あゝとに熱く!卒業式の唄その1(文学、ポエムシリーズ)

 卒業式の唄その1(文学、ポエムシリーズ)

昔(むかし)、昔(むかし)の卒業式には、
この唄を歌った。

何も知らない僕や私は、
何から何まで、
先生に教えてもらった。
校長先生、担任の先生、有難う。
これからは、少しは自分で考えて、
もっと沢山、学びます。

学びの目的はなんでしょう。
校長先生、担任の先生、有難う。
これからは、少しは自分で考えて、
みんなの幸せのため、
もっと沢山、学びます。

昔(むかし)、昔(むかし)の卒業式には、
この唄を歌った。


♪仰げば尊し♪
dougatou·87 本の動画、チャンネル登録 632
文部省唱歌
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=ihdres4pgoA
(サンキュウベリマッチ、有難う御座います)

<この唄に対するコメントへの返答>
dougatou 8 か月前
Thank you for comment
It is necessary to know the traditional culture in Japan why children cry.
Because your country is an old state of the history, it may be understood.
Briefly, this is what the master and pupil love can make and is a scene of the graduation of a teacher and the student.

dougatou 8 か月前コメントをいただき、ありがとうございます。
~超訳~
日本には昔から卒業式で歌うこんな良い歌があるのです。簡単に言えば、卒業式での麗しい師弟愛の唄なのです。そのことを理解する必要があるのです。

 (おわり)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ トート

    Excerpt: あゝとに熱く!卒業式の唄その1(文学、ポエムシリーズ) あゝとにあつく!/ウェブリブログ Weblog: プラダ トート racked: 2013-07-07 08:53