あゝとに熱く!訳の判らない敦賀原発、規制委員会の調査(1)(考察シリーズ)

 訳の判らない敦賀原発、規制委員会の調査(1)(考察シリーズ)

 ゴルフから帰って、12月11日の産経紙を3回繰り返し読んだ。良く判らない。産経紙の見出しでは「敦賀原発、廃炉の公算」、「活断層「性急」な結論」、「地域経済、破綻する」、との概ね三つの傾向に属するものが並んでいる。

 そして、「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」の得た結論は、福井県庁の石塚安全環境部長の、「何もかもがわからないまま話が進んでいる」、とのコメントと同趣旨のものだ。

 上の趣旨から、不肖、今唐が今回わかった点を、順不動に書き出していく。

○ 国会未同意で、「特例」、によって選出された田中俊一原子力委員会委員長の、「今のままでは再稼動の安全審査はとても出来ない」、との言葉の意味がわからない。この記事のところに、大見出しで、「敦賀原発、廃炉の公算」、があるから判らないのであろう。

 語った内容を素直に受け取れば、未だ調査は済んでいないので、安全かどうかの判断が付かない、との意であろう。それが、何故、「敦賀原発、廃炉の公算」、になるのであろう。意図的な趣旨のすり替えが考慮されるのだ。

 ~~~

 *1967年3月 東北大学原子核工学科を卒業 http://www.nsr.go.jp/nra/gaiyou/profile01.html

 -原子力を専攻しようと思ったのはなぜですか?

 原子力は当時、最先端の科学技術でしたから、工学系の学生にとっては最も魅力的な分野に見えました。
それに加えて、エネルギー問題への関心もありました。「人の歴史はエネルギー利用の歴史」というのを、まさに感じていたんです。日本がエネルギー資源を求めて太平洋戦争を経験し、戦後は炭鉱で多くの犠牲を出す、そういう中で育ちましたからね。
原子力という新しいエネルギーの平和利用が確立できれば、苦しい歴史を繰り返さずにすむのではないか…、そういう思いで原子核工学を専攻しました。
「日本のエネルギー問題」(岩波新書)※は、私の進路選択に大きな影響を与えました。※「日本のエネルギー問題」岩波新書1963年4月 編者:有沢広巳 (残念ながら、現在は絶版)

 ~~~~~

 で委員長は、「地震の地層学者」、ではないようだ。ところで、産経紙の見出しを付けた者が、共産党や社民党と同様の、教条的な「反核平和論者」、であるかも知れないのだ。

○ 島崎規制委員長代理は、「敦賀原発の運転再開は出来ないのか」、との質問に、「現状ではそういうことに至る前の段階だ。田中委員長がそういうことにならない、といわれたので、私もそう思っている」、と記事にあるが、素直に発言内容を読めば、前半と後半は明らかに矛盾している。

 後半部分は田中委員長が前記の内容の発言であれば、再開は出来ない、と言う筈が無いではないか。記事を書いた記者の意図的な、「すり替え」、が考えられる。であるならば、不肖、今唐の独断だが、ここにも、「共産党や社民党と同様の、教条的な「反核平和論者」、であるかも知れない。」、点が考慮される。

 ~~~~

 *「ぼちぼちいこか」  http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3495661.html

 初代委員長には、放射線物理が専門の田中俊一高度情報科学技術研究機構顧問(67)を起用する。規制委の委員は原子力発電所の新たな安全基準を策定し、原発再稼働の適否を判断する重責を担う。政府は原子力事業者などとのしがらみのない実務派をそろえた。20日に国会に提示し、衆参両院で同意を得られれば首相が任命する。
 委員長以外の4人の委員は、
   中村佳代子日本アイソトープ協会プロジェクトチーム主査(62)、
   更田豊志日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究部門副部門長(54)、
   大島賢三・元国連大使(69)、
   島崎邦彦地震予知連絡会会長(66)

 島崎邦彦氏は地震予知という分野の研究者でいらっしゃるようです。今回の地震を予見できなかったことを反省されているようですが、地震は予知できるとお考えなのでしょうか。【島崎氏のHP→http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/nikosh/nikosh.html】石橋克彦先生とつながりがあるという情報を見かけたのですが、どの程度のつながりなのか、私は存じ上げません。

~~~~~

 で、委員長代理も、「地層学者」、ではないようである。だが、もともと、島崎委員長代理は、「特別調査団の団長」、であるから、断層の調査を任されたのであろう、従って、「田中委員長が言っているから」、云々は無責任な話であろう。団長は、こう考えます、と委員長に進言する立場であろう。

 「学術会議」と同様に、委員長代理には失礼かも知れないが、学者さんは良く判らない。

 (つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック