テーマ:正々堂々と王道を歩く

横綱の張り手に伴う相撲のこと。

  相撲の昔は八百長が流行っていたようだ。各部屋の古手がひそかに話をつけていたようだ。今は、おそらくないのであろう。そして、学者でもなく専門家でもない今唐加太朗の記憶だが、横綱審議会の委員長を女性が務めていたことがあり、委員長は華道の家元であったと思うが、白鳳の張り手に注文を付けた。  このブログでも、「正々堂々と王道を歩く」との言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more