テーマ:経済

あゝとに熱く!TPP参加、安倍総理と野田さん(考察シリーズ)

 TPP参加、安倍総理と野田さん(考察シリーズ)  とうとう、案外早く、安倍総理が参加を宣言した。テレビを見ながら民主党の野田さんは切歯扼腕しているだろう、また、可哀想にとも思った。  菅さんが参加すると言って引き続き野田さんも言ったが、極悪人小沢氏一派や、なかなかシブとく素っ頓狂な超、超、ユートピア、モダン的宇宙人(意味は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!3,11報道、アベノミクス賃上げ要請報道の皮相性(考察シリーズ)

 3,11報道、アベノミクス賃上げ要請報道の皮相性(考察シリーズ)  先ず、3、11報道についてだが、3月12日の産経紙、「透明な歳月の光」、で曽野綾子女史が明晰な透徹した目で自己の大東亜戦争終戦間際の体験とあわせ、「3、11報道」、について書かれている。  結論部分だけ示すが、お読みでない読者は産経紙の方をご覧下さい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!安倍総理は道州制の「州都」の建設に着手せよ(3)(考察シリーズ)

 安倍総理は道州制の「州都」の建設に着手せよ(3)(考察シリーズ)  (2)からの続きです。「国土強靭化計画法案」は4つの項目に分かれているが、ここで直接に関係あるのは、項目の1であるからそれを簡単に説明しよう。そして、項目の1は下に示しました。  安倍総理は道州制の「州都」の建設に着手せよ(2)(考察シリーズ)   &…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!安倍総理は道州制の「州都」の建設に着手せよ(2)(考察シリーズ)

 安倍総理は道州制の「州都」の建設に着手せよ(2)(考察シリーズ)  美しい弓状列島の日本の再活性を図るためには、先ず、道州制における州都の構想や実験的建設の着手などを図るべき、と下の記事で書いた。さらに、敷衍すると、今や時間は余りなく、折角、アベノミクスの中で動きつつある国土強靭化計画の中に、明確に上の意図を盛り込んで欲しい、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!安倍総理は道州制の「州都」の建設に着手せよ(考察シリーズ)

 安倍総理は道州制の「州都」の建設に着手せよ(考察シリーズ)  日本が持続的な成長、実質経済の拡大を図るためには、「廃県置洲」、しかないと下の記事で書いた。そして、このことによるイノベーションが実質的な経済成長に繋がる、が今回の記事のテーマだ。 日本の成長戦略(経済のことが解らないシリーズ) << 作成日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!アベノミクス、専門馬鹿(経済のことが判らないシリーズ)

 アベノミクス、専門馬鹿(経済のことが判らないシリーズ)  不肖、今唐は経済は全く素人である。学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗と称しているが、特に、経済は素人である。約10年前に株をやろうと思って例によって集中的に経済と言うよりは株の本を買い込んで読み捲くったことはある。そして、半世紀前には司法試験を独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!アベノミクスも進化しないとデフレは解消しない(経済のことが判らないシリーズ)

 アベノミクスも進化しないとデフレは解消しない(経済のことが判らないシリーズ)  大阪の地方銀行の池田泉州銀行がセミナーを開設した。中堅、中小企業の府内の約150人(ママ)が集ったと、2月3日の産経紙が伝えている。中国を除いたミャンマー、インドネシア、タイ及びベトナムへの進出について3段階のセミナーを開設し、最後は現地視察を行なう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!TPPに参加すればどうなる(2)(考察シリーズ)

 TPPに参加すればどうなる(2)(考察シリーズ)  何日かのBSフジ、プライムニュース(番組の前半)が下の記事の、「農業のドン」、を呼んでいた。 TPPに参加すればどうなる(考察シリーズ) < 作成日時 : 2013/02/25 04:35 >>  http://39383054.at.w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!TPPに参加すればどうなる(考察シリーズ)

 TPPに参加すればどうなる(考察シリーズ)  このブログではTPPについても書いてきた。学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗はTPPに参加するべきとの立場だ。乱暴な第一の理由は参加しても「百姓」は首を吊らないとの理由である。「百姓」の皆さん失礼ね。  農家でなくても、特異な状況や「精神疾罹患者」で無…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!日商、岡村会長の話、安倍総理の賃上げ要請(経済のことが判らないシリーズ)

 日商、岡村会長の話、安倍総理の賃上げ要請(経済のことが判らないシリーズ)  今、BSフジ、プライムニュースを見ている。日商の岡村会長、ただ一人の出演である。例の、安倍総理が経済団体に要請した賃上げがこの記事のテーマである。テーマは他にも有るのだが。  キーワードは内部留保(総資産に対する)と労働分配率である。学者でもなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!日本のバブルの円は既に持っていかれている(経済のことがわからないシリーズ)

 日本のバブルの円は既に持っていかれている(経済のことがわからないシリーズ)  確か、BSNHK1 2月16日(土)の ワールドWave モーニングで 、米経済紙WSJ日本紙編集長が語っていたと思うのだが、ジョージー、ソロス(ユダヤ人)が9億ドルor810億円?儲けているそうだ。  学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!馬鹿を言うな、ローソン、新浪剛史社長さん(2)(考察シリーズ)

 馬鹿を言うな、ローソン、新浪剛史社長さん(2)(考察シリーズ)  昨日の下の記事が誤っていたので読者にお詫びします。  それは、ローソンの賃上げ率である。3割として記事に書いたが、ローソンが上げたのはたったの3%なのである。実に情けないしケチである。しかも全社員ではない、年齢で限定している。当然だが、パートなどの非正規の雇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!馬鹿を言うな、ローソン、新浪剛史社長さん(考察シリーズ)

 馬鹿を言うな、ローソン、新浪剛史社長さん(考察シリーズ)  私が、ローソン社長の新浪さんであれば穴に入りたい気持ちであろう。恐らく正規社員の若い者だけを3割だけ賃上げして、今、持て囃されているいる。  恐らく、40パーセントであろう非正規社員の賃上げもしないで、100円で30円、1,000円で300円、1万円で3000円で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!アベノミクスは成功するか(3)(経済のことは判らないシリーズ)

 アベノミクスは成功するか(3)(経済のことは判らないシリーズ)  日本経済新聞が4日間の特集でアベノミクスを論じ、大きくは二つの懸念を示している。一つは、「日本売り」、二つは「資産デフレ」である。学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗は、記事を後から知ったのだが、意識しないで、一つの、「日本売り」、につい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!アベノミクスは成功するか(2)(経済のことは判らないシリーズ)

 アベノミクスは成功するか(2)(経済のことは判らないシリーズ)  肺がん治療中に下のブログの記事を携帯で書いた。文字の入力が、実に、不便で時間もかかった。これも、その時記事に書いたが、入院中は見られなかったが、退院した後、ワールドWaveモーニング がやっと見れるようになったのだ。さて、今朝(2月6日)の話であるが、今週は、野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!グローバル経済とはなんだ(3)(経済のことが判らないシリーズ)

 グローバル経済とはなんだ(3)(経済のことが判らないシリーズ)  経済の仕組みの中の専門用語で、「最適何とか」、と言う言葉があった筈である。これもグローバル経済につながるので書いて置こう。今、NHKのBSニュースが、世界の都市で生活するのに、一番費用がかかる、物価が高いのは、(詳しい調査項目は不明でニュアンスとしては、物価がメイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!グローバル経済とはなんだ(2)(経済のことが判らないシリーズ)

 グローバル経済とはなんだ(2)(経済のことが判らないシリーズ)  さて、(1)の続きである。資本主義の基本を押さえようと思ったのだが、また、ウイキペディアでいく。 ○ 資本主義(しほんしゅぎ、英語:capitalism)とは、経済の仕組みの一種で、資本の運動が基本原理となる体制である。「資本制」とも言う。 社会に貨…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!グローバル経済とはなんだ(1)(経済のことが判らないシリーズ)

 グローバル経済とはなんだ(1)(経済のことが判らないシリーズ)  グローバル経済を貴方は是認しますか、その理由はなんですか、と問われた時、私は判りませんと答えるだろうと、TV番組を見ていて思った。  この記事は、「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」が上のことに、一応の結論を出しておこう、との理由…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!妖怪、安倍ブレーン 浜田宏一内閣官房参与 (経済のことが判らないシリーズ)

 妖怪、安倍ブレーン 浜田宏一内閣官房参与 (経済のことが判らないシリーズ)  「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」は浜田エール大教授?のTV出演を3回見た。米国在住が長いのであろうか、日本語を忘れていて、言っていることが良く判らずもどかしい。最後に見たのはBSのどこかの民報で、局に呼んだ方のキャスター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベノミクスは成功するか(考察シリーズ)

アベノミクスは成功するか(考察シリーズ) インフレ2%目標は、どうやら日銀と政府が合意し日本国の目標とされるようだ。 これは、アベノミクスの金融緩和とデフレ対策への一つの手だてなのであろう。 そこで、果たして2%が達成出来るかどうかなどについて考えてみる。 幸い、1月20日産経紙オピニオンで田村編集委員が書いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本を取り戻す、アルジェリア人質事件(考察シリーズ)

日本を取り戻す、アルジェリア人質事件(考察シリーズ) 安倍総理が初めての外遊にベトナム、タイなどの東アジア三国を選定したことにはなんの異存もない。 ところで、総裁選から衆議院選に引き継がれた自民党のスロ-ガンは「日本を取り戻す」であった。 学者でもなく文章を売ってもいない市井人の不詳今唐加太朗には、総裁着任から衆議院選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労働力不足は本当か(考察シリ-ズ)

労働力不足は本当か(考察シリ-ズ) 金融緩和や補正予算を組み公共工事で必要なものと言ったところで、労働力が不足しているので、こなすことは出来ない、とバ-ジの古賀さんがTVで語った。 古賀さんとは、大阪府市統合本部の古賀さんであり、バ-ジとは学者でもなく文章を売ってもいない市井人の不詳今唐の独断だが、このブログを詳細に読んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!これからの日本について(考察シリーズ)

 これからの日本について(考察シリーズ)  NHKEテレ、「日本人は何を考えてきたか」、1月4日(未明)が、南方熊楠と田中正造を取り上げていた。  乱暴な要約であるが、南方熊楠については、明治政府の神社合祀令に反対する活動、田中正造については、足尾鉱毒事件についての活動をモチーフとして、二人の思索、業績などを紹介していた。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!年が明けてどうと言うこともないのだが(考察シリーズ)

年が明けてどうと言うこともないのだが(考察シリーズ)  一応の区切りとして、平成24年、皇紀2672年、西暦2012年を概観してみよう。 ○ 政治面だが、落ち着くところにに落ち着いた、で良いであろう。 ○ 文化、社会面だが、大方、政治に上の結論を下したので、「まあ、まあ、そうバカな国民でもなく、日本独自の文化については…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!安倍政権に要望すること(4)(経済のことが判らないシリーズ)

 安倍政権に要望すること(4)(経済のことが判らないシリーズ)  税制についても要望しよう。  12月21日夕刊、産経紙などが伝えた。安倍政権での「税制」は党税調(会長、野田毅会長)が、主動する。テーマは消費税に伴う低所得者対策、所得税・相続税の課税強化などで、1月末にも「大綱」をまとめ公明党と民主との調整の後で3月末まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!安倍政権に要望すること(2の1)(経済のことが判らないシリーズ)

 安倍政権に要望すること(2の1)(経済のことが判らないシリーズ)  この記事は、昨日(12月20日)の続きである。これから出かけると書いて、中断した下の記事の続きであります。 安倍政権に要望すること(2)(経済のことが判らないシリーズ) << 作成日時 : 2012/12/20 06:49 h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!安倍政権に要望すること(2)(経済のことが判らないシリーズ)

 安倍政権に要望すること(2)(経済のことが判らないシリーズ)  安倍さんは、「財政諮問会議」を復活して、国家戦略会議は中止、休止?させると産経紙が報道した。また、どれかのTVが、「財政諮問会議の「古い絵」を流して、それに、竹中平蔵教授が出て来たのでゾッとした。彼は、「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!円高是正と金融緩和が景気を良くする?(3)(経済のことが判らないシリーズ)

 円高是正と金融緩和が景気を良くする?(3)(経済のことが判らないシリーズ)  いつまでも同じテーマで読者を引きずる訳には行かない。そろそろ結論を示そう。先ず、とりあえずざっくり下に示そう。 ○ 景気後退は、政治家が国民に迎合して取るべきもの、つまり、必要な税金その他を徴収しなかったからなのである。つまりは、今の経済のテイ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!円高是正と金融緩和が景気を良くする?(2)(経済のことが判らないシリーズ)

 円高是正と金融緩和が景気を良くする?(2)(経済のことが判らないシリーズ)  11月26日、TVで西川日銀総裁が反論した。日本はリーマンショック以降?も欧米を上回る金融緩和をやってきた。政府はその他の規制緩和などに努めて欲しい。安倍総裁の日銀法改正による規制緩和についてはノーコメント。と語ったようである。  「学者でもなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!円高是正と金融緩和が景気を良くする?(1)(経済のことが判らないシリーズ)

 円高是正と金融緩和が景気を良くする?(1)(経済のことが判らないシリーズ)  11月25日の産経紙、日曜経済講座のオピニオンに田村編集委員が書いてくれている。日本の最高の「名目GDP」を生み出した年は、1997年(平成9年、 皇紀2657年)である。今から、15年前である。  それで、1997年とは、どんな年であるかという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more