あゝとに熱く!馬鹿を言うな、ローソン、新浪剛史社長さん(2)(考察シリーズ)

 馬鹿を言うな、ローソン、新浪剛史社長さん(2)(考察シリーズ)

 昨日の下の記事が誤っていたので読者にお詫びします。

 それは、ローソンの賃上げ率である。3割として記事に書いたが、ローソンが上げたのはたったの3%なのである。実に情けないしケチである。しかも全社員ではない、年齢で限定している。当然だが、パートなどの非正規の雇用は論外であるのだ。

 100円で3円、千円で30円、1万円で300円、10万円で3千円なのです。読者の皆さんん、実に情けないでしょう。

 従って、賃上げ率は誤ったが、記事の論旨は微塵も変わりない。かって、池田元総理は所得倍増と云ったのである。3割どころか10割なのである。そして、見事に実現した。

 なお、余談だが、政治から逃げて金儲けの時代に日本をリードし、今の日本の普通の国ではない状態の一端を担うと言う負の側面はあった。

 <ご参考、ウイキペディア>
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E5%8B%87%E4%BA%BA

○ 大蔵官僚を経て終戦後まもなく政界入りすると、吉田茂の右腕として頭角をあらわし、吉田内閣の外交・安全保障・経済政策に深く関与した。佐藤栄作と並ぶ「吉田学校」の筆頭格である。保守合同後は自民党の宏池会の領袖として一派をなし、1960年に首相に就任した。19世紀生まれの最後の首相である。

首相としては所得倍増計画を打ち出し、日本の高度経済成長の進展に最も大きな役割を果たした政治家である[1]。

今唐注:面白い総理大臣ですから、よければ、読んでください。
 
○ 馬鹿を言うな、ローソン、新浪剛史社長さん(考察シリーズ)
 << 作成日時 : 2013/02/15 11:13 》
http://39383054.at.webry.info/201302/article_21.html

 (この項おわり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック