あゝとに熱く!昭和4年(1929)へのエレジー(文学、ポエムシリーズ)

 昭和4年(1929)へのエレジー(文学、ポエムシリーズ)

大正のデカダンスとロマンスが、先ず、あった。
そして、昭和初期の憂鬱よ。
世界的不況もあって、政治家に対する暗殺もあって、

昭和初期の憂愁よ、叙情よ、ロマンと言ってもいいかも知れない。
そして、歴史は、時代は、重層的だ。

大東亜戦争があって、日本は敗れて、
昭和初期の貧しさや悲嘆に戻ったが。
そして、歴史は、時代は、重層的だ。

かっての敵国と戦う意気を示した若者が居たが、
再び、このような、悲嘆や、エレジーをしみじみ歌う若者もいた。
そして、歴史は、時代は、重層的だ。

昭和初期の憂愁よ、叙情よ、ロマンと言ってもいいかも知れない。
そして、歴史は、時代は、重層的だ。

さあ、今の、このときの若者よ。
しみじみと 昭和4年(1929)へのエレジーを歌い上げるのか。
原子の仔細で緻密な世界へ向かうのか。
宇宙の果てまで遊弋するというのか。
そして、歴史は、時代は、重層的だ。

<赤色エレジー あがた森魚>
○ 言わずと知れたあがた森魚さんの「赤色エレジー」です。
まさに感動の名曲です。作詞・あがた森魚、作曲・八洲秀章。
○ 素晴らしいメロディーです。「甘美な夢想とうっとうしい幻滅、不条理な破局を叙情詩のようなタッチで描いた物語」とのこと。また戦後日本の第一の曲がり角ともいえる60年­代後半から70年代前半の空虚感、徒労感・・・そういった時代感覚を表現しているとのこと。ともかく心に染みいる歌です。
 http://www.youtube.com/watch?v=e-qPwHUJOqA
dogsentobarnardo さんが 2011/06/20 にアップロード (ありがとう御座います)

<別のユーチューブ 赤色エレジー ちあきなおみ>
amegahajimarubasyo さんが 2011/08/11 にアップロード (ありがとう御座います)
*説明はありません。

<グーグルから、 昭和4年(1929)へのエレジーで>

○ 春日野八千代 - Wikipedia ja.wikipedia.org/wiki/春日野八千代 - キャッシュ
*1928年(昭和3年)宝塚音楽歌劇学校(当時、音楽学校と歌劇團は一体である)に入学、翌年の1929年(昭和4年)に「春のを ..... 白き花の悲歌(エレジー)』(1951年・雪組); 『南十字星は輝く』(1951年・雪組); 『虞美人』(1951年・星組、花組)(1955年・星組) ...

○ 古賀政男 - Wikipedia ja.wikipedia.org/wiki/古賀政男 - キャッシュ
*栄典は従四位・勲三等・瑞宝章・紫綬褒章。 ... また、このとき「音楽は和也」の理念が生れた。1929年(昭和4年)6月、明大マンドリン倶楽部の定期演奏会で『影を慕いて』(ワルツ・ ... 戦後の1948年(昭和23年)に近江俊郎が吹込んだ『湯の町エレジー』がヒット。

○ 楠木繁夫 - Wikipediaja.wikipedia.org/wiki/楠木繁夫 - キャッシュ
*退学となった楠木は、1929年(昭和4年)、本名の黒田進で、名古屋にあったツルレコードに「五月音頭」を吹き込みレコード歌手 ... 江の島エレジー」などスクリーンにも活躍するが、折から流行していたヒロポンと呼ばれる覚せい剤の影響で、往年の光彩を失ってい ...

○ 金子光晴 - Wikipediaja.wikipedia.org/wiki/金子光晴 - キャッシュ
*1929年(昭和4年) 上海で風俗画の展覧会を開いて旅費を調達し、香港へ渡る。のちに ... 1949年(昭和24年) 三千代が関節リウマチに罹り、闘病生活を送る。5月に詩集『女たちのエレジー』(創元社)、12月には詩集『鬼の児の唄』(十字屋書店)を刊行。

 (おわり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

景山恒夫
2015年05月09日 07:16
黒田進(楠木繁夫)のツルレコード時代のことが書かれた本が出版されるよようです。『ツルレコード昭和流行歌物語』(人間社/樹林舎)。著者は音楽人物伝で知られる菊池清麿氏。古賀政男と黒田進の関係も興味津津である。
今唐加太朗
2015年11月16日 03:03
ありがとうございます。

この記事へのトラックバック