テーマ:移民問題

イギリスのジョンソン首相は何をしたいのか、無条件での、独立国イギリスの確立なのだろうか。

 メイ前首相の時も判らなかったが、今回の時も判らない。  今は、経済でも、政治でも、「グローバルの時代」である。つまり、世界は、協力しなければならないのだ。それなのに、品のない声で訳の分からない総辞職による解散を狙って、すぐEUから離脱したいようなのだ。何故、そうする必要があるのか判らないのだ。  そして、舞台は上院に移った。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人不足」対策をどうするか、緊急の重要対策である(ツイッター風ブログ)

 人不足は、移民に必然的に結びつく。つまりは、子だくさんの家庭が、昔は当たり前であったが、それが「少子高齢化」社会になってしまったからである。  そして、単純思考と笑われそうだが、日本国は大きな国から小さな国に成り果ててしまう恐れがある。北欧のスエーデンやオランダのような国となるのである。少し寂しい気がするがどうであろうか。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

人口減少社会への提言、人手不足は深刻である(ツイッター風ブログ)

 人口減少社会の「推進体制」については、読者は下の記事を参考にして下さい。ここでは、産経紙(10月24日)が、その「動態」の概要を伝えてくれたので、ご紹介します。  結論から先に示しておきますが。2030年には644万人が不足してしまう、サービス産業では400万人、医療、福祉187万人、その他57万人となる、とパーソル総研などが分…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

人口減少社会への提言、前日銀総裁白川氏の提言(ツイッター風ブログ)

 白川氏の提言の要旨は、「日本の経済政策」については、現在の2%目標の「金融緩和政策」では、つまり、アベノミクスでは達成出来ず、「人口減少に経済社会が対応していないこと」にあると提言しているのである。  現在、厚生労働省が検討している筈だがどうなっているのであろうか。対策の一つに「専属の行政組織」を作ることもあった筈であるが、この…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more