テーマ:賠償請求

強制不妊、国を一斉提訴、訳の分かった親の立場ではどうする(ツイッター風ブログ)

 ナチスドイツの断種法の考え方を取り入れたという国民優生法が昭和23年から平成8年まで存在した。廃止に至る経緯については、超党派の議連や旧社会党なども役割を担ったようである。  また、この法律によって不妊手術を受けた北海道、宮城及び東京の70代の男女3人が、この17日、憲法の自己決定権に反し救済も受けられなかった、と国に損害賠償を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more