テーマ:特別法の設置

大阪の女児誘拐事件の容疑者の処罰について。

 大阪の女児(6年生)の誘拐及び監禁事件については、元々、栃木県の容疑者宅には、先に誘拐されていた15歳の少女がいたのである。そして、話し相手になって欲しいとのラインでの巧言に誘われて、女児は450キロもの距離を移動して誘拐されるに至ったのである。  容疑者の自称、派遣社員伊藤仁士容疑者(35歳)は人付き合いもなく孤立していたようだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more