テーマ:

あゝとに熱く!今夜から東北めぐり、とゴルフ結果(167~168)(と肺がん(お知らせシリーズ)

 今夜から東北めぐり、とゴルフ結果(167~168)と肺がん(お知らせシリーズ)  一つ、従って、東北めぐりの旅行中は「携帯電話」で記事を送りますので文章の構成などがめちゃくちゃに、今でもだが、なると思いますのでよろしく。また、肺がんで胸を切ったとき入院中は携帯電話で記事を作りました。  二つ、携帯電話で自分のづログのサイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!肺がんにもなってしまった(肺がん治療日記(17))

 肺がんにもなってしまった(肺がん治療日記(17))  一昨日、細君が次男の夢を見た。病院の診察券を大量に持っていた夢だそうだ。それに触発されてふと思いついた。癌検診を受けさせて置くべきだと。  そして直ぐ次男宛メールを打った。内容は下の通りである。  昨日お母朝さんがお前の夢を見た。大量の診察券を持っていたそうだ。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!肺がんにもなってしまった(肺がん治療日記(17))

 肺がんにもなってしまった(肺がん治療日記(17))  今日(8月29日)は抗がん剤を飲んでの最初の診察日である。  2週間、、朝晩の食後2回、「ティーエスワン配合カプセルT20ミリグラム」、3カプセル(3錠)を飲み、その後1週間休み、血液検査と乳腺撮影(レントゲン撮影)を受けてその結果を先生が見るのである。  血液検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!肺がんにもなってしまった(肺がん治療日記(16))

 肺がんにもなってしまった(肺がん治療日記(16))  今日(7月9日)Sセンターの診察日でS先生の診察を受けてきた。抗がん剤を勧められた。前に、たいした効果はないのでと言う話を聞いたので断っていたが、先生はその事に触れた後で少しは効くとの説明があり、入院は必要ない、副作用として腎臓などに影響があるとの説明があった。また、検査と薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(15))

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(15)) 昨日、在大阪の癌罹患者団体、阪喉会のT氏が訪問してくれた。 思いも寄らなかったのでドギマギしてしまった。 彼は、阪喉会では私の先輩で入会当時の私に、癌や発声に関する「インターネットからのコピー資料」、しかも、それは、今回私が世話になった「ペット」までも含む膨大なものを、提…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺ガンにもなってしまった(癌治療日記シリーズ(14))

肺ガンにもなってしまった(癌治療日記シリーズ(14)) 本日、1月22日(火曜日)で手術から、12日目、入院から16日目である。早いものである。 もう、手術後の出来事が遠い記憶の闇の中にぼやっとしまい込まれたようなのだ。 隣人5号と6号は例の「ごろごろ台」を転がし、その台の下部には透明のプラスチックの四角い箱を装着して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(13))

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(13)) さて、隣人の紹介を始めたので続けます。前の治療日記を(11)としていましたが正確には(12)です。 また、部屋代のことでわけの解らないことを書きましたが、お許し下さい。病院にいながら、インフルエンザに罹患し、発熱していたのです。どうやら、行くえ不明になった隣人3号が感染源だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(11))

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(11)) 隣人の話しをしましょう。今日、牢名主が出て行って清々としました。七賢人か福神?かで頭が後ろに尖っていた人物がいるが、彼は、似ているのは頭の形ばかりで、顔も下に尖っているのだが、実に貧相だ。 言っていることがくだらないからそうなるのだ。 結果、私が牢名主となり、本来なら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(11))

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(10)) 入院7日目、1週間経った。今日は1月17日(木曜日)だ。 昨日、書いたが、k先生が来て最後の横腹の一本の「管」が撤去され、結果、必然として「ごろごろ台」も撤去され、劣悪な遺伝子が満ち満ちていた私の体液の行くえは確認しなかったが。 なによりも、「ごろごろ台」から解放され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(10))

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(10)) 今日は16日(水曜日)で入院6日目となる。 朝、例の部長回診があって、お変わりありませんか、と質問されたが、丁度そのときは、朝食のトレイをベッドの上に持ち込み、大胡座(おおあぐら)で新聞を読みながら食べていたので、即答出来なかった。 食道発声の練達の士であれば、飯粒な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(9))

、肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(9)) これは書いておくべきだ。12日、手術後の自室に帰った日の出来事のことだ。 当時、身体にはホ-スが一杯繋がれ、身動き出来ないのだが、今は、1本になったので、その時の繋がれた本数はよくわからないが、6か7本である。 今、残っているのは、前の記事(正しくは7となっているが8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(7)

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(7) 今日は、1月14日()祭日、成人式である。11、12、13日と記事を書かなかった。実は、シク、シクと傷痕が痛く堪らなかったからだ、その上、熱も出ていたのだ。下は12日に書きかけたものです。~~~~~昨日、手術を受け、本日(1月12日)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(7))

肺ガンになってしまった(肺ガン治療日記(7)) 入院して4日になる。やっと、少しだが慣れてきた。だが、睡眠については、午後9時30分に消灯して朝まで、ぐっすりとは行かない。 長年と言っても、2年くらいだが、習慣とはおそろしい。だが、人によっては睡眠3、4時間だ、と本などで読むことがあるので大したことはないのであろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(6))

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(6)) 昨日、1月8日(火)は入院して一晩過ごしたのだが、少し調子が悪かった。なにしろ一部屋にカ-テンで仕切って4人がおり、消灯は午後9時30分である。不祥、今唐はロ-マ貴族を気取った自由気ままな生活を送って来た。考えられないことである。 テレビは点け放し、焼酎のお湯割は好きな時に頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(5))

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(5)) 入院患者の「総合的判定及び認定士」O君からの注意を思いだすままに書いておこう。 〇肺・縦隔の手術を受ける皆様へ という資料を貰い、一つ、腹式呼吸の重要性、つまり呼吸の効率が高いこと。二つ、痰の出し方、手術後は出方が多くなるので、痛みを軽くするため両手で手術部位を抑えて出すこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺ガンにもなてしまった(肺ガン治療日記(4))

肺ガンにもなってしまった(肺ガン治療日記(4))1月7日(月)、入院初日、午前10時に4人部屋におさまる。担当の看護師さんは若いお兄ちゃん、O君である。挨拶に来て、血圧と体温の測定をする。血圧が少し高いようである。しばらく間をおいて再び計るが未だ納得出来ない様子であった。不祥、今唐は日頃から血圧に感心がないので自分がどのくらいか知らない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

肺癌(はいがん)にも、なってしまった(治療日記シリーズ3))

  肺癌(はいがん)にも、なってしまった(治療日記シリーズ3))  ガン手術のため、明日から入院します。下は様子を聞いてきた友人への、私なりの見通しです。 ~~~~  ありがとうございます。たいしたことはないと思います。内視鏡が届かないところの癌ですので、つまり、末梢部分ですので、未だ、詳しくは解りませんが、すぐ、OKだと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!肺癌(はいがん)にも、なってしまった(治療日記シリーズ (2))

 肺癌(はいがん)にも、なってしまった(治療日記シリーズ (2))  そもそも私が癌になったのは、面倒ですので調べないが、約5、6年前ということでお許し下さい。勿論、喉頭がんで F立Sセンターの耳鼻咽喉科で咽頭の全摘出手術を受けたのです。  手術は予想道理のもので気が付けば、病室のベットに寝ており成功で、結果としては、息の呼…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

肺癌(はいがん)にも、なってしまった(治療日記シリーズ (1))

 肺癌(はいがん)にも、なってしまった(治療日記シリーズ (1))   昨日(12月28日)は参ってしまった、降参である。F立Sセンターの予約時間を、明けて2月の耳鼻咽喉科(喉頭がん)の午前10時30分である、と綜合予約票を見誤ってしまったのだ。  「我が愛妻にして愚妻、極々、極々精薄傾向で人格的には攻撃、自己中心的(強弱は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あゝとに熱く!切なさ(ポエムシリーズ(12))

 切なさ(ポエムシリーズ(12)) 「みんな年を経てきて、いい人なんだ」 「きっと、若い頃は嫌な奴だったんだ」 これは、あるコンサートでの 才能豊かなアーティストのコラボの相手の女性歌手を称えた言葉だ。 だが、亡くなってしまえば、このような賛辞も貰えない。 夜中に目覚めて 点けっ放しのテレビから流れていた癌の闘病記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more