テーマ:司法取引

ゴーン問題、日産のドンである、「出自」が原因であろう(ツイッター風ブログ)

 昨日ゴルフに行った来た。散々たる結果である。どうあれ、今、新聞を読み、この記事を書いている。  確か、二回目の記事である。彼は、才能ある苦労人であろう、とこのブログに書いたが、悪意ある人物とまでは書かなかった。  そして、今、世界が「東京地検特捜部」の捜査結果を見守っている。と言うのは、テレビの「BS」を見ているから判るの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領のロシア疑惑、選対本部長が司法取引を認める(ツイッター風ブログ)

 2016年の大統領選で、ロシアはトランプ氏を勝たせるため、サイバー攻撃などで関与したとされる。当時、選対本部長を務めたマナフォート氏は、ロシア政府と共謀した疑いが持たれていたのである。  そして、マナフォート氏はロシア政府、プーチン大統領と親しいウクライナのヤヌコビッチ前大統領から受け取った巨額の資金に絡む脱税容疑で起訴され、今…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

司法取引の施行について、気にかけておこう(ツイッター風ブログ)

 5月2日の産経紙が書いてくれている。つまり、共犯者の犯罪を、捜査(検察)機関に語る見返りに、自身の犯罪を逃れられる制度である。確か、日本人の心情には反する制度だ、とこのブログの記事に書いた筈だ。  そして、この制度が6月1日から施行されるのである。  尤も、独占禁止法では、この考え方を、既に、取り込んでいるそうだ。そして、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

検察庁捜査の新幹線リニアモーターカー事件は司法取引か(ツイッター風ブログ)

 新幹線に続いて日本の画期的技術の「リニアモーターカー」について、どうやら、始めての「司法取引」が行われたようだ。  ちなみに、「リニアモーターカー」とは磁石のプラスとマイナスの反発力を利用して列車を走らせる技術で、勿論、世界初である。  司法取引とは、このブログに、とう、とう日本もここまで来たのかと、書いたが施行時期は未だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本もとうとう司法取引か(ツイッター風ブログ)

 これからの予定であるが、改正刑事訴訟法について、施行日を6月1日とする方針を固めた、と1月25日の産経紙が伝えた。  それは司法取引である。個人的には好きではない。つまり、犯罪を犯した者を許す代わりに他人の犯罪を自供せよ、とのものである。  取引である。  何か腑に落ちぬところがある。警察なり検察庁の取り調べ能力が落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more