あゝとに熱く!橋下前知事おめでとう(考察シリーズ)

 橋下前知事おめでとう(考察シリーズ)

 大阪の人々、特に、無党派層は立派だった。「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」は少し心配になって午後7時頃知事選の方だが投票を済ませた。

 NHKは開票も行なわれないうちに、ご両人の当選確実を打った。投票率が高いという報道もあり安心はしていたが、御両名とも当選でやれやれであった。

 この日本や大阪における「政治的閉塞状況」を打開するための一つの起爆剤になって欲しいと思う。「維新の会」に投票した人々は、皆さんそう思っている筈だ。時代の趨勢、必然である。

 東京についで、2番であった大阪が、また、古代からの歴史と伝統のある大阪が、いつの間にか地盤沈下してしまい、神奈川や愛知の後塵を拝するようになってしまったのである。

 また、これは既成政党に対する批判票でもある、と云っても良いのだ。石原都知事やみんなの党の渡辺さんや宮崎県の前知事も応援に駆けつけたようである。

 私が心配になった理由だが、石原東京都知事が言っていたが、橋下前知事の出自についてメデイアのパッシングがあったそうだし、「独裁だ、独裁だ」と私の友人までもが言うからだった。どこが悪い、と聞くと理由は「独裁だ」と云うのである。

 仮に、「独裁」であっても、一つの政治形態なのである。決して全否定されるものではない。別の意味では、「決断の政治」と言い換えることも出来よう。

 教育条例については、ちょこっと調べたが、根幹においては大賛成であった。「日教組」や「共産党」が躍起になって反対する筈である、との結論だった。独裁との件については、知事自身がいや市長自身が、「徹底的に議論した」と語っていて、不肖、今唐も随分前の話だが大阪府庁で2年間仕事をした経験もあって、府庁の優秀な若手職員がはせ参じた筈だと確信している。

 市長は「大阪都政」はこれから細部の制度設計の検討に入る、と語っている。何よりも、朝鮮半島や中国大陸の玄関口であった大阪に、「維新の会」の新しい御両人が選出されたことは、大阪に日本の要として、新しい希望が芽生えていくような気がするのである。

 皆さんこれから、御両人をよくよく見ていくようにしましょう。私のブログの「関西限定シリーズ」は、今日から廃止することにしました。

 (この項おわり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック