テーマ:政権交代

ああとにあつく!管総理下ろしへ動くべき(考察シリーズ)

 管総理下ろしへ動くべき(考察シリーズ)  G8における総理発言は、残念ながら、少しピントがずれていた。やはり、市民派の総理の限界だ、と学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗は考えた。今日(5月30日、22時20分)小沢さんや鳩山さんとは、未だ、総理は会っていないようだ。  産経紙が、総理は帰国後、二人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!西岡参議院議長の「管下ろし発言」について(考察シリーズ)

 西岡参議院議長の「管下ろし発言」について(考察シリーズ)  先ず、我がブログの「あ々とに熱く」に取り上げる理由を書く。金髪でない馬鹿な豚野郎のメデイアの特に放送メデイアのコメンテーターなどは、西岡議長の発言を批判しているからだ。  それに、「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」は、管総理については…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああつにあつく!管総理の「エネルギー基本計画」の「白紙撤回」に異議あり(考察シリーズ)

 管総理の「エネルギー基本計画」の「白紙撤回」に異議あり(考察シリーズ)  日本国の政治の方向やあり方は、大東亜戦争時にあった「御前会議」もなくなったので、何事も民主化で、「○○審議会」などと言うものを作って、これは、通常、官僚の責任逃れだが、その審議会で、あーでもない、こーでもない、と検討し、「答申」なるものを作り、閣議決定を行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!誰をトップリーダーとするのか(考察シリーズ)

 誰をトップリーダーとするのか(考察シリーズ)  下の記事で、今の日本のトップリーダーは代われと書いた。例示として、変わるべきは、読売の「渡辺常」さん、そして、政治家の代表として、民主党の管総理、自民党の谷垣総裁を示した。だが、リーダーは誰かとは示しはしなかった、「阪神タイガースの新井世代」とのみ書いた。  トップリーダーた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!こうなったら「ガラガラポン」しかない(考察シリーズ)

 こうなったら「ガラガラポン」しかない(考察シリーズ)  電気事業連合会長も経団連連会長も「管総理の要請」を批判した。管総理は、国民の安心、安全を図るためではなく、自己保身のために、今の日本で最も重要な電力の供給を無駄に削減した。東北大震災の復興を図り、この事を契機として日本経済の、産業の可及的速やかな立ち上がりを図らねばならない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!東日本、東北地震・津波の問題点について(13)(考察、追考シリーズ)

 東日本、東北地震・津波の問題点について(13)(考察、追考シリーズ)  このシリーズはもう止めると書いた。申し訳ないが、もう一度書かせてください。それは、昨日、宣言されて世界中で大騒ぎになった「レベル7」の問題である。  産経紙(4月13日)の主張などから考察を進める。主張では見出しだが、「「最悪」評価はおかしい、チェルノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!東日本復興についての総理記者会見について(考察シリーズ)

 東日本復興についての総理記者会見について(考察シリーズ)  聞いていて、これは駄目だと思った。語っていることはもっともらしい内容であるが、将来が、具体化の方向が見えてこないのである。もっとも「復興会議」を作り、6月を目処に結論を出すとのことであったが、その通り、今日(4月12日)報道もされているのだが、これが具体的にどう動くかが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!統一地方選の総括について(考察シリーズ)

 統一地方選の総括について(考察シリーズ)  先ず、概況であるが、一つ、民主党は大敗で当たり前。二つ、だが、自民党も負けた、これも当たり前、ところが、谷垣総裁や石原幹事長は勝ったと語り、管政権は交代だと言っている。ばかっじゃ無かろうか。三つ、大阪と名古屋では、国民は全うな判断を示したが、神奈川ではそうではなかった。  さて具…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!奇怪な「原発災害対策本部」について(考察シリーズ)

 奇怪な「原発災害対策本部」について(考察シリーズ)  原子力安全委員会が、わざわざ、「今の原発問題」について、「情報が上がってこない」とコメントを出した。原子力安全委員会が政府の「原発災害対策本部」に加わっていないようなのである。  それに、2、3日前、産経紙が櫻井よしこさんの講演について触れ、何時のことか不明であるが、彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!管総理の大連立構想について(2)(考察、追考シリーズ)

 管総理の大連立構想について(2)(考察、追考シリーズ)  突然の管総理の「大連立構想」について、産経紙(3月24日)がわざわざ調査チームを作って報じてくれたので、下のブログの記事に追考しておきたい。  管総理の大連立構想について(考察シリーズ)   http://39383054.at.webry.info/201103…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!管総理の大連立構想について(考察シリーズ)

 管総理の大連立構想について(考察シリーズ)  突然、今夜(3月19日)NHKTVが、管総理が自民党谷垣総裁に災害担当相として入閣を求め、連立を持ち掛けたが自民党はこれを断った、と伝えた。コメントは「唐突すぎて、あんまりだ」旨のものであった。  このことは、非常に面白く、日本の政治の将来にもかかわることなので、考えて見たい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!河村市長の前秘書の佐藤(夕)議員「減税日本」へ離党(考察シリーズ)

 河村市長の前秘書の佐藤(夕)議員「減税日本」へ離党(考察シリーズ)  民主党の佐藤議員は離党して「減税日本」に加わると表明した。議員は愛知Ⅰ区、河村市長の後釜で秘書からの転出であるそうだ。尚、小沢派「北辰会」のメンバーでもあるそうだ。  極悪人小沢氏の画策は殆どないと思うが、河村氏の陰謀であろう。河村市長の線の方が強い。彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!自公政権の秘かな陰謀について(2)(考察シリーズ)

 自公政権の秘かな陰謀について(2)(考察シリーズ)  今日は、一日中、家でごろごろしていて、午後8時から例によってBSフジのプライムニュースを見た。  自民党からは、参議院議員の加藤さつき氏が出演していた。民主党からは失礼だが名前は忘れたが、「党政調副会長」が出ていた。後は、大一生命?のシンクタンクの研究員で大学教授?氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!与野党のチキンレースについて(考察シリーズ)

 与野党のチキンレースについて(考察シリーズ)  かっての自公民政権で、はっきり、自己陣営の責任を認めた政治家は、不肖、今唐が知る限りでは、昨日(3月1日)の委員会質問(前にも認めて叱られたそうだ)の「新次郎」氏と石破氏の2名だけである。管総理などの現政権も似たようものである。菅さんは未だにすっきりしない。  つまり取り繕お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!管総理の首の据え換え騒動について(考察シリーズ)

 管総理の首の据え換え騒動について(考察シリーズ)  テレビが、確かに、総理の「首の据え換え」について公明党に尋ねたのは、仙谷さんであると報道した。例によって、TVを見るのにメモは用意していないので、不確かだが、いつもお世話になっているBSフジ、プライムニュースであるような気がする。断っておくが、いささか、耄碌を始めた「学者でもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!民主党議員の方便と不条理について(考察シリーズ)

 民主党議員の方便と不条理について(考察シリーズ)  いよいよ政局が押し迫ってきたような気がする。この際、民主党議員の基本の、基本について考察しておきたい。つまり、彼等の「方便」と「不条理」である。  その背景の一つ、気楽な身分で責任感もなく、甘えてきた「予備の第三軍(野党にまでも行かない予備役)」であったことの不幸がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!極悪人小沢氏の最後のあがき(考察シリーズ)

 極悪人小沢氏の最後のあがき(考察シリーズ)  極悪人小沢さんの最後のあえぎを、理性的に、論理的に論破して引導を渡そう。  その一つ、「いささかのやましいところはない」と云っているが、これを無罪であるという意味に理解するが、はなはだ疑問である。「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」ではあるが、有罪に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!枝野官房長官の初記者会見について(考察、補足シリーズ)

 枝野官房長官の初記者会見について(考察、補足シリーズ)  一昨日(1月13日)は枝野さんは官房長官は務まらないだろうと、このブログで、悪口の記事を書いたのだ。    <ご参考>    平成23年(皇紀2671年)の日本について思うこと(4)(考察、提言シリーズ)    << 作成日時 : 2011/01…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!管内閣二次改造の所感について(考察シリーズ)

 管内閣二次改造についての所感について(考察シリーズ)  先ず一つ、仙谷さんが岡田さんの上になるのか、下から支えるのか不明だが代表代行に更迭されたことは、それを願っていた「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」としてはよかった、と思う。  ただ、報道では岡田幹事長に批判的であったとも伝えられたので、二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!平成23年(皇紀2671年)の日本について思うこと(3)(考察、提言シリーズ)

 平成23年(皇紀2671年)の日本について思うこと(3)(考察、提言シリーズ)  さて、次は6っつ、行財政改革である。「借金大国日本(実は、未だ大したことはないとは思っている)」だが、放っておくわけにもいかない問題でもある。  従って「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」が、大胆にその問題の原因と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!自民党よ、誰も総選挙などは望んでいない(警告シリーズ)

 自民党よ、誰も総選挙などは望んでいない(警告シリーズ)  自民党が煩くて、うっとうしィのである。1に政局、2、3が無くて、4にも政局である。谷垣総裁がこめかみに血管を浮かせて絶叫している様を見ると情けなくなるのである。彼は、「野党の王道を歩く」と、大見得を切ったではないか。  「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!今、民主党政権はするべきことを断固、推進せよ(提言シリーズ)

 今、民主党政権はするべきことを断固、推進せよ(提言シリーズ)  民主党政権に期待することは、ただの一点であった。それは格差解消である。その内容は、派遣法改正であり、郵政再改革、それに、仕方がなく、貧乏人の「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」は、お願いもするのだが、高額所得者に対する「応分の負担」である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!柳田法相辞任を撤回せよ(考察シリーズ)

 柳田法相辞任を撤回せよ(考察シリーズ)  先ずその理由である。その一つ、「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」は、笑いを取るために身内の会合で不用意な発言をする、と思っていたが、どうもそうではないようである。  と言うのは、昨日(11月22日)の朝の「スパモニ、大阪、6」で、法相を鳥越氏が養護して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!仙谷官房長官は共産主義者か(考察シリーズ)

 仙谷官房長官は共産主義者か(考察シリーズ)  年寄りの本好きか、余程勉強した者しか知らないと思うのであえて書いておく。仙谷長官が、自衛隊を「暴力装置」と言ったことだ。簡単に結論だけですまそう。日本国の官房長官が「隠れ共産主義者」である可能性があることだ。「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」だから書ける…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ああとにあつく!やっぱり鼻持ちならない事業仕分け(蓮舫大臣の鼻持ちなら無いシリーズ)

 やっぱり鼻持ちならない事業仕分け(蓮舫大臣の鼻持ちなら無いシリーズ)  いつの間にか、勝間女史が仕分け人になっているのでびっくりした。これで、日本の代表的な鼻持ちならない女史が二人揃ったことになる。蓮舫大臣と勝間女史は「出来る女」なのであろう。であるから鼻持ちならないのだが。  この記事を書く発端だが、実は、勝間女史が仕分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!政治職、執行職(政治家の責任)について(考察シリーズ)

 政治職、執行職(政治家の責任)について(考察シリーズ)  仙谷官房長官は、本当に法律の専門家なのであろうか。とてもそうは思えない。彼の一番新しい云い訳は、政治職(大臣)、執行職(長官)、との言葉を使い、例えば、「国土交通省の大臣の責任は海上保安庁長官の責任と「直線的」につながっていない」旨のもののようである。  これは具体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕分けの「ジョブカード」は本当に駄目なのか(蓮舫大臣の鼻持ちなら無いシリーズ)

 仕分けの「ジョブカード」は本当に駄目なのか(蓮舫大臣の鼻持ちなら無いシリーズ)  今朝、いつも見る4チャンネル(毎日放送、大阪)の時事放談に枝野さんが滋賀の引退した大物政治家(名前が出てこない)と出たが、「ジョブカード」がテーマの一つとなっていた。  枝野さんも「口先人間」の蓮舫大臣と同様に、よく喋り弁説さわやかだ。ジョブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!蓮舫大臣に腹が立って、腹が立って(再考シリーズ)

 蓮舫大臣に腹が立って、腹が立って(再考シリーズ)  この先のブログで、蓮舫大臣についての「鼻持ちならないシリーズ」は止める、と書いたが撤回することにしました。ここ2、3日、何処のテレビのニュースでも彼女が出てくるので、しばらくの時間我慢しているですが、今朝も同じような場面を、もう、二回も見たのです。  腹が立って、腹が立っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!蓮舫大臣の本性が現れてきた(3)(再考シリーズ)

 蓮舫大臣の本性が現れてきた(3)(再考シリーズ)  昨日の予算委員会の集中審議をテレビで見たが、蓮舫大臣のなんと往生際の悪い事か。自民党の森まさこ議員が、例の、アメリカのファッション雑誌、ボォーグ誌で、お澄ましを決め、ポーズを取った、嫌悪感を催す撮影問題で質問したのだ。  森まさこ議員は弁護士らしい。隣に座っているのが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!悪代官小沢氏よ、いよいよ年貢の納め時だ(追考シリーズ)

 悪代官小沢氏よ、いよいよ年貢の納め時だ(追考シリーズ)  今日(10月22日)産経紙を見て、思わず快哉を叫んだ。「大阪地検の証拠隠滅事件」に関連しての記事だが、否認している特捜部長と副部長の有罪の可能性を検討した記事で、この考え方が、そっくりそのまま、悪代官の「不実記載」の再起訴に当てはまるのである。  「学者でもなく、文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more