つの風景であったのに残念である。

 不肖、今唐は叔母チャンにその理由を尋ねてはいないのだ。

 場所であるが、地下鉄御堂筋線で、梅田から動物園前で降り、進行方向のホーム先端の階段を上がり、降りた左がじゃんじゃん横丁で、横丁を抜けたところの左側向かって又左側である。

 または、JR環状線天王寺駅を下り天王寺公園と天王寺動物園の間を進むと、通天閣界隈に到達するので、人の流れに従って進むとじゃんじゃん横丁に至る。今度は、横丁入り口の右側、向かって左側である。

 向かって右側には同じような店があるが、同族の本店であろう。不肖、今唐は入ったことはない。そして、本店の方は休みが多い。

 <ご参考、全部ウイキペディア(抜粋)>

○ 天下茶屋(てんがちゃや)
 *現在の住居表示としては、大阪市西成区天下茶屋・天下茶屋北・天下茶屋東がある。南海電鉄天下茶屋駅の東側に位置する。また、天下茶屋駅周辺ないしは西成区中部~東部を包括的に示す広域地名として使われることもある。
 *天下茶屋の地名は、かつてこの地にあった茶屋の名に由来する。この地は、古代には「天神の森」と呼ばれる鬱蒼とした森の茂った鄙びた土地だった。そこに湧く水の良さに着目して茶室を建て、森を切り開いて道をつけたのが、千利休の師にあたる武野紹鷗だった。以来この地は「紹鷗の森」とも呼ばれるようになった。

○ 天王寺
 *一般的には天王寺駅および南に隣接する大阪阿部野橋駅周辺を指し、ほぼ同じ範囲を阿倍野(あべの)とも呼ぶ。当地を指す場合に天王寺が優勢なのは、駅の開業順や規模のちがい、南へ約500m離れた阿倍野駅との混同を避けるため。もとの集落の位置が天王寺は四天王寺周辺と近いが阿倍野は阿倍王子神社周辺とかなり遠いことなどが考えられる。

 *JR西日本・大阪市営地下鉄の天王寺駅、近鉄の大阪阿部野橋駅、阪堺電気軌道の天王寺駅前駅、路線バス、高速バス(路線バス・高速バスはバスのりばの位置に関係なく、一般に「あべの橋」の名称を使う)が集中するターミナルとなっており、周辺はキタ・ミナミに次ぐ規模の繁華街を形成している。

○ 四天王寺
 *四天王寺は蘇我馬子の法興寺(飛鳥寺)と並び日本における本格的な仏教寺院としては最古のものである。
 
 *文化9年に再建された伽藍は、当時のまま近代まで残っていたが、昭和9年(1934年)の室戸台風で五重塔と中門が倒壊、金堂も大被害を受けた。五重塔は昭和14年(1939年)に再建されるが、昭和20年(1945年)の大阪大空襲で国宝の東大門他伽藍とともに焼失。現存の中心伽藍は昭和32年(1957年)から再建にかかり昭和38年(1963年)に完成したもので、鉄筋コンクリート造であるが、飛鳥建築の様式を再現したもの。

○ 通天閣
 *現在の通天閣は二代目で、1956年(昭和31年)に完成した(初代通天閣については後述)。通天閣観光株式会社(つうてんかくかんこう、Tsutenkaku Kanko Co., Ltd.)により運営されている。避雷針を含めた高さは103m(塔自体の高さは100m)。設計者は、ほぼ同時期にできた名古屋テレビ塔、東京タワーなどを手がけた内藤多仲[4]。

 *1903年(明治36年)に開催された第5回内国勧業博覧会の会場跡地に、パリのエッフェル塔と凱旋門を模した初代通天閣が1912年(明治45年)7月3日にルナパークと共に建設された[5]。

 (この項おわり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック