石原幹事長殿の立候補のご挨拶(考察シリーズ)

 石原幹事長殿の立候補のご挨拶(考察シリーズ)

 石原氏は谷垣総裁のやって来た路線を踏襲し具体化していく、のだそうだ。ひねくれ者の「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」は、であるならば本人にさせるのが一番であろうと、考えてしまう。

 会見に並んだ大島副総裁の顔は「なんともいえない良い顔」をしていた。苦渋のような一面が漂っていたからである。不肖、今唐は、「歌舞伎役者のようなのっぺりした顔(役者の諸君、失礼)」、と何時も悪口を書いていた。それは、テレビでは、政局ばかりの発言で嫌気が差していたからである。

 もっとも、TVは自民党の路線や政策には興味がない、からかもしれないが。

 独断と偏見があり、いくつかこのブログで批判したABCテレビの報道ステーション古舘キャスターが自民党の総裁候補に政策を聞いており、昨夜(9月11日)は石原氏であった。どんな路線であろうかと興味があった。

 完全なものではないが、下に示すのでご参考にして下さい。恐らく、ユーチューブで紹介されているであろうから、読者はそちらでご確認下さい。

○ 「長老支配」等はありえない、「長老」の意見は参考にするべきだ。悪いことではない。
 
 *例によって、参議院の山本太一氏が、「長老は引っ込め」、旨三角の目の貧相な顔で叫んでいた。このような、下らないパホーマンスばかりするから、いよいよ貧相な顔になってしまうのである。

○ 原発は3年間止めておく、但し、「規制委員会」が判断するから「大飯」は動かしておく。
 
 *全ての原発を3年間止めるのであれば、仮にの話だが、総裁になり総理になった際は直ぐ止めるのが筋であろう。完全な論理矛盾である。確か、本人は政調会長もやっていた筈だが、自民党はソンナ考えなのであろうか。おそらく、個人的意見であろうが。
アホらしい。原発推進派の不肖、今唐は精も根も尽き果てる。

○ 尖閣については山東さんを通じ「長男の方」とは知り合いである。政府に売ってしまったが、「平和利用すると中国に説明し、灯台などを作る」そうである。また、中国は攻めて来ない、そうである。
 
 *見事に、やり遂げてほしい。日本人の旅行者がスパイ容疑で捕まることが考えられるが、その際は、見事な決断をお願いしたいものである。中国にいる国民の皆さんも死刑になる覚悟をしておいて下さい。冗談ではありません。国民全体での覚悟が必要です。このさいこの覚悟で乗り切り、結着をつけるが、不肖、今唐の意見である。

○ 慰安婦問題の河野談話は、見直す方向で検討する。
 
 *検討ではなく、必ず、見直してください。不肖、今唐は親子共々日本の国益にならない人物である、と考えています。

○ 消費税のアップについては10%になっても、社会福祉で4兆円不足する。国民会議で不足分を検討する。尊厳死も認めるべきである。 その他。

 さて、さて、投票結果はどうなることでしょうか、興味深々である。

 (この項終わり)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック