テーマ:拝謁記

昭和天皇の拝謁記がNHK(日本放送協会、つまり、国営放送なのだぞ!)で初放送された。

 初代宮内庁長官の田島道治氏の昭和天皇(故人は敬称が略せる)との拝謁記が、始めてテレビで放送された。氏の遺族が、NHK(日本放送協会)に寄贈したようで、その拝謁記は、手帳やノートで8冊に及ぶそうである。  興味深く観(み)させてもらいました。だが、残念だが、少し、皮相的なところがあった。解説者たちが若すぎるのである。大東亜戦争(文科省…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終戦記念日、敗戦記念日、に伴うNHKの皮相的な報道の多さの中での注目すべき報道。

 先ず、端的に、題名の報道を最初に書いておきます。それは、初代宮内庁長官の田島道治氏の昭和天皇との「拝謁記」である。伝えているのは8月20日の産経紙である。  拝謁記の中から取り上げる昭和天皇の御発言の、一つは「改憲については公明正大」に、二つには「再軍備については止むを得ず」、である。拝謁記については、19日に明らかにされた、とされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more