テーマ:日韓関係

日韓関係の悪化の本質的部分とその解決についての作家佐藤雄氏の一つの提案。

 結論部分から先に述べておこう。元外務官僚分析官、今は作家と称しているが、佐藤雄氏が産経紙(9月15日、大阪版)で述べているが、それは、地政学的に見ると、韓国(北を含む)が反日、排除的な態度を取る原因は、大陸的国家であろとともに海洋国家であるからだそうである。  つまりは、プーチンのロシアとまでは書いていないが、中国の後見を見ているか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の文大統領は腰折れか、日本は予定通りの対策、方針を着々と進めるべきだ。

 一部の有識者や専門家などは韓国との首脳会談を設定すべきと提案しているが、何故なのか理由がよく判らないが、韓国と言う国は政権が変わる度(たび)に同じことを繰り返すので、今の、現状を淡々と進めるだけで良いと考えるが如何であろうか。  また、「北朝鮮(金正恩委員長)」も米韓軍事訓練への牽制とトランプ大統領との首脳会談の再設定の要望があるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の朴大統領と言う人物の「様々な本質部分」について語っていこう。

 学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎の日常生活においてテレビの視聴は相当大きな比重を占めている。その中で、最も、と言っても良いが、欠かせない番組はBSフジ(8チャンネル)の「プレミアムニュース」である。  昨夜(8月7日)は櫻井よし子女史が、ただ一人、専属での出演であった。櫻井よしこ女史は日本で最も重要な保守的、進歩的、評論家と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国に負けてはならない、NHKのBS放送の海外放送が伝えたが、韓国の文大統領が宣戦を布告した。

 少し、センセーショナルな表現を題名に使ったが、先ほど、NHKの海外放送が伝えた。韓国の文大統領が閣議で「決して日本に負けない」旨表明したそうだ。当然だが、決して、日本も韓国に負けてはならないのだ。  このブログでは、当初から、北朝鮮は核装備を捨てる筈もない、と書いてきた。推測だが、文大統領もそう考えてもいるかも知れないのだ。北朝鮮は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の「輸出管理強化」について韓国の文大統領が執拗な抗議、真意はなんであろうか

 今回の輸出管理強化について、産経新聞社とフジネットワークニュースの合同による世論調査だが、日本政府を支持するが70,7%となり、韓国が信頼できる国かについては、信頼出来ないが74、7%となったそうである。  「ホワイト国」の指定の解除などについての詳しい状況を承知はしていないと考えるが、一般的な「国民感情」としてはうなずける。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山元総理のバカ発言、日韓関係は好転する筈もない、(ツイッター風ブログ)

 日本と韓国とはどちらが伝統と文化を大事にする国であろうか、日本の文化の源泉であると言っても良い中国に近い方は韓国だし、日本には明治維新があるが韓国にはなさそうであるし、言って見ればどっちもどっちで、いい勝負なのかもしれない。  だが、一応は、どちらも民主主義国家であると言っても良いが、民族性と言う意味においては、随分に違いがある…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

韓国大統領文在寅の悲しい性(さが)あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

韓国大統領文在寅の悲しい性(さが)あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)  一つ、訪米した韓国大統領の文在寅氏は高高度ミサイル、THAADについて環境調査をしたいと述べたようだ。これは中国に対する性(さが)だ。ミサイルに対する環境調査とは「排ガス」なのであろうか、調べないが。  二つ、また、文在寅大統領は朝鮮戦…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日韓通貨スワップ再開か?(経済のことが解らないシリーズ)

日韓通貨スワップ再開か?(経済のことが解らないシリーズ)  1月14日の産経紙が伝えてくれた。日韓が相互に通貨を融通しあう「通貨スワップ」を再開する機運があるそうである。  日韓では平成13年にこの協定が開始されたが、平成24年には当時の李英明大統領が日韓で領有に争いのある竹島のちょっとした岸によじ登り、不肖今唐は、滑り落ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more