テーマ:国の在り方

萩生田文部科学大臣は、即刻、辞任すべきだ、但し自身が大学入試に民間企業の「英検」を採用したのであれば。(追記)

 題名で書いた記事について、思うことを追記させて下さい。  一つ、大学入試に民間事業者の「英検テスト」を採用することは、するべきでないと思ったがそうでもないのだ。何故なら、そう出来ない保護者は、子供を説得するなどして大学に行かせなければ良いからだ。  二つ、つまり、馬鹿でもチョンでも大学に行かせる必要はサラサラ無いのである。  三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の文大統領の新しい申し出(親書)については厳正に対処せよ。

 即位礼正殿の儀に伴い来日した韓国の李首相が文大統領の「親書」を持参した。親書の内容については明らかにされていないが、安倍総理は妥協することなく厳正に対処して欲しい。  また、チェ法務相の辞任の際、文政権がことごとく反日態度を取り続けることの理由について、大意、韓国(北朝鮮)には明治維新がなく「部族主義」に陥っているからだ、とこのブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「即位礼正殿の儀」は、日本の伝統と文化の誇りを示したものだ。

 日本の皇室の在り方も幾度か変遷があった。先の大戦において、日本は決定的な敗北に塗(まみ)れ、「アメリカからの押し付け憲法」の恥辱の中ではあるが、また、このことを後生大事にする勢力は後を絶たないものの、即位正殿の儀は見事に執り行われた。  また、台風19号の大きなダメージの中においても、日本の伝統と文化の力はりりしく輝いた。  日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国(朝鮮半島)には「明治維新」が無かった、つまりは近代化を成し遂げてはおらず、「部族主義」なのだ。

 韓国の「玉ねぎ男」と揶揄(やゆ)されたチョ法務大臣が辞任したようだ。どうやら、検察庁のギシギシした攻めに音(ね)を上げたようようなのだ。  韓国の文政権は裁判所は押さえたようだが、検察庁、法務省については、失敗したようなのだ。そして、題名にその理由を書いた。  実務の検察庁の検事総長は、文大統領が任命したのだが、うっかり間違ってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港は何故あれ続けるのか、中国の真意と一国2制度の問題。

 中国人民共和国「共産党独裁政権(毛沢東政権)」、そして、近年強化したが、習近平共産党独裁政権は、今年、建国70周年を迎えた。そのパレードは見事と言っても良く、強大で、武器などの行進もあって統制が取れ、力を誇示するものであった。  その中にあって、確か、習近平主席は「一国2制度」は維持すると言明した。  また、第二次世界大戦と併せた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西電力の不祥事部門(個人)の「事件化」は、是非、行うべきである。

 事件化の難しいことは解っている。社会的通念では、物、つまり金でもあるが、は普通のやり取りでもよくあることだから、罪刑法定主義と言って、あらかじめ刑法や特別に法律などで定められていることが求められるのである。  関西電力のこの場合には、刑法では、収賄罪と背任罪に分けられる。また、元々の発端は金融庁の調査から開始されているのだ。  収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の防衛力は矢張り一流だ。凄(すご)い。久しぶりに一泊旅行で浜松広報館(航空自衛隊)に行って来た。

 先ず、憲法改正についてついて触れておこう。9条については、是非とも、触れておかなければならない。安倍内閣によって、やっと集団自衛権が法制化された。安倍総理の大きな功績と言って良い。不自由だけれど、当分は、これでも我慢できる。  次に、その理由を述べておく。  日本が大東亜戦争(文科省によれば、馬鹿みたいな、太平洋戦争)を始めたのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中東情勢が緊迫しているようだ、安倍総理大丈夫か、有志連合はどうする。

 米国はサウジアラビアに軍を増派し、アラブ首長国連合(UAE)には兵器供与をするようだ。どうも、サウジアラビアをミサイルやドローンで攻撃したのはリビアからではなかったようだ。そして、エスパー国防長官は、全く防衛的なものである、と説明したが、サウジアラビアに備えていた防空システムが機能しなかったことには危惧を示したそうだ。  さて、安倍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪湾に福島原発処理水の放流あり得る、松井大坂市長、吉村大坂知事が表明、小泉環境相が意見を聞きたい。

 東電役員3氏に無罪判決が出た。原告側の、例によって、悲痛な声が流れた。尤も、民事判決と刑事判決の微妙な違いは学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太朗にも、良くわからないところがある。  「維新の幹部」の2氏の大阪湾放流の発言にはエライところがある。早速、大阪湾の漁業協同組合の幹部が抗議書を手渡していた。  また、韓国の文政権が「い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県の停電など基本的インフラ整備の惨状と地球温暖化の影響について。

 千葉県の災害についてやっと政府も動き始めた。また、久しぶりに森田知事の顔も見た。東京都の隣なのに台風通過に伴う雨や強風などに伴う惨状は目に余るばかりだ。  さて、またまた、アメリカのトランプ大統領を持ち出さざるを得ないが、アメリカ自身も様々な災害に襲われ大きな被害を出しながら地球温暖化について、日本はそれなりに努力はしているが、「知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日韓関係の悪化の本質的部分とその解決についての作家佐藤雄氏の一つの提案。

 結論部分から先に述べておこう。元外務官僚分析官、今は作家と称しているが、佐藤雄氏が産経紙(9月15日、大阪版)で述べているが、それは、地政学的に見ると、韓国(北を含む)が反日、排除的な態度を取る原因は、大陸的国家であろとともに海洋国家であるからだそうである。  つまりは、プーチンのロシアとまでは書いていないが、中国の後見を見ているか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝鮮半島をどうするか、日本も本気で考えておくべき。

 朝鮮半島を、今、政治的に牛耳(ぎゅうじ)っているのは、一日も早くくたばって欲しい、と学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は願っているが、文政権と共産主義独裁国家の北朝鮮である。  今後、韓国の政治では、しばしばみられる現象が起こるかどうかは疑問だが、なにはともあれ、文政権は間もなく政権交代するであろう。  さて、結論的なことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

協力すべき隣国である韓国、文政権は大丈夫か。

 韓国の文政権、最側近のチョ・グク氏の疑惑で、今、韓国が揺れている。そして、検事総長は文大統領が選任した人物である。また、文大統領は「検察改革」を選挙公約に入れていた筈である。最側近のチョ・グク氏は「法務大臣候補」で議会での聴聞会も予定されている。  また、検事総長はチョ・ダク氏の疑惑について捜索を行い、場所については30か所を上回っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界は宇宙戦争、宇宙競争の時代である、日本の総力をそこに結集せよ。

 日本はソコソコに、この面では進んでいる。決して負けることは無い。また、今、問題となっているプラスチック塵(ごみ)についても、分別に熱心なチエーン店や人々も居る。  確か、中国だったか、衛星を破壊し、プラスチック塵(ごみ)のように、衛星の破片を宇宙にまき散らした国もあった筈である。   宇宙は資源の宝庫でもある。将来的に人類が宇宙ステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民民主党の前原氏が橋下・小沢氏会談を仲介、動きになるか(ツイッター風ブログ)

 産経紙(11月11日)が署名記事で伝えたのだが、前原氏は橋下氏と元々、京都と大阪の関係からか交流があったようである。その橋下氏が「政権奪取」との著書を現したこともあるのだろうが、この7日に都内のフランス料理店に自由党の小沢氏を呼び3人で会談したそうだ。  また、小沢氏が橋下氏に会うのは6、7年ぶりだそうである。  自由党の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権は何故移民を認めぬのか、少子高齢化社会で待ったなし(ツイッター風ブログ)

 今国会の一つの課題である。「入管法」の改正案がこの13日(火)から審議入りするようである。安倍総理は移民は認めないと言っているようだ。野党の攻撃ネタになるであろうが、早期に、前言訂正して認めるべきではないだろうか。  題名に書いたが日本国をそれなりの国として維持するためには外国人を入れざるを得ないのである。読者はそのことについて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中間選挙、アメリカのトランプ大統領、果たしてどうなる(ツイッター風ブログ)

 トランプ大統領はいつもの赤ネクタイから緑ネクタイに変えて登場し、選挙後の会見場に現れたのだ。それは民主党に協調するとの意図なのであろう。そして、選挙に勝った、勝ったと豪語したが、ご存知の通り下院は民主党が過半数を押さえのである。  そして、会見では彼の本音をあらわにした。メディアと大喧嘩をしたのである。いつもやっているのだそうだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NHKの「所さん大変ですよ」面白い番組、折鶴・原爆、真珠湾攻撃(ツイッター風ブログ)

 題名で触れたが書き切れなかったことを捕捉します。それは、大東亜戦争(太平洋戦争、文科省は「表記」を改正すべき)を日本が始めた理由、アメリカが日本に原爆を落とした理由、です。  そして、「折鶴」をNHKの「所さん大変ですよ」は、テーマとしても扱っていたのです。  さて、早速ですが、この記事のメインテーマに移ります。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

残念で理不尽な韓国の最高裁判決、文大統領の責任である(ツイッター風ブログ)

 題名に文大統領の責任であると書いたが、彼は未だ談話を出していない筈だが、思いがけない結果が出てしまい思い悩んでいる筈である。  それは、ネットで調べたのだが、「最高裁長官」を選んだのは文大統領だからである。また、「最高裁判事」を選ぶのは、国会の承認を必要とするが「最高裁長官」であるからだ。  日本の任命方法も同じようなもの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

教職員の精神的弱体化があるのではないか(ツイッター風ブログ)

 過労死白書が発表され、産経紙がまとめている。見出しには、教職員8割が業務にストレス、精神疾患は保護者などが原因、3万5千人調査とある。  内容を見ていく。 〇業務に関するストレスや悩み  ・あり80、7%  ・ない18、5%  ・無回答0、8% ◎普通に考えれば、大方の人間は自分の業務に関してはある種の負担感を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

厄介な朝鮮民族、韓国最高裁、文政権どうする(ツイッター風ブログ)

 題名に厄介な、と書いたが、それは大東亜戦争中の強制徴用の問題である。確か、長崎県にある名前が悪いが「地獄島」での炭鉱が舞台である。  戦後、無人島になってしまったのでこのような名前が付いたのであろう。今は、「観光地」になっている筈だ。  日韓の賠償問題については、日本人の中に被虐史観が染みついたので、これらの日本人が発端に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の辺野古移転で住民投票をするそうだ、どうしようとするのか(ツイッター風ブログ)

 実は、昨日ゴルフに行って、帰ってきて新聞も読まずに寝てしまったのだ。このブログを紹介する記事で、月4回ほどゴルフに行くと書いた筈だが、今月は、どうしたことか、月で始めてのゴルフで疲れてしまったのです。  僅(わづ)か一日ですが、このブログのテーマも激しく動いています。中国の習近平国家主席が安倍総理に拉致問題についても協力する、と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

朝鮮半島の支配者、李氏朝鮮は中国の属国であった、その意味するもの(ツイッター風ブログ)

 自衛艦の旭日旗掲揚を外せ、との韓国の不当な要求に対し、何故だ、何故だ、何故そこまでか、の疑問でインターネットで検索していたら、題名の言葉を載せている記事があった。  始めて出会った言葉であったのだが、納得したような気持になった。そして、良く考えて見ると、朝鮮半島の人々の潜在意識の中に強烈な被害者意識が潜り込んでしまったのである。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

憲法改正に伴う9条2項解釈、松川るい議員お見事(ツイッター風ブログ)

 自民党の総裁選で一人で果敢に戦った石破元幹事長について、このブログで憲法解釈が甘い、と書いた記憶がある。昨夜のBSフジ、プライムニュースに出演していた参議院議員、松川るい女史に天晴(あっぱれ)を送ります。  9条2項の「交戦権」について、条約上の云々、と説明していたのである。残念だが、間違いの認識であれば良いのだが、石破氏は戦う…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

結愛ちゃん虐待死、厚労省検証委員会終了、さてどうする(ツイッター風ブログ)

 皆さんも記憶に残っているだろうと思う。5歳の結愛ちゃんが両親に、たどたどしく、許して下さい旨、書いていたが、両親から「虐待」を受け死亡してしまった事件だ。  何と言おうか書きようがない。憤然とした怒り、悲しみ、憤(いきどおり)の気持ちが沸き上がる。  実は、厚生労働省が検証委員会によって経緯などを検討していたが、その結論が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

台風に伴うJR西日本鉄道社長の「計画運休」会見と産経紙主張(ツイッター風ブログ)

 昨日(10月3日)、題名の会見をJR西日本鉄道社長、来島達夫氏が行った。計画運休に対する基本的な考え方と会見態度に問題があると感じたので下に述べる。  先ず、基本的考え方であるが安易に過ぎる。西日本JRと言えば首都圏である。計画運休も場合によっては必要であることは十分理解できる。だが、大型貨物自動車一台の横転とは違うのである、田…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

吉村洋文大阪市長、お見事、駄目な大阪政党の自民、公明、共産(ツイッター風ブログ)

 吉村大阪市長が、7月に就任したサンフランシスコ市長に、9月までとしていた慰安婦像などの撤回について回答がなく、姉妹都市解消の通知を出したそうだ。  つまりは、従前から、慰安婦像と碑文の設置について抗議してきたが、認められない経緯があり、吉村市長がサンフランシスコ市との姉妹都市協定を破棄したのである。見事な決断でお見事である。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県知事選での、玉城氏勝利の真因(ツイッター風ブログ)

 読者は下の記事をご参照下さい。玉城氏の名前が誤っており、訂正しました。お許しください。  さて、10月1日の産経紙は「辺野古、政府と協議」と見出しを打ち、玉城新知事が意欲を示していると書いているのである。  また、昨夜のTBSが自民党の石破元幹事長を呼び、沖縄県知事選の特集を組んでいました。「偏向した朝日、毎日系の番組」と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県知事選玉木デニー氏勝利、その理由(ツイッター風ブログ)

 沖縄県知事選については、翁長前知事の支援組織である、確か、「オール沖縄」が分裂し別の組織も出来た、と聞いていたので佐喜眞氏の楽勝と思っていたが、どうもそうではなく最初から情勢は厳しかったようなのである。  このブログの立場から言うと誠に残念である。また、ヘイクニュースなども飛び交ったようであり、まさか、アメリカの大統領選のような…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

相撲の基本、特に横綱の在り方につい(ツイッター風ブログ)

 今朝、あるテレビがこの問題を扱っていたので、題名に書いたが、もう一度書いておく気になった。勿論、貴乃花問題にもつながる。  失礼だがそのテレビの司会者のがこの問題の基本を押さえていなかったので、番組が皮相的に流れてしまった。  横綱審議会の委員長をしていた、確か、お花の先生であったと思うが、白鵬は張り手を使い過ぎる、と発言…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more