テーマ:野党の体質

西日本豪雨災害の復旧を急ぐ中での野党の「政局主義」(ツイッター風ブログ)

 今回の西日本豪雨災害については、「日本の自然」が反省しろ、と国や地方自治体、ひいては住民にも問いかけたようにも思う。素直にその声を聴くべきではなかろうか。  安倍総理も予定されていた外遊は取り止め、国会についても、集中審議の実施や延長もされた。     さて、与党はIR法案や参議院の6増合区等の法案について、今国会で成立を図…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

相手にしない党、共産党などの野党について(ツイッター風ブログ)

 どうでも良いことであるから調べないが、今でも「解放同盟地区」は存在しているのであろうか。昔、逆差別であることが問題になり、様々な特典が廃止された経緯がある。  例えば、「解放同盟地区」には役員が拠点とする開放会館があり、住民が住む専用住宅までも備えられていた。共産党を語るについてはこのことを外すことは出来ないであろう。つまり、共…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

加計学園などの文書が新たに見つかったそうだ、だが問題の本質に変わりはない(ツイッター風ブログ)

 加計学園、瑕疵担保をチラつかせ、詐欺などで拘留されている籠池夫妻の森友文書、自衛隊の日報文書がそれぞれ、何千ページもの膨大な量が段ボールに詰められ開示された。  そして、当初の段階だが、印象に残っているのは愛媛県の中村知事が、それだけだのことだ、と語り、論評をしなかったことだ。  但し、立憲民進党の福山幹事長と辻元国体委員…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more