あゝとに熱く!真面目なゴルフ日記(122~124)(日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(122~124)(日記シリーズ)

 明日(5月24日)はゴルフだ。書くことを飛ばしたゴルフ日記の3回について思い出しながら明日の参考にすべき点を書き出しておこう。

 一つ、左足上がりの斜面でのショットでルーテーンや素振りをせず、ダフってしまった。
 
 二つ、グリーン周りからの転がしで2回も失敗して3回でやっとグリーンに上がったことがあった。

 これは、クラブを8番しか持っていなかったので、長い芝であったのに、通常の、つまり、下の固い転がし方法を頑なにとったことである。すなわち、左足重心、左ひじ伸ばし右手で横から払うようにして転がす方法を取った結果である。

 このような場合、ロフト角が浅いがふわっと掬ったらよかったのである。

 <ご参考>
 http://allabout.co.jp/gm/gc/213152/

○ ロフト角・ライ角
 クラブのソールとフェースが形作る角度がロフト角。ソールとシャフトが形作る角度がライ角。ロフト角は弾道の高さにもっとも影響を及ぼす。平均的な男性ゴルファーのドライバーのロフトは10~11度。距離を打ち分けるアイアンでも重要な要素。

 三つ、アプローチでフェースが開いたままヒットしたのであろう、見事に右に飛び出してしまった。これは、ボールの位置が右過ぎたか、左手の返しが無かったのであろう。

 四つ、基本として、ルーテーンはしっかりする(取る)、右に一杯ひねる、ボールから目を離さない、右ひじを体側に下ろし、左手を開いて振り抜く。

 である。

 明日は、箕面ゴルフ倶楽部、癌罹患者のK会コンペである、6組、我輩のハンデ29、乞うご期待。

 (この項おわり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック