テーマ:世界平和

中国はいつ、我が友邦になるか、期待しているし、待ち遠しい。

 中国には、幸いなことに、同じ「共産主義独裁国家」ではあるが、北朝鮮と違い、相当進んでいるのであろう粛清はないようだ。その証拠に70周年「建国記念日」には、「開放経済」を唱えた江沢民と胡錦涛もきちんと出席しているのだ。  そこに、僅(わず)かではあるが希望を見る。  近代にに入り、長い長い間、日本は、中国が巨大な経済国になるまで韓国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとにあつく!トランプ大統領の一面、偉大なアメリカ(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

あゝとにあつく!トランプ大統領の一面、偉大なアメリカ(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)  「トランプの売り」はアメリカファーストと偉大なアメリカが対であった筈である。なにも、驚くに当たらない。防衛費も増額した。不勉強なコメンテーターは驚いているが。  中国の習金平主席が訪米中に化学兵器(サリン)をシリアが使ったので、米国の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとにあつく!NHKナイス久しぶりの見事な番組、アメリカが原爆投下した理由(考察シリーズ、ブログ)

あゝとにあつく!NHKナイス久しぶりの見事な番組、アメリカが原爆投下した理由(考察シリーズ、ブログ)  どうせ、NHKだからと批判するつもりで番組を観ていた。正確な番組名は覚えていないが、アメリカが日本に何故、原爆を投下したかを追及した番組で、放送日は、確か、1月14日であった筈である。  番組での曲者はアメリカの「社会学者…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more