少子化対策について(考察シリーズ)

少子化対策について(考察シリーズ)

 今日は5月5日、子供の日である。学者でもない、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗が少子化対策について考察する。

 不肖、今唐加太朗の散歩コースに「ラブホテル」街がある。盛況である。昼間から駐車場に入っていく車を見る度にうらやましくもある。

 日本民族は相当に「好き者」であると思う。

 さて、国の内閣府には、「少子化対策室」があり、平成15年に定められた少子化社会対策基本法に基づき、国の基本施策として、少子化社会対策大綱(平成16年6月、閣議決定)も定められている。

 その中で、少子化については

○ 核家族化や都市化による家庭の養育力の低下、

○ 親族や近隣から得られていた支援や知恵が得られにくいという 育児の孤立、育児の負担感が大きいこと

○ 家庭生活との両立が困難な職場の在り方

○ 結婚や家族に関する意識の変化

○ 若年失業の増大など若者の社会的自立を難しくしている社会経済状況       
 
 といった問題が指摘されている、としている。

 国の方でも、ぼちぼちとその対策をすすめてはいる。出生率は、平成18年には僅かに増加をしたが、19年にはまた、前年比では減っている。対策は、急がねばならない。

 「平成21年版の少子化白書」でも指摘しているが、日本では、未婚、晩婚化が進んでおり、不肖、今唐加太朗はこれが一番の原因であると考える。

 何故ならば、日本民族は「好き者」であるからだ。

例えば、不肖、今唐加太朗的に例示するが、暴走族であった少年などが、20歳前にギャラリーであった少女と結婚したような場合、たくましく、2.3人の子供を立派に育てるのである。

 要は、若い者をどんどん結婚させなければならないのである。そのための金を使わなければならないのである。

例によって調べることを途中で止めたが、合計特殊出生率に使う、年齢、15歳から49歳までの女性の「結婚している世帯」の子供について世界比較をすれば相当いい線をいくものと考える。

 学者でもなく、文章を売ってもいない、不肖、今唐加太朗は、後期高齢者の医療費の1割負担をたたきまくった「馬鹿な豚野郎のメデイア」であるが、今回、特に、お願いしたい。

○ 未婚の女性を「アラフォー」とか称して、もてはやしてはならない。たんたんと扱えばよい。

○ 若い男女に、性に対する正しい考え方、楽しんでもいいのだが、根底には生殖という作用があることを認識させなければならない。
 
○ 「性同一障害者」をことさらもてはやす必要はない、たんたんと扱えばよい。

○ 後期高齢者の制度設計をたたきまくった勢いで、少子化対策に、予算を重点的に配分するようキャンペーンをするべきである。

 今度は、丁寧に形容詞を付けるが「金髪でない馬鹿な豚野郎の放送メデイア」は、ここ2,3日は、年金の納付率にからんで、民主党のお先棒を担ぎ、「平均月収の50パーセント支給」が出来なくなるから「若者は、収める気がしないのだ」と大騒ぎした。

 そうではなくて、収められる者は、収めるよう説得するのが、真っ当うな報道のあり方であろう。

 この問題は、年金にもからむが、年金どころの話しではないのだ。

 北欧のような小さな国家として生きるか、ある程度の大きさを保つ国家にするのかの問題である。

 そして、アメリカも絡んでくる。アメリカと言う国は、利己の国でもあり、必然的に大きなパイとなる中国を志向する。

 大東亜戦争前夜の状況を見れば分かるはずである。日本が中国から一方的に利益を得ることを許せなかったのである。

 小さな国家となれば、アメリカは中国を向き、日本は、中華の国、中国に飲みこまれるであろう。(この項終わり)
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック