テーマ:社会

あゝとに熱く!交通取締りをするな、国家公安委員長のバカ発言(考察シリーズ)

 交通取締りをするな、国家公安委員長のバカ発言(考察シリーズ)  どんぐり目玉の品格があるとは感じられない国家公安委員会委員長の古谷さんが、突然、取り締まりはしなくて良い、と言い出した。何か理由があるのであろうか。学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗は思いつかない。交通事故は増えているのであろうか。今の取締…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!ひどい橋下大阪市長叩き、時事放談(考察シリーズ)

 ひどい橋下大阪市長叩き、時事放談(考察シリーズ)  5月19日の時事放談は酷いものであった。学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗は1、2年前この番組は女性のアナウサーと紹介されているのだが、彼女が番組を作っているのだろう、と書いたことがある。  番組の最初の「案内文」などは女性のものだと思ったからだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!少子化対策、不妊治療補助について(考察シリーズ)

 少子化対策、不妊治療補助について(考察シリーズ)  不妊治療にまで、「税金の補助」、が出ていたことを今回の廃止、減額の騒動で知った。どう転ぶのか知らないが、学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗の結論は、「出す必要はない」、である。  その理由は、恐らく少子化対策のための補助であろうからだ。少子化対策…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!天皇陛下万歳、「主権回復の日」で(考察シリーズ)

 天皇陛下万歳、「主権回復の日」で(考察シリーズ)  「主権回復の日」で天皇、皇后両陛下が退席されるとき、「天皇陛下万歳」が叫ばれて安倍総理も万歳をした、旨のTV報道があった。学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗は、アッ、安倍政権は大したものであるな、と思っていた。  ところが、式次第にはなく、会場か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!栄光のレインボー会の川柳駄作集(日記シリーズ、レインボー会の例会)

 栄光のレインボー会の川柳駄作集(日記シリーズ、レインボー会の例会)  昨日(4月25日)、栄光のレインボー会の例会でした。雨は無く緑には少し早いのですが、日も照って最高の例会でした。色々、読者各位にお伝えしたいこともあるのですが、ここでは川柳だけを紹介しておきます。  公園の桜は、散ったのですが、次は見事な五月(さつき)が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!「家で親を看取る」NHKのナイス番組(提言シリーズ)

 「家で親を看取る」NHKのナイス番組(提言シリーズ)  上の番組を2回見た。今日(4月24日)で2回目である。良い番組であった。学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗の見立てでは、父親は食道がんであったのではなかろうか。娘に、もういいよ、と言い、有難う、と語った、との場面を見て、喉頭癌罹患者の不肖今唐はそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!ボストン、テロのイスラムの悪しき兄弟(2)(文学シリーズ、ショート)

 ボストン、テロのイスラムの悪しき兄弟(2)(文学シリーズ、ショート)  間もなく、明日になるが、今日、ゴルフに行って来た。成績は悪かったが、理由が二つある。一つはブログの記事の内容が中途半端であることを気にかけていたこと、二つはゴルフの飛ばす基本である右へ一杯捻っていなかったこと、つまり、右での貯めがなかったことだ。このことには…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あゝとに熱く!イスラムの悪しき兄弟(文学シリーズ、ショート)

 イスラムの悪しき兄弟(文学シリーズ、ショート)  イスラムと言ってもペルシャとアラブとは違うように思う。日本人にとってはペルシャの方が昔交流もあって姿などもすぐに想像が出来る。今回のボストンのテロはチェチェンの人であるから、トルコ、ペルシャの方で良いのだろう。  チェチェンと言えば、共産主義、ソ連邦のスターリンによる強制移…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あゝとに熱く!沖縄、朝日など馬鹿な大反対、「主権回復の日」、について(考察シリーズ)

 沖縄、朝日など馬鹿な大反対、「主権回復の日」、について(考察シリーズ)  今、BS朝日の激論クロスファイアーを見ていて、腹が立ったのでこの記事を書いている。テレビで田原氏が天皇、天皇と天皇陛下を呼び捨てにしているからである。元々、品性はなく、常識もない男であるから、当たり前だといえば、当たり前だから、腹を立てる方が間違っているか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!S氏の日常、日帰り旅行での出来事、(文学シリーズ、ショート)

 S氏の日常、日帰り旅行での出来事、(文学シリーズ、ショート)   テーマ;日本人の素晴らしさと平民の下らなさ。 <起章>  S氏は身体障害者である。65歳の時に喉頭癌が見つかり喉頭の摘出手術を受け、喋れなくなったからだ。それで、喋れない喉摘者の組織であるH会にS氏は入っており、H会ではそれぞれ年に一回の日帰り旅行と一泊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!橋下大阪市長の毀誉褒貶(きよほうへん)的行為(考察シリーズ)

 橋下大阪市長の毀誉褒貶(きよほうへん)的行為(考察シリーズ)  我が愛すべき言いたい放題小僧の橋下市長が、府労働委員会の不当労働行為との判定について、一旦、承諾の意を表明したが、市の労働組合連合会や雇われ弁護士のコメントに腹を立てたとして、そう理由付けて、中央労働委員会に不服申し立てすることとしたようである。  市長はアン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!卒業式に歌う唄その2(文学、ポエムシリーズ)

 卒業式に歌う唄その2(文学、ポエムシリーズ) 何も戦争をしようと云うのではない。 人は生まれ、育ち、集い、学び 必然に、別れのときが来る この別れを、大事に 永久(とわ)の真理へと旅たつ 何も戦争をしようと云うのではない。 人は、父母が居て、生まれ来て 家庭があって、郷土があって 今、人はここにある、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!卒業式の唄その1(文学、ポエムシリーズ)

 卒業式の唄その1(文学、ポエムシリーズ) 昔(むかし)、昔(むかし)の卒業式には、 この唄を歌った。 何も知らない僕や私は、 何から何まで、 先生に教えてもらった。 校長先生、担任の先生、有難う。 これからは、少しは自分で考えて、 もっと沢山、学びます。 学びの目的はなんでしょう。 校長先生、担任の先生…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!安倍総理は道州制の「州都」の建設に着手せよ(3)(考察シリーズ)

 安倍総理は道州制の「州都」の建設に着手せよ(3)(考察シリーズ)  (2)からの続きです。「国土強靭化計画法案」は4つの項目に分かれているが、ここで直接に関係あるのは、項目の1であるからそれを簡単に説明しよう。そして、項目の1は下に示しました。  安倍総理は道州制の「州都」の建設に着手せよ(2)(考察シリーズ)   &…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!東日本大震災(過酷事故)、日本人は反省しているのか(考察シリーズ)

 東日本大震災(過酷事故)、日本人は反省しているのか(考察シリーズ)  確か、「天罰だ」、といって、一部の、昭和の偉大な噺家、林家三平師匠の愛嬢泰葉さんのキャッチコピーをもじったが「金髪でない馬鹿な豚野郎」のメデイアからパッシングを受けたのは石原維新代表であった。  一流であるかどうか読んだことがないので判らないが、文学者で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!安倍総理は道州制の「州都」の建設に着手せよ(2)(考察シリーズ)

 安倍総理は道州制の「州都」の建設に着手せよ(2)(考察シリーズ)  美しい弓状列島の日本の再活性を図るためには、先ず、道州制における州都の構想や実験的建設の着手などを図るべき、と下の記事で書いた。さらに、敷衍すると、今や時間は余りなく、折角、アベノミクスの中で動きつつある国土強靭化計画の中に、明確に上の意図を盛り込んで欲しい、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!安倍総理は道州制の「州都」の建設に着手せよ(考察シリーズ)

 安倍総理は道州制の「州都」の建設に着手せよ(考察シリーズ)  日本が持続的な成長、実質経済の拡大を図るためには、「廃県置洲」、しかないと下の記事で書いた。そして、このことによるイノベーションが実質的な経済成長に繋がる、が今回の記事のテーマだ。 日本の成長戦略(経済のことが解らないシリーズ) << 作成日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!アベノミクス、専門馬鹿(経済のことが判らないシリーズ)

 アベノミクス、専門馬鹿(経済のことが判らないシリーズ)  不肖、今唐は経済は全く素人である。学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗と称しているが、特に、経済は素人である。約10年前に株をやろうと思って例によって集中的に経済と言うよりは株の本を買い込んで読み捲くったことはある。そして、半世紀前には司法試験を独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!アベノミクスも進化しないとデフレは解消しない(経済のことが判らないシリーズ)

 アベノミクスも進化しないとデフレは解消しない(経済のことが判らないシリーズ)  大阪の地方銀行の池田泉州銀行がセミナーを開設した。中堅、中小企業の府内の約150人(ママ)が集ったと、2月3日の産経紙が伝えている。中国を除いたミャンマー、インドネシア、タイ及びベトナムへの進出について3段階のセミナーを開設し、最後は現地視察を行なう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!丸善をお勧めします(大阪の飲み処と食事どころシリーズ)

 丸善をお勧めします(大阪の飲み処と食事どころシリーズ)  大阪の最も庶民的な町、通天閣界隈、ジャンンジャン横丁、かの有名な歴史的四天王寺及び天王寺、大阪では知られた天下茶屋(てんがちゃや)近く、もうこの辺で良いであろう。丸善と言う店がある。洋書の本屋さんの丸善ではない。不肖、今唐は10年近く通っているが、安く機嫌よく飲める店であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!TPPに参加すればどうなる(2)(考察シリーズ)

 TPPに参加すればどうなる(2)(考察シリーズ)  何日かのBSフジ、プライムニュース(番組の前半)が下の記事の、「農業のドン」、を呼んでいた。 TPPに参加すればどうなる(考察シリーズ) < 作成日時 : 2013/02/25 04:35 >>  http://39383054.at.w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱小であるが、ソーシャルメディアを担う者としての宣言

 弱小であるが、ソーシャルメディアを担う者としての宣言 一つ、基本的立ち位置は、学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗としての発言である。  (一) 日本は進んだ、素晴らしい歴史や文化を持った国である、と最近はつくづく思う。  (二) 引き続き、(一)のような国として、進んで行くべきだと考える。  (三…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!リクルート江副氏死去、駄目な放送メデイア(考察シリーズ)

 リクルート江副氏死去、駄目な放送メデイア(考察シリーズ)  平成の時代を象徴するリクルートの江副氏がお亡くなりになった。  就職、求職に特化した「広告業(ある意味グレーゾーン)」から出発し、リゾート開発業や「金融業」にまで手を広げ、最後は贈賄罪で起訴され長い裁判期間を経て、最後は執行猶予付きの有罪判決を受けた。だが、平成の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!予算委員会での一つの変化(考察シリーズ)

 予算委員会での一つの変化(考察シリーズ)  未だ予算委員会の国会中継を見ている。予算委員会に一つの新たな流れが出来た。乱暴に言えば、市町村議会が国会の予算委員会に移ったということだ。今日は、朝から、元横浜市長の中田さんから始まり、今、6人目の、「元首長連中」、が質問を続けている。  非常に、良いことでは無かろうか。如何に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喧嘩小僧、橋下大阪市長お見事(2)(考察シリーズ)

喧嘩小僧、橋下大阪市長お見事(2)(考察シリーズ) この件についての記事は2回目である。 実は今、入院中で、その前に、急遽、携帯電話でブログへの投稿方法を調べて書いているので何かと不便で、PCでさえ変換誤りなどが多いのに、不細工な記事になっていることだろうと読者にお詫びしておきます。 では、前の記事と同様のスタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベノミクスは成功するか(考察シリーズ)

アベノミクスは成功するか(考察シリーズ) インフレ2%目標は、どうやら日銀と政府が合意し日本国の目標とされるようだ。 これは、アベノミクスの金融緩和とデフレ対策への一つの手だてなのであろう。 そこで、果たして2%が達成出来るかどうかなどについて考えてみる。 幸い、1月20日産経紙オピニオンで田村編集委員が書いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喧嘩小僧、橋下大阪市長お見事(考察シリーズ)

喧嘩小僧、橋下大阪市長お見事(考察シリーズ) 山梨県人にして、学者でもなく文章を売ってもいない、今や、大阪人の今唐加太朗が桜ノ宮高校の問題を考察する。 例によって、問題点を整理する。 一つ、大阪府の公務員は、「ぼん」が多い、と思います。ぼんとは大店のお坊ちゃんのことです。 ここで言う公務員とは普通の公務員のこと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本を取り戻す、アルジェリア人質事件(考察シリーズ)

日本を取り戻す、アルジェリア人質事件(考察シリーズ) 安倍総理が初めての外遊にベトナム、タイなどの東アジア三国を選定したことにはなんの異存もない。 ところで、総裁選から衆議院選に引き継がれた自民党のスロ-ガンは「日本を取り戻す」であった。 学者でもなく文章を売ってもいない市井人の不詳今唐加太朗には、総裁着任から衆議院選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労働力不足は本当か(考察シリ-ズ)

労働力不足は本当か(考察シリ-ズ) 金融緩和や補正予算を組み公共工事で必要なものと言ったところで、労働力が不足しているので、こなすことは出来ない、とバ-ジの古賀さんがTVで語った。 古賀さんとは、大阪府市統合本部の古賀さんであり、バ-ジとは学者でもなく文章を売ってもいない市井人の不詳今唐の独断だが、このブログを詳細に読んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪教委、橋下市長の軍門に降る(考察シリーズ)

大阪教委、橋下市長の軍門に降る(考察シリーズ) 桜ヶ丘高校の「暴行による自殺事件」によって「大阪市教委」は言いたい放題小僧の橋下市長の軍門に降った。 「大阪市教委」は、なにかと市長に立てついていたし、学者でもなく文章を売ってもいない市井人の不詳今唐加太朗は「大阪市教委」などの不要論者である。 第一、「大阪市教委」は民間…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more